地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ (知恵の森文庫)

  • 71人登録
  • 3.48評価
    • (4)
    • (7)
    • (14)
    • (2)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 小泉武夫
  • 光文社 (2005年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334783471

地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ (知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これほど酒を飲みたくなる本はない‼

  • 文章に馴染めなく、「読んだ」というよりは「見た」といった感じ。

  • 「地球怪食紀行」
    著者 小泉武夫
    農学者、発酵学者である著者が
    世界のあらゆるところであらゆる物を食べる、飲む
    この方の食紀行をよんでいると自分が普段している食事は
    実に狭い範囲での食生活なんだなと再認識します
    しますが
    この本やこの方のその他の著書に書かれている食材を
    当たり前のように食べられる人はそう多くないのではないかと

    この本だけでも取り上げられている食材の中に
    日本に持ち込むことも出来ないものもあったり
    写真を見ただけで受け付けられない人も居そうな食材があったりと
    非常にバラエティに富んでいて
    好みは分かれるでしょうが著者の語り口調も気さくで肩がこらず
    食の多様性について考える入り口として
    楽しい一冊です

  • 2009年度 81冊目 6月11日

  • わ〜ははは、笑いが止まらぬ文字群、そぞろめく奇怪な料理たち。
    まさか自分もそのうちの何個かと出会うことになろうとは…!
    抱腹絶倒、小泉先生の名著です。

  • かの有名な発酵食品研究家の小泉先生の御本です。姉から色々聞いていたのですがスカッと面白い本読みたいな〜と思って買ってきました。まさに間違いなし。面白かったです。
    世界一くっさい缶詰を開ける話とかは話として知っていたにも関わらず思わず吹き出してしまいましたよ。酒飲みならああ〜とかう〜とか唸りながら笑い、苦笑すること間違いなし、でございます。

    それにしても美味しそうな描写が多くておなかが減ってしまいます。(まあ中にはこれは自分は結構、という食品も多々ございますが)こういう本を読むとダイエットとかって意味ないかも…とか真剣に考えてしまうですよ。
    やっぱり食事はおいしく、楽しく。美味しい料理と旨い酒。そして楽しい仲間がいれば本当に極楽ですよね。(まあ飲みすぎると次の日は地獄ですけどね…)

  • 食えばわかる、というより食えないからわからない。
    マグロの目玉なんて食えるかよぉ。

    これ読んだら世界の広さに驚きです。

  • 東京農業大学の教授で発酵食品の研究で高名な小泉武夫先生が送る世界の珍味本。
    出てくる料理のインパクトや独特の言葉の言い回しには慣れが必要かもしれないが、何度も読み返しているうちに、それらの聞いたことも無いような珍品の数々も一度は食べたくなってくるはず?
    読むとお腹が空いてくる一冊。

全8件中 1 - 8件を表示

小泉武夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 健寿
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ (知恵の森文庫)に関連する談話室の質問

地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ (知恵の森文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ (知恵の森文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

地球怪食紀行―「鋼の胃袋」世界を飛ぶ (知恵の森文庫)はこんな本です

ツイートする