老子と暮らす 知恵の森文庫

  • 28人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 加島祥造
  • 光文社 (2006年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334784041

老子と暮らす 知恵の森文庫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 詩人にして英文学者。老年期を前にして、伊那谷に移住した著者。老子をベースにした詩や文章は人気が高いそうですね。初めて著者の世界に触れてみました。

    老子といえば無為自然ということなんでしょうが、著者が本書で繰り返すのは、自分の内面に向き合える環境に自分を置くことで見えてくるものについてです。わかる気がするな。まったくレベルの違う話だけど、以前、入院した際に、たっぷりと本を読んだり、ぼーっとする時間があって、すごくいい感じになったのを思い出します。

  • 近年「タオ思想」を一気に広めた感のある著者が、老子やタオのことはもちろん、転居した長野・伊那谷でのシンプルライフから自らの来し方までコンパクトに綴った一冊。フォークナーの翻訳でも知られる著者。そんな著者の訳語だからだろうか、老子の言葉にジョン・レノンと共通するようなところがあるように思えてならないのは、僕だけか。

全2件中 1 - 2件を表示

加島祥造の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

老子と暮らす 知恵の森文庫はこんな本です

ツイートする