徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義 (知恵の森文庫)

  • 36人登録
  • 3.79評価
    • (6)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 黒柳徹子
  • 光文社 (2006年6月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334784300

徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義 (知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これほど無邪気で純粋な大人を
    僕は他に知らない。


    人を、映画を、
    これほどまでに愛した大人を
    僕は他に知らない。

    人間誰しも、一つはいいところがある。
    でも言動と行動はなかなか一致しない。

    この2人は違う。
    いいところ、わるいところとかではなく、
    ただそのものを愛せるのだ。


    こんな大人になる。

  • 大人同士の対談を読んでいて「純粋」な印象を与えるってすごいな…と思いました。

  • 淀川おじさんの暖かい人柄がにじみ出ていてとてもよかった。徹子さんと他の方との対談も読みたいな。

  • 淀川長治さんが「徹子の部屋」に出演された
    計14回分を文章にしたもの。

    読んでいると、徹子さん、淀川さんの声が
    聞こえてきて楽しい。

    淀川さんの映画の学校に
    私の好きな和田誠さんが通っていたというエピソード、
    面白かった。

    美しい心を養うには
    たくさんの美しいものをみなくてはいけない。

    また「思いやり」が何よりも大切、
    と言う淀川さんの言葉に、ぎくり。

  • 黒柳徹子と淀川長治がお互いを褒めまくっているんだけど、ぜんぜんわざとらしくも気持ち悪くもない。相手のことを純粋に素敵だと思っているし、褒める言葉づかいがまたとても美しい…。大人の会話とはこういうもんです。

全6件中 1 - 6件を表示

黒柳徹子の作品

徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義 (知恵の森文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義 (知恵の森文庫)はこんな本です

徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義 (知恵の森文庫)の単行本

徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義 (知恵の森文庫)のKindle版

徹子と淀川おじさん 人生おもしろ談義 (知恵の森文庫)の文庫

ツイートする