手塚治虫のブッダ救われる言葉 (知恵の森文庫)

  • 174人登録
  • 3.26評価
    • (7)
    • (8)
    • (32)
    • (6)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 手塚治虫
  • 光文社 (2007年1月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334784591

手塚治虫のブッダ救われる言葉 (知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016年11月1日、津BF

  • ガチガチの仏教ものというよりも人としてどう生きるか、という点に注視したものといった所。為になる言葉もたくさんあったし、仏教用語の由来とかもまとまっていたので、なるほどそうだったのか、と思う所もあり、なかなかの良書でした。また読み返す事もありそうな本です。

  • 読書録「手塚治虫のブッダ救われる言葉」3

    著者 手塚治虫
    出版 知恵の森文庫

    p24より引用
    “この世にあるものは、一秒もとまってはいない。つねに動く…
    …変わる。これを無常というのだ。……。”

     世界的に有名な漫画の大家による、代表作の一つ「ブッダ」の
    中から選りすぐりの言葉を掲載した一冊。
     人の運命についてからしについてまで、漫画の一コマとセリフ
    の解説を付ける形で書かれています。

     上記の引用は、人の運命について書かれた章での一文。
    諸行無常という仏教の基本の一つです、必ず変化してしまうので
    すから、あまり無理をせずに変化を受け入れるというのも選択肢
    としていいのではないでしょうか。だからといって全て運命のせ
    いにして、何もせずに人生を過ごすのも、いかがなものかと思い
    ますが。
     ブッダという作品にしても仏教にしても、本気で知りたい人は
    この本を入口として、元の作品や他の文献をあたるようにすると、
    より一層楽しめるのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • ブッダをさらっと知るには充分な書。

    しかし仏教を腑に落ちるようにするには、内容が少し浅い。

  • 手塚治虫の心が洗われる名作「ブッダ」の「名言」を集めて、仏教の思想の点から解説を加えたもの。

    「ブッダ」の悟りを思い起こし、苦しみや、死、物事の捉えかたを改めてすこし考えさせられ、心がきれいになったような気がしました。

    自然のありかたに自分の身を任せて、安らぎの境地を見つけること。

    ただし、この作品はあくまでも手塚流の「フィクション」が大きいということを頭に留めておきたい。

  • 手塚漫画「ブッダ」の名言集。元始仏教の思想からはずれているような気がして、解説が素直に読めない。

  • 手塚治虫の長編漫画「ブッダ」を元に毎日新聞が氏にインタビューした内容を文庫本にまとめてあります。
    宗教関係の本と違いアニメにこめられた作者の想いが直接伝わってくる感じです。
    ブッダを一人の血の通った人間として描いていると思います。
    ついアニメ「ブッダ」を何巻か買って読み直してしまいました(見つからない巻もあったので)。

  • 宵越(よいご)しの銭(ぜに)は持たない
    その日に得た収入はその日のうちに使い果たす。金銭に執着しない江戸っ子の気性をいった言葉。宵越しの銭は使わない。
    インダス河 アリアン人 インドの始まり シッタルダ ゴータマ ブッダ=目覚めた•悟りをえた人 アナンダ バラモン=僧侶 スードラ=奴隷 カースト制度 マーラ=悪魔 ニルヴァーナ=涅槃=煩悩を完全に断ち切った状態 中村光 聖おにいさん フィクション 架空の人物 神は自分の内にいる ダイバダッタ 獣に喰われて死ぬ シャカ族 スードラの母 タッタ 獣になりたい 情操教育 地下鉄誘致

  • ブッダのいいとこだけ抜いた本でしょ?と思うなかれ。漫画で通して読むのと、活字で捉えるのでは、また違った趣があります。いずれにしても、偉人と、天才が合わさると、こんなにもすんごいもんなんですね。

  • 『救い』って言葉。
    実はよくわかりまへん。
    誰にしてもらうものなの、それ。

    「救い」ってのは
    誰かに与えるものでも
    与えられるものでもなくて、
    自分をどう赦すかに
    かかっていると思うんだよね

    悲しい思いや
    痛い思いをしてたとき
    誰かを憎んだり恨んだりしないで
    自分を赦してあげると
    すごく楽になれると思う。

    ブッダは厳しいなぁ

    自分に厳しい。

    自分に厳しいひとは
    他人にも厳しい気がする。

    厳しさにも
    いろいろあるけれど。

    愛のある厳しさを
    他人にも自分にもきちんと
    伝えることが大切と思う。

全22件中 1 - 10件を表示

手塚治虫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
ヘミングウェイ
有効な右矢印 無効な右矢印

手塚治虫のブッダ救われる言葉 (知恵の森文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

手塚治虫のブッダ救われる言葉 (知恵の森文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

手塚治虫のブッダ救われる言葉 (知恵の森文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

手塚治虫のブッダ救われる言葉 (知恵の森文庫)はこんな本です

手塚治虫のブッダ救われる言葉 (知恵の森文庫)の単行本

ツイートする