人はなぜ歴史を偽造するのか (光文社知恵の森文庫)

  • 19人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 長山靖生
  • 光文社 (2008年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334785093

人はなぜ歴史を偽造するのか (光文社知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明治のいわゆる南北朝正統問題とそれを巡る群像劇が良くまとめられて素晴らしい、と思ったら、後半のかなり長く、そして紋切型で拙劣な官僚批判や市民主義のオンパレードにゲンナリ。これをデスギタマネという。

全1件中 1 - 1件を表示

長山靖生の作品

人はなぜ歴史を偽造するのか (光文社知恵の森文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人はなぜ歴史を偽造するのか (光文社知恵の森文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人はなぜ歴史を偽造するのか (光文社知恵の森文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

人はなぜ歴史を偽造するのか (光文社知恵の森文庫)の作品紹介

明治四十四年、教科書から一度に五人の天皇が消されるという事件が起きた。一方で、われこそは本当の天皇なりと名乗る男が登場、政治家たちを巻き込んで事態は思わぬ展開を見せていく。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康がでっちあげた偽の家系、明治政府高官が書いた義経=ジンギスカン説…など、時代と人人の思惑が歴史を変える瞬間を描いた「もう一つの日本史」。

人はなぜ歴史を偽造するのか (光文社知恵の森文庫)はこんな本です

人はなぜ歴史を偽造するのか (光文社知恵の森文庫)の単行本

ツイートする