心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学 (光文社知恵の森文庫)

  • 25人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 春日武彦
  • 光文社 (2009年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334785284

心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学 (光文社知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人は理由をもとめ、物語を得ることで気持ちを安定させるという。それがかなわぬ場合は、
    紋切り型の分類を持ち出すことによって無理やり現実をを当てはめようと考えると筆者はいう。
    怨恨、色恋、物欲、名誉欲、こういった犯罪動機の定番は、人間の理性の歯止めがはずれがち
    な領域であり、かなり逸脱した行為であってもそれにどれだけ狂気が介在したのかは
    そう簡単に決められない、といっています。
    そういう立場だからこそ、安易にTVでプロファイリングする有識者を批判するのでしょう。
    科学者として、自分の方法論の限界をわきまえた議論をするのは好感がもてます。
    口はわるいですが。

    私的には、精神医学者に対して自分が過剰な期待感をもちすぎていたことがわかってよかったです。
    医者って因果関連でものごとを説明できる、って考えていたのですが、精神医学者はそうでは
    なくて了解関連、という手法で理解しているのがわかったのが収穫ですね

    因果関連:事象を、さまざまな事物の相互関連として把握すること
    了解関連:事象を、心を直感的かつ実感に即して把握すること


    いかに異様に映っても、それを行った人物の心について正気と狂気の区別がつけ難い行為が存在することを、
    われわれは知っておくべきだと筆者は言っています。常軌を逸している、というだけでは
    精神を病んでいるのかどうかの判断はつかないそうです。
    題名の問いに関しては、「心の闇に魔物は棲むが、それが現実世界に這い出してくるには、
    心から想像力が取り除かれた状態でかついくつか外的条件がそろったときだ」との答えが示されています。

    2009/10/31

  • 1996年刊行の単行本に加筆修正されたもの。
    専門用語の表記法や、
    俎上に載せられた関係者の仮名が主に変更されている模様。
    一般人に理解できないと言われる残酷で猟奇的な犯罪は
    後を絶たないけれど、それらは本当に了解不可能なのか?
    誰だって一つや二つ、
    頭の中で無残な妄想を飼育しているもんじゃないのか?
    ただ、それを飼い殺しにするのが普通の人であり、
    何らかの理由で歯止めが利かなくなって檻を開け、
    その魔物を外へ放ってしまったのが残酷な殺人者――
    ということではないかいな、と。
    で、箍が外れるきっかけを作ったのが
    心の病であるケースも多々……
    そこんとこどうしたらいいもんかね、といったお話です。
    ただ、非常に不謹慎な言い方ですが、
    単に「事件カタログ」として眺めるだけでも充分面白い一冊。

  • 春日センセイ特有のちょっととぼけた感じというか、ゆるいやさしさがあんまり感じられなかったのが残念。まあ、この内容でとぼけるのもどうかとは思うけど。

全3件中 1 - 3件を表示

春日武彦の作品

心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学 (光文社知恵の森文庫)に関連する談話室の質問

心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学 (光文社知恵の森文庫)はこんな本です

心の闇に魔物は棲むか―異常犯罪の解剖学 (光文社知恵の森文庫)の単行本

ツイートする