ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)

  • 100人登録
  • 3.25評価
    • (3)
    • (3)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 向谷匡史
  • 光文社 (2011年4月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334785789

ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実践できるかどうかは微妙。やってみる?

  • p4 「つまりヤクザは、地元の人々から慕われ、頼まれ事をし、それを解決することで飯を食うんだ」

    p35 「いくらなら買っていただけますか?」と訊かれたら、「いくらまで引けますか?」と、質問には質問で応えて主導権を取り、

    p55 譲歩したこの一歩が、二歩、三歩の譲歩を迫られていくことになる。
    ビジネスという戦場で譲歩する人間が、大成などするわけがないのだ。

    p61 情報も同じで、情報を持っていなくても、持っているように見えさえすれば、勝手に集まってくるのである。

    p123 第三者に責任転嫁して当人を救ってやり、連帯意識を喚起して意のままに動かす手法は、分野を問わず、心理術の基本なのである。

    p152 相手に応じて、何の“お土産話”をするかを事前に考え、用意するのだ。

    p160 大企業も、うまく踏み台にして自分をジャッキ・アップすれば、競争して恐れるに足らず、ということなのである。

    p207 オシャレは他人より二割増し

    p228 失敗は、対処によっては、チャンスに転じることもあるのだ。
    失敗したり、クライアントに迷惑をかけたと思ったら、何はともあれ、すぐさま謝りに出向くこと―これが鉄則である。・・・何をおいても謝りに行くこと。

  • ちょっと、期待と違った。

  • 一般的なビジネス書とは違った視点・考え方が提示されており、それはそれで面白い。とはいえ、ビジネス書と考えると現実的にはどこまで参照・有効活用できるかは疑問。
    ちょっとした娯楽書として読めば面白い。

  • なかなか面白かった。

  • 社会人になって痛感する。おもしろい。

  • 15番乗り。気になる。(2012/2/19)

全8件中 1 - 8件を表示

向谷匡史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トルステン・ハー...
ジェームス W....
ロバート キヨサ...
池井戸 潤
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)の作品紹介

市場原理主義が支配する弱肉強食の現代は、"勝つためには何でもあり"のヤクザ界に近づいている。すなわち、不況が続くビジネス界を生き抜くための手っ取り早い方法は、ヤクザの交渉術を学び、駆使することだ。週刊誌記者時代に数多くのヤクザを取材してきた著者が、相手を制し、責任を取らせ、自分に有利な結果を導く最強の交渉術を徹底解説。

ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)はこんな本です

ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)のKindle版

ヤクザ式ビジネスの「かけひき」で絶対に負けない技術 (光文社知恵の森文庫)の単行本

ツイートする