ステイルメイト (BLコミックシリーズ)

  • 130人登録
  • 3.39評価
    • (5)
    • (14)
    • (18)
    • (7)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 青山十三
  • 光文社 (2010年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334807436

ステイルメイト (BLコミックシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 叔父×甥
    表題作より擬人化に持ってかれたww
    *Kindle Unlimited 読み放題

  • 叔父×甥

  • 本編も素敵だったんだけれど……あれさね、擬人化が全てを持って行っちゃったよねwww 数字とか…高レベルすぎるwwwww

  • チェスものか(*´д`*)と思って購入。チェスもの好きなんですよね(^ω^)昔好きだった小説もチェスものだったw表題作は叔父さん×甥。個人的には甥×叔父のが好みですが、甥の伸一が可愛かった(^q^)猫耳しっぽの話は可愛いいぃぃ(((´ω`*)(*´ω`)))そして擬人化の話は大変面白かった(●′°艸`)

  • 本編3作品は、割りと王道な展開のような気がするんですけどね。

    『妄想乙女通信シリーズ』の擬人化話に大爆笑でした!

  • 青山さんのデビューコミックス。 描き慣れた感じで最初から安定感バツグンだったのね。
    表題作は、実の叔父×甥っ子がチェスを通してくっつく話(身も蓋もない…) なんだろ、BLはファンタジーなので普段は近親モノもあまり気にならないんだけど、この話は妙にリアルで背徳感が怖かった(≧◇≦) 本人たちは開き直ったら平気そうでイチャイチャしてたけど(苦笑)

    収録作の幼少期の思い出カップルの話と、ネコ耳高校生の話のが好みだったなぁ。 どうも青山さんのキャッキャしてる可愛いキャラ達の話が好きみたい。
    擬人化の漫画も面白かった! 青山さんがキャッキャしてて(笑)

  • 叔父さんは、髭生えててフリーでお仕事してます、って感じの方が色っぽい!巻末の擬人化講座が目から鱗で楽しい!!こう言う発想が自分にはない、と再確認(笑)

  • 青山さんは、テンション高めのコメディータッチの方が好みだなぁ。

    表題作ももちろん近親もの・年の差設定で萌えるんだけど、寧ろ猫のお話の方が良かった。

    とはいえ、青山さんの絵はやはり好き♪

  • らぶだね。

  • (あらすじ)
    大好きなチェスをするため、
    子供の頃から叔父・千晴の家に通い詰めている伸一は、
    あるとき胸の奥にあるもうひとつの想いに気づいてしまう。
    ただその気持ちを伝えるためだけに、
    千晴にチェスの勝負を挑む伸一だったが――。
    叔父と甥の切なくもあたたかい恋愛を描いた表題作シリーズほか、
    すれ違う幼馴染みの再会を描いた「手をつないで一緒に」、
    猫好きコワモテ男子と猫ミミ男子の恋がキュートな
    「猫と仲良くなる方法」、
    そして『妄想乙女通信』シリーズに掲載された話題作を完全収録!

全12件中 1 - 10件を表示

青山十三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

ステイルメイト (BLコミックシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ステイルメイト (BLコミックシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ステイルメイト (BLコミックシリーズ)のKindle版

ツイートする