諸怪志異 第三集 燕見鬼編 (コミック叢書SIGNAL)

  • 78人登録
  • 4.37評価
    • (10)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 諸星大二郎
  • 光文社 (2011年8月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334901806

諸怪志異 第三集 燕見鬼編 (コミック叢書SIGNAL)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 阿鬼が成長して燕見鬼と名乗り活躍。
    やや戦闘シーンが多いのは好みじゃないけど、
    またしても中国史に興味を持たせてくれる内容なので,
    良かった。
    完結?まだまだ続きが欲しいなぁ。

  • 青年に成長した阿鬼の話。未読のものが多く、得した気分。個人的には阿鬼の話のほうが、好き。

  • 装丁が凝っていて、カラーページや口絵イラストも収録されており、ファンには嬉しい設計。
    読み応えのある重さだが、読み終わるまでに腕の筋肉が鍛えられる。
    長年待っていた結末の部分が50pしかなく、おまけに随分あっさりとした話になってしまったのは残念だが、あとがきに書かれている出版社の事情も踏まえれば、しかたのないことなのかも。
    『諸怪志異』は、幼年期の燕見鬼=阿鬼ちゃんが登場する短編連作に秀作が多い。阿鬼ちゃんシリーズを今後も描き続けてくれることに期待する。

  • 諸怪志異は文庫版での続きをずっと待っていたのですが、どうやら出ないようなので、諦めて単行本を買いに行った本屋でこんな物を発見。しかも未完で終わってた所を書き下ろしで完結だって! ついていた……厚いので重いが(物理的に)。
    しかし初読の際、この好青年(燕光)があの阿鬼だなんて!という思いに苛まれたのもいい思い出。彼を小さい子供としか思っていない。
    装丁もすごくかっこいいし、未収録作も入ってるので他2冊も購入を検討中。

  • 460ページと結構なボリューム。
    諸星好きなら読んだことあるような話も載ってますが
    完結してるのですっきりします。

  • 書き下ろし50ページのために1785円は我ながらバカだとも思うが^^;とにかく完結してくれて良かった!それだけの値はあるかと。

  • ボリュームの460ページ。とびとびだった連載モノを一気に読める満足感が味わえ、ありがたいことです。

  • やっと完結したのはいいんだけど不完全燃焼感アリアリ
    水滸伝辺りと絡んでくるかな?とか色々妄想してるうちに期待値だけが膨らんでいった。
    光文社ってこういうニッチな需要を満たしてくれるのは嬉しいしありがたいけどやるならもう少し本気で取り組んで欲しい、一冊描き下ろしとかね。
    巨人譚なんかはかなり満足の内容だっただけにこれは悲しい。

全9件中 1 - 9件を表示

諸星大二郎の作品

諸怪志異 第三集 燕見鬼編 (コミック叢書SIGNAL)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

諸怪志異 第三集 燕見鬼編 (コミック叢書SIGNAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

諸怪志異 第三集 燕見鬼編 (コミック叢書SIGNAL)を本棚に「積読」で登録しているひと

諸怪志異 第三集 燕見鬼編 (コミック叢書SIGNAL)はこんなマンガです

ツイートする