残業税

  • 57人登録
  • 3.54評価
    • (1)
    • (14)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 小前亮
  • 光文社 (2015年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334910457

残業税の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.2.20 読了


    思った以上に面白かった!

    残業すれば 会社も本人も
    「残業税」を払わなければならない
    という法律が導入された。

    なので、それの不正を暴くための
    税務署からの残業税不正摘発のための
    「マルザ」の矢島と、
    労働基準監督署からの 西川とのコンビが
    組む時代になっていて、
    ありえん設定と 最初は思っていたけど、
    なかなか しっかりした話になっていて
    このシステム ほんとになればいいのに。。。と
    思うくらい。

    短編集で、その都度 相手のふとした言動で
    不審に思い 調査に至ったり、など
    なかなか 読ませてくれました!

    続編あればいいのに。。。

  • 中身は普通だけど、残業税という設定を
    しっかり作り込んできちんと世界観作ってて
    割と面白く読んだ。
    続編も作れちゃうぞ!みたいなキャラとか。
    でも書き下ろしなんだね…作家さん知らないが。

  • 残業に税金がかかるようになった社会が舞台。
    残業税徴収官と労務局職員がペアを組んで
    違法残業を行っている企業を取り締まります。
    最近話題になっている法律を取り入れた設定が面白い。
    最後は警察のバディ物みたいな感じでした。

  • 残業税を導入したらどうなるかという社会経済的なシミュレーションがしっかりされている。最後が呆気なかった。もうちょっとどこかを削ってメインを膨らませられないものか。

  • ★3.5

  • 残業をすることに対して課税されるという残業税(架空の税制)が導入された日本。
    税務署職員と労働基準監督官がペアで動くというのが面白い。実際の制度・法律についても概ね正しいし。

    出てくる監督官が「監督官は労働者を守ります。労働者の味方です。」と何度も言ってるけど、これはこの監督官の個人的な意見?(それとも法改正されたのかな?)

全12件中 1 - 10件を表示

小前亮の作品

残業税を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

残業税を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

残業税を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする