虫たちの家

  • 98人登録
  • 3.46評価
    • (0)
    • (22)
    • (23)
    • (1)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 原田ひ香
  • 光文社 (2016年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334910990

虫たちの家の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 改めて、原田さんのストーリーテリング力に感服。タイトルの「虫たちの家」、当初は地味な印象があってあまりそそられなかったのだが、読み始めたらいつもの原田作品同様に夢中になって読んだ。
    ネット被害に遭った女性達が離島のグループホームで共同生活を送っている。自分の名を捨て、「テントウムシ」「オオムラサキ」「ミミズ」など、虫の名で呼び合いながら、農作業をし、つつましく暮らしている。ここにしか居場所がないのだと今の生活を頑なに守ろうとするテントウムシだが、新参者の母子(ミツバチ、アゲハ)の出現で、平和だった日々が脅かされ始める…。リベンジポルノが題材の為、時々その酷さに胸が痛む。だけど、一見正義感に突き動かされているように見えるテントウムシの行いに感じる小さな違和感。男心を弄ぶ美しい娘・アゲハの行いや言動にも些細な矛盾を感じ始める。そして訪れる、思いがけないどんでん返し…。
    思い返してみれば、さり気なく伏線は張られていた。細かいところで、もう少し説明が欲しかった部分もあるけれど…それでも、あまりに意外な展開に思いっきり度肝を抜かれてしまった。全体的には何とも苦い印象が強いけれど、心が絞られるほど切ないところもあり。弱い者への寄り添い方が原田さんらしいと思った。様々な人生があり、その過程で人を傷つけずに生きていける人などいないだろう。時には人と関わることを拒絶してしまうほどに辛くなることもあるだろう。それでも、いつか、どこかのタイミングで再生できる。そう思える一冊だった。

  • 九州にある小さな離島。過疎の進むその島に、一軒のグループホームがあった。
    そこには、お互いのことを虫の名前で呼び合う女性たちが住んでいた。

    彼女たちがその家に集まってきた理由は、ネット上に拡散された流出写真や誹謗中傷などで、それまで生きてきた世界では生きづらくなってしまったから。
    その家で女性たちはひっそりと静かに暮らしていた....
    そして、その家に新しい住人を迎えるところから物語は始まる...

    絶海の孤島ではない、でも、本土と密着に結びついていると言える距離ではない小さな島。
    そんな島は、日本国内にけっこう数多くある。
    そんな島に、隠れ人のように暮らすひとたち。
    ひょっとしたらそんな島は、もう現実にあるかもしれない。
    そんなことを思いながら、本書を読んだ。

    穏やかな内容と、おっとそうきたかという少しの驚きと。
    淡々と静かに読ませてくれる物語でした。

  • 20170122

  • 島にある「虫たちの家」は、ネット社会で傷つけられた女性たちが名を捨てひっそりと共同生活をしている。古参のテントウムシは、美しく奔放なアゲハが村の青年たちに近づく企みを知り不安になる。『母親ウエスタン』で注目の作家が描く書下ろし長編。

  • 読み終わってすごくモヤモヤ感が残った。
    現在進行中の物語の途中に、登場人物の誰かの幼い頃の話しが挟まれていて、誰のこと?誰のこと?ってワクワクしながら読み進めていったのに、何この最後スッキリしない感じ(-_-#)人間関係の説明わかりにくいし、え、そんなことで?っていう物足りなさ。
    虫の家に集まった女たちの、リベンジポルノに至った理由をもっとはっきりさせて欲しかった。特にテントウムシ。
    アゲハとミツバチ親子に関しても、男を誘惑して部活を潰していく理由は何?自分の父親を誘惑された?復讐?イマイチ説得力に欠けるかな…
    あとマリアがテントウムシをあまりにもあっさり追い出すのも納得いかないし、そしてあそこしか居場所が無いって言ってたテントウムシの仕事がすぐに見つかったのも意外。
    文章の雰囲気は好きなのだけれど、物語の結末に物足りなさを感じました。

  • ネット被害にあった女性達が暮らす離島の「虫たちの家」
    名前を隠し、自分の過去も捨てて暮らすそこは、彼女達のシェルターのような場所。
    同じ被害者と思われる母娘がやってきて、穏やかだった家に不穏な空気が漂い始める。

    先が気になり、寝る間を惜しんで読みました。
    途中に挟まれるもう一つの話の謎が、少しずつ明かされていく感じがゾクゾクして、不気味で、なんとも言えない嫌な感じでした。

    著者の作品は、図書館で借りれるものは全て読んだと思います。
    この話は、嫌な感じが悪くなく、嫌いではないのですが、他の著者の作品の作風とはかなり違ったので、そこが違和感。
    他の作品の方が好みだったので、他の方の作品だったら、素直に読めたかなと、ちょっと天邪鬼な感想を持ってしまいました。

  • 傷ついて、さらされて、私は名もなき虫となる。ここに生きる覚悟で・・・ってなんのこっちゃ?と思ったら、リベンジポルノの被害者が島で身を寄せ合って共同生活ってか。
    いつも目の付け所がいい作家さんだこと!w
    それでお互いのことも詮索せずに生きられるよう虫の名で呼び合ってるのね。なかなか好みの設定だわ♪

    しっかし、ミツバチとアゲハの親子、コワ~!!
    でも、いるんだろうな~、こういう親子って・・・この人たちは常軌を逸しちゃってるけど。

    テントウムシが穏やかな余生を送れるといいな。

  • 2016 10/1

  • 160930図

  • 最後までどういうことだろうと全てのピースをはめるのに夢中でした。
    自分の居場所は自分で作るしかない。
    大人になっても分かり合えない人もいるのは仕方ないけど、仮名からでもいつか本名で付き合える友が出来て良かった。
    虫から人に戻れたテントウムシさんの人生はこれからです。

全27件中 1 - 10件を表示

原田ひ香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

虫たちの家を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

虫たちの家を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

虫たちの家はこんな本です

虫たちの家のKindle版

ツイートする