探偵は女手ひとつ

  • 80人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (9)
    • (16)
    • (1)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 深町秋生
  • 光文社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334911379

探偵は女手ひとつの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 方言が慣れなかったですが、面白かったです。
    続くのかな…?

  • 今、地方で起こっていることがなんなのか?

    よくある探偵小説のように
    犯人の動機と犯行方法を調べ上げて
    詰問すれば解決とはいかない。

    多くの犯人が罪を犯す意識がない。
    もしくは、犯したくないけれども自分のプライドや生活などを守るために行う。

    罪が明らかになった後も自白してくれない犯人に対して
    主人公の椎名留美は時に、果敢に、根気よく立ち向かう。

    かといって万事解決にはならないところが読んでいて心地よい敗北感につながる。

  • う~ん。方言読みにくい。

  • ちょっとハードボイルドタッチの、女性探偵の活躍を描く短編集。舞台が山形市で、なんとなく田舎っぽい雰囲気。全体的に事件は小さめだし、受ける依頼自体もほぼ便利屋なのだけれど。それでもカッコよさは充分に感じられました。
    お気に入りは「苦い制裁」。ああ、こういう男っていそうだよなあ、と思えるだけに、この解決は実に痛快! 留美の選択も実にカッコよくって素敵です。

  • 前に読んだのがあった。宝石ザミステリー収録。

  • 山形の地方都市で、刑事を辞めて便利屋もどきの探偵業を営んでいる椎名留美の名推理?と活躍を描いた連作短編集だ。
    最初の事件は、名産のさくらんぼ窃盗事件で、こういう日常の事件を訛りのすごいシングルマザー探偵が解き明かしていく話なのかなと思っていたら、人死にがあったり、けっこう重い事件もぼろぼろ出てくる。
    しかし東北訛りの留美の猪突猛進っぷりが歪んだ事件に清々しさを与えていて、読んでいても絶望的な暗さは感じない。
    留美が刑事を辞めた理由や夫との話などはほとんど触れないまま終わってしまったので、このまま続編が出るのかな。

  • クールでタフな女探偵・・・ただし、シングルマザー。
    山形市で探偵業を営みながら小学生の娘、知愛と二人で暮らしている椎名留美は、もと警察官。

    ただ、探偵稼業だけで食べて行けるほど、甘くはない。
    パチンコ屋の行列並び、農家の手伝い、雪かきなど、ほぼ便利屋と化している・・・それもまたよしw
    探偵業の方も、さくらんぼ盗難犯を突き止めて欲しいという依頼だったり、万引きGメンだったり。
    あとは、まぁありがちなデリヘル、ホストクラブ絡みやストーカー対策など。貧困老人に大麻育成させるなんてのもあったな。

    全編にいたり、ほぼ山形弁バリバリwww

    たまにパートで雇う元ヤンキーでパチンコ依存症の恐妻家、畑中逸平とのコンビもいいw
    娘はちょこっとしか登場せず、女手ひとつと言いながらシングルマザーっぽさを前面に押し出してきていないのも良い。

    ぜひとも続きを読み続けていきたい作品である。

  • 多少格闘シーンはあるが派手さは一切なく、それよりも舞台が山形の田舎で方言丸出しのため良い意味で緊張感を取り除き、質素な趣を醸し出している。女性探偵といのも新鮮で良い。次回作もあれば嬉しい。

  • 元敏腕警察官の留美は一応探偵?のシングルマザー。実質便利屋だが時折舞い込む探偵らしいトラブルを快刀乱麻を断つように見事に解決する。山形弁の会話で進行するストーリーやローカルな雰囲気を漂わせる展開はそれなりに楽しめるが,いつものアクション&バイオレンスを期待すると肩透かしを食らう。

  • 舞台は山形。探偵業を営むシングルマザーの話。違法風俗や大麻製造、ストーカー被害といったミステリー小説でよくある事件からさくらんぼの盗難事件といった山形ならではの事件まで6つの“仕事”が短編で描かれている。感想は…まず、方言がおかしい!山形在住の作家なのだから分かりそうなものだが、高校生などの若者はあんなコテコテの山形弁は使いません(苦笑)また、探偵なのにかなりの確率で追跡者からバレます(笑)女手ひとつと言いながら、必ず男性の力借りてるし…ツッコミどころ満載過ぎて、期待して読んだのにかなりガッカリな作品。

全18件中 1 - 10件を表示

深町秋生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
湊 かなえ
宮部 みゆき
宮部 みゆき
長岡 弘樹
宮部 みゆき
柚月 裕子
柚月 裕子
辻村 深月
東野 圭吾
森見 登美彦
奥田 英朗
湊 かなえ
東野 圭吾
池井戸 潤
三浦 しをん
宮下 奈都
米澤 穂信
西 加奈子
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

探偵は女手ひとつを本棚に登録しているひと

探偵は女手ひとつを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

探偵は女手ひとつを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

探偵は女手ひとつはこんな本です

探偵は女手ひとつのKindle版

ツイートする