素敵な日本人 東野圭吾短編集

  • 698人登録
  • 3.67評価
    • (26)
    • (78)
    • (72)
    • (7)
    • (0)
  • 82レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (2017年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334911515

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

素敵な日本人 東野圭吾短編集の感想・レビュー・書評

  • 題名と内容が…。
    ん~。
    いろいろギャップが。

  • やっぱり東野圭吾氏うまい。短編が全部面白いってどゆこと。敢えて一番好きだったのはラスト水晶の数珠。けんかばかりしてきた親父に会いに行くかな。

  • 昔読んだ星新一のショートショートを思い出しました。そんな感じ。

  • 東野圭吾の文章はとても読みやすい。
    私の中の"文章読みやすい作家ランキング"でいえば、1位か2位です。
    どの話も短編ながらも「いる!い!るそうゆう人」「ある!ある!その裏目」という人物・状況描写がしっかりしたミステリー。
    そういえば、ガリレオシリーズは長編より短編物の方が断然好きです。
    この本で好きな話は、巻頭の初詣の事件と巻末の水晶の話、そしてレンタルベビーの話でした。

  • やはり東野圭吾
    短編ミステリー
    読みやすいし面白い
    でも長編がいいわあ
    帯に「規格外のベストセラー作家、死角なし」
    とあるけれど このタイトルはいかがなものでしょうか?
    ≪ 優雅にと 読書の愉楽 褒め過ぎよ ≫

  • ひとつひとつの短編は、面白くあっという間に読めました。ただ、なぜタイトルが「素敵な日本人」なのかよくわかりませんでした。

  • 小説宝石特別編集号などに掲載された9編の短編集。
    特定のシリーズやテーマはなく、それぞれの短編で完結しているが、そうだったのかというラストの意外性は、どの作品でも楽しむことができた。
    17-91

  • 一話あたり約30ページのとてもライトなミステリ短編集。
    殺人事件あり、日常の謎あり、警察ものあり、この一冊でとてもお手頃に楽しめます。
    読みやすくて面白い。でもそれだけ。
    それにしても何度も言いますが東野圭吾はもうこういう作風でいくんですかねー。
    何も考えずに他の小説との口直しのように読めてしまうのは、きっとものすごい筆力と安定感があるからだと分かるのですが、がっつり人間模様まで複雑に描いた長編をいつかまた書いてほしい。

  • 軽っっっ。ちょっとした隙間読書に最適な短編集。タイトルからちょっと重めな感じかと思いきや、小咄のようにオチが効いた話しです。たくさん読んでるわけではありませんが、東野さんの時折見せる遊び心ある小説です。

  • んー。
    今まで東野作品は色々読んだのですが。
    あまり好きじゃなかったなー。

    特にクリスマスミステリは、で?(・ε・)って感じになった。
    東野圭吾は、やっぱり長編の方が好きだと思いました。

  • 水晶の数珠での言葉「やりたいことをやろう。進みたい道を進むのだ。どんなことになろうとも、すべて自分の責任だと腹をくくった。挑戦なくして幸せはない。自分の人生だ。誰にも文句は言わせない。」自分もこうありたい。

  • ちょっとひねりのある短編が9編。
    あいた時間に少しずつ読み進めて、のんびり楽しめた。
    東野圭吾の長編はいつも一気読みしてしまうので、今回は違った楽しみ方ができた。
    タイトルとはじめの2編から、日本の行事にちなんだ話が続くのかな? と思ったけどそんなこともなかった・・・・・・。
    一番好きだっのは「サファイアの奇跡」。
    猫好きにはたまらないお話。イナリが可愛い。
    内容も、東野さんのエッセンスを凝縮した感じでお気に入りです。

  • 2017/5/31

    短編集。ヨッ東野圭吾!
    読みやすさ100点。
    記憶に残りにくさも点数高めかも。

    「正月の決意」
    「十年目のバレンタインデー」
    「今夜は一人で雛祭り」
    「君の瞳に乾杯」
    「レンタルベビー」
    「壊れた時計」
    「サファイアの奇跡」
    「クリスマスミステリ」
    「水晶の数珠」

  • 登場する人物が知人に似ていたり、経験のあるトラブルだったり、つい思い浮かべてしまう妄想の具現化だったり…。意外性と機知に富み、四季折々の風物を織り込んだ短編ミステリー9編。

    珠玉の…とは言わないまでもひねりのきいた好短篇が9篇。通勤電車で読むにはもってこいの長さで、楽しめた。でもなんで本のタイトルが「素敵な日本人」なのだろう?もう少し何とかならなかったのか。
    (B)

  • 東野圭吾にはずれはない。最近の中ではお気に入りな方。レンタルベビーと水晶の数珠が特に良かった。

  • 面白い!読みやすい。ここまでくると本当に東野圭吾作品はどんなものでも安心して読める。

    短編ですがとてつもなく満足のいく楽しい一冊でした!
    私的に最初の一作、正月の決意が東野圭吾っぽくない作風だなー?随分ふざけてるなー?と思って読み進め、ラストになるほどな。( *`ω´)と、いう感じでした!笑!

    東野圭吾の真面目ーな小説のイメージから逸脱するものの、しっかりいつもの東野圭吾作品でした!笑!!!

    楽々に読め、ちょっとした時間に読み終えるのに、なぜかその一瞬でもその世界に引きずり込む筆力はさすがです!!!

  • 東野圭吾はやっぱり、はずれなしですね。
    面白かった!

  • +++
    登場する人物がどこか知人に似ていたり、あなた自身にも経験のあるトラブルだったり、つい思い浮かべてしまう妄想の具現化だったり、読み心地はさまざま。ぜひ、ゆっくり読んでください。豊饒で多彩な短編ミステリーが、日常の倦怠をほぐします。
    +++
    「正月の決意」 「十年目のバレンタインデー」 「今夜は一人で雛祭り」 「君の瞳に」乾杯」 「レンタルベビー」 「壊れた時計」 「サファイヤの奇跡」 「クリスマスミステリ」 「水晶の数珠」
    +++

    九つの短い物語。一遍は短いのだが、興味深い要素がぎっしり詰まっている印象である。ラスト近くのどんでん返し、視点の転換、などなど、嬉しい裏切りが詰まっている。そして、胸があたたかいもので満たされもするし、しばらく余韻に浸っていたくなったりもする。気軽に読めるが、贅沢な一冊である。

  • 東野圭吾の新作。
    9篇のミステリーが収録された短編集で、最近定番になりつつ
    あるソフトカバー。東野圭吾の場合、連作短編の秀作は山のよ
    うにあるのだが、“純粋な短編集”としては2011年に発売さ
    れた「あの頃の誰か」以来。従って、氏にしては非常に珍しい
    構成かと。

    僕の東野圭吾歴は、連作短編集の「探偵ガリレオ」から始まっ
    ている。東野歴、と言うより、僕の今みたいにミステリーを中
    心とした小説作品をバカみたいに読む、というスタイルは完全
    にこの偉大な作家の影響。特別すぎるほど特別な作家が、僕の
    原点でもある短編集を出す、というのだから、コレは期待しな
    いわけにはいかない。果たして・・・。

    ・・・いやぁ、凄いわ、コレ。
    充分に練られたトリックと、澱みが全く無くスパッと入ってく
    る文章。「あ、オレ今東野圭吾読んでる」と感じさせてくれる、
    すばらしい一冊に仕上がってると思う。

    全9篇にハズレは一切なし。内容とあまり関係の無いタイトル
    かと思いきや、読了してみればなるほどどれもが“日本的”な
    ミステリー。久々に光の速さで読み終わり、さらにもう2〜3篇
    読みたくなっちゃうのだから、正直脱帽である。

    オススメは猫好きなら感涙してしまう「サファイアの奇跡」と、
    まさかのオチに驚愕せざるを得ない「君の瞳に乾杯」。という
    か、全部面白いのでミステリー好きなら確実に入手すべし!
    もちろん、良質な短編を探してる人もぜひ!

  • ミステリー短編集。
    一編が短めなので非常に読みやすい。

    どこか星新一のショート・ショートを思わせるが
    その意外性は、それ程でもない。

  • お勧め度:☆6個(満点10個)。いつもの東野さんとはひと味違う短編集で、けっこう面白かったけど、私はやはり長編物の方が好きかな。じっくり読めるし、テーマがはっきりしているし勉強になるからなあ。
    でも、短編もそれなりに今回のは面白かった。9編のうち私が気に入ったのは「十年目のバレンタインデー」と「レンタルベビー」。どちらも最後に騙された感があって、面白かった。ただ、タイトルの「素敵な日本人」という短編がないのは何故?とふと疑問に思った。普通、短編の一つをタイトルにする作品は多いけど・・・これは作者の狙いなのだろうかとも思う。

全82件中 1 - 25件を表示

素敵な日本人 東野圭吾短編集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

素敵な日本人 東野圭吾短編集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

素敵な日本人 東野圭吾短編集を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする