素敵な日本人 東野圭吾短編集

  • 1084人登録
  • 3.59評価
    • (39)
    • (160)
    • (157)
    • (14)
    • (2)
  • 166レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (2017年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334911515

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

素敵な日本人 東野圭吾短編集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ★3.5

    9編からなる短編集
    ・正月の決意
    ・十年目のバレンタインデー
    ・今夜は一人で雛祭り
    ・君の瞳に乾杯
    ・レンタルベビー
    ・壊れた時計
    ・サファイアの奇跡
    ・クリスマスミステリ
    ・水晶の数珠

    流石、東野さんです。
    短編集なので、ずっしりとした読み応えがある訳ではありませんが、
    一話一話、ミステリ・サスペンス・脳科学・SF・近未来・ホロッとするもの…。
    冒頭からぐいぐい引き込まれるし、予想する結末を裏切ってくれる。
    色んな味わいがあり、短編集の素晴らしさを感じる事が出来ました。
    人間描写も秀逸でした。

    「レンタルベビー」・「10年目のバレンタインデー」・「サファイアの奇跡」
    「水晶の数珠」が良かったです。

    一日一話、少しずつ読めたのも良かったです♪
    タイトルも意味深だなぁ。
    次回は素晴らしい長編を期待したいです。

  • 「毎日寝る前に一編。ゆっくり読んでください。」と帯にあるが、とてもとてもそんなわけにはいかない(笑)。
    それぞれ魅力的なミステリーで、次々と続けて読んでしまいたくなる9編。
    犯罪者心理を描いた『壊れた時計』や『クリスマスツリー』は秀逸。『君の瞳に乾杯』って、見たような題名だと思ってたら、著者の作品に『ウインクに乾杯』があった。もちろん、内容は全然違うけど。

  • タイトルから心あたたまる短編集かと思いきや、ブラックユーモアただよう話が多い。シニカルな結果になったり、ストレートには終わらないオチがあり、楽しかった。
    ミステリの定番にツッコミを入れる「壊れた時計」、珍しくジーンとくる「水晶の数珠」がよかった。

  • バラエティに富んだ簡易で気軽な短編集。ちょっとした暇つぶしに最適です。コミカルなミステリーが多く、どれも楽しめました。個人的には『十年目のバレンタインデー』と『水晶の数珠』が好みです。後者は泣けました。本の題名は『素敵な日本人』ですが、特段日本人であることに拘った作品集ではありません。それが一番のミステリーかな(笑)

  • 【正月の決意】に出て来る登場人物達がみんな俗っぽくて笑えた。みんなスケベでいい加減な人達だけどそれほど憎めない。

    【今夜は一人で雛祭り】の雛人形の薀蓄には感心しました。私も娘の為に毎年七段飾りを飾っているのですが、私の飾り方に間違いはありませんでした。

    【10年目のバレンタインデー】と【君の瞳に乾杯】は短編でも斬れ味抜群ですね!

    【壊れた時計】は思わず『止めときゃいいのに』と何度も言いたくなる。

    【レンタルベビー】色んな含みをもたせた近未来ですね。

    【サファイアの軌跡】東野さんの昔の長編に同じネタあり、但しオチは180度って感じです。

    【クリスマスミステリ】またまた登場の魔王館殺人事件!!!

    【水晶の数珠】ウチにも無いかなそういうの!


    短い短編ですが後500ページぐらい続けば良いのになぁと思いました!

  • 帯に書いてあるとおり、毎日寝る前に一編ゆっくり読むとイイ感じの9編(^^)♪まぁ私は次に読む人が待っているので一気読みしてしまいましたが(^^;)どの話もどんな結末が?とドキドキしながら読んで、真相が解ると「おぉっ!Σ( ̄□ ̄;)」と驚き、最後のもう一捻りに「なんですとッ!(゜ロ゜;ノ)ノ」と思う素敵な読み心地(*´∀`)♪(途中で落ちを考えちゃイケナイよ(^.^))最後の「水晶の数珠」は少し泣けた(--、)

  • 東野圭吾さんの短編作品9つ。

    タイトルは、表題が四季にちなむものだから、でしょうか。
    少なくても内容に「ステキな日本人」がいろいろ登場するわけではないようです。

    どれもちょっと皮肉だったり、どんでん返しがあったりと楽しく読めました。

    「十年目のバレンタインデー」と「君の瞳に乾杯」は刑事もの?
    「レンタルベビー」と「クリスマスミステリ」は、どちらも主役が年配にご婦人で。
    「サファイアの奇跡」「水晶の数珠」は、ヒューマンチックでほのぼの。

    いろんな楽しさが詰まった一冊。
    短編なのでサクサク読めるのも良いです。

  • 10年前、突然、自分の前から姿を消した恋人の地理子からの連絡に心を躍らせて、待ち合わせのレストランにやってきた峰岸。
    彼女は峰岸にとって忘れられない女性だった。その彼女がバレンタインの日を指定してきたことに気を良くしていた峰岸だったが、地理子は思いも寄らない話を始める。(『十年目のバレンタインデー』より)
    多彩なストーリー展開で送る9編の短編を収録した作品集。

    2017年7月24日読了。
    東野さんの多才さに舌を巻きながら、切り口の違う物語をじっくり堪能。
    上記にあらすじを挙げた『十年目のバレンタインデー』は最初、本筋が分からなくて、どこに向かっていくのかと峰岸同様やきもき。地理子の目的が分かったときは「やられたー」と思いました。
    東野さん流の仕掛け満載の短編集に仕上がっていて、とても楽しめました。オススメです。

  • 9編の短編集。
    さらっと読めるが中々に凝っていて面白い。
    話には裏があったり、どんでん返しがあったり、失敗あったり、心温もるものがあったり。
    日常の何気ない生活の中にちょっと頑張る素敵な日本人がいた。

  • んー。
    今まで東野作品は色々読んだのですが。
    あまり好きじゃなかったなー。

    特にクリスマスミステリは、で?(・ε・)って感じになった。
    東野圭吾は、やっぱり長編の方が好きだと思いました。

全166件中 1 - 10件を表示

素敵な日本人 東野圭吾短編集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

素敵な日本人 東野圭吾短編集を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする