秋山善吉工務店

  • 277人登録
  • 3.69評価
    • (20)
    • (56)
    • (50)
    • (4)
    • (1)
  • 58レビュー
著者 : 中山七里
  • 光文社 (2017年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334911522

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

秋山善吉工務店の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • かつて怖いことの代名詞とされていた「地震・カミナリ・火事・親父」
    その”親父”が本書には登場します。

    火事で父親を亡くし、父の実家に身を寄せることになった母と息子(太一・雅彦)の三人。
    工務店を営む祖父・善吉は、昔気質で怖~いおじいちゃん。
    悪いことは悪いんだと、一本筋の通った頑固者。
    太一や雅彦に次々と起こる難問も、善吉は見事に解決してくれる。
    ヤクザもかなわない豪快さが頼もしい。
    そして奥に控えるのは、そんな善吉にも負けない祖母。
    火事の真相を追うミステリーの部分そっちのけで、楽しく読みました。

    できればシリーズ化されて、警察官も頭があがらない善吉の過去や、武勇伝の数々を読みたかったなぁ。
    それがとても残念です。


    「たかが十四、五歳の分際で己の人生を決めつけるな 。
    その気になれば人生の選択肢なんぞいくらでもある 。
    見えないのは探さないからだ 。
    自分で歩いて、草を掻き分け、つま先立ちして探すもんだ。」
    あぁ、善吉じいさ~ん、カムバ~ック!

  • めっちゃ面白かった。

    火事で夫を亡くし、焼け出された母子が
    義父母の自宅に居候。

    頑固で、一見こわーい善吉爺ちゃん。
    しかぁし、善吉爺ちゃんは優しくて温かくて厳しいのです。
    かっこよすぎ!!

    おじいちゃんも奥さんのおばあちゃんもとても素敵だった。
    でも、だからといって
    その子供が素敵にはならないっていうのが皮肉だけど。

    宮藤刑事ができそうに見えて全然できない刑事なところが
    面白かった。

  • 善吉じいさん好きだなあ。頑固じじいと見えるけど、家族や地域の人を大事にする筋の通った人。楽しく読めた。

  • 老人活躍シリーズ?ミステリー。

    「要介護探偵の事件簿」「静おばあちゃんにおまかせ」に続く老人活躍ミステリーと思います。
    一作ごとに主人公がいなくなるので、続編は期待できませんが、有川浩の「三匹のおっさん」でもそうですが、昭和のご老体は強いです。
    中山さんらしく、いじめ、脱法ハーブ(危険ドラックといわなくてはいけないのかも)、モンスタークレーマーなどの時事社会問題も盛り込みつつも、善吉が次々に解決していくのは溜飲が下がります。
    後半のオリジナルミステリーは、オチが読めてしまったのでいまいちでしたが、主人公のキャラで帳消しだと思いました。
    中山ファン向けには中山ワールドの宮藤刑事や葛城刑事が登場するサービス付きでした。

  • 自宅が全焼し、父親が焼け死んでしまった。なんとか難を逃れた妻の景子、中学生の雅彦、小学生の太一は義理の父親である秋山善吉の家にしばし同居することになった。昔気質の大工である善吉は非常に厳しく、当初は反発する景子や雅彦。太一は転校先でイジメられ、雅彦は不良ゆえヤクザな事件に巻き込まれそうになり、景子もなんとか仕事を見つけたもののうまくいかず……さらに秋山家の火事には隠された秘密があると捜査する刑事も登場し……。

    中山さんが書くスジの通った親父さまは非常に良いキャラが多いのに、なぜそういう結末を辿りがちなのか……悲しい。子どもたちもお母さんも善吉さんも春江さんも最終的にはとてもよかったのに……真相はいつもの中山さんなので予想はついてたけど、死んじゃう以外の方法でなんとかならなかったものか……都合の良いチートキャラだけどもっと善吉夫婦の話見たかったな。やりこめられつつ成長してく宮藤刑事となんだかんだ助けてくれる善吉さんでシリーズ作れたのでは……さみしい……

  • 80-10-5

  • 昭和の遺産のような頑固オヤジ、秋山善三。
    口は悪いし顔も怖い、すぐに怒鳴るし手も出るけれど
    こんな人が近くにいてくれたらな・・・と思わずにいられない、とっても頼りがいのあるいなせなおじいちゃんなのである。
    教師の暴力だとか、職場上司のパワハラだとか
    最近の傾向から言ったら善三さん的言動は完全にアウトなのかもしれないけれど
    そこに揺るぎない正義と相手への愛がある善三さんにはそんなものどこ吹く風なのである。
    そこに正義と愛はあるのか・・・
    やっぱり大切なのはそこだよな~。。。

  • 9月-11。3.5点。
    家事で家を失い、父親が焼死した妻・息子ふたり。
    父親の実家工務店に居候することに。
    非常にこわい祖父との関係は上手くいくのか。

    人情もので連作短編かと思いきや、意外としっかり
    ミステリもの。さすがに面白い。

  • 秋山家の父親がいきなり火事で焼死、次男はいじめ、長男は危険ドラッグでヤクザと関わり、母親はクレーマーからの金銭をタカられる対応を、昔気質の粋な善吉と春江が解決するよくあるパターンかな?が最初の感想。宮藤刑事も登場し父親史親の死因は自殺なのか放火殺人かの原因究明も、善吉が事故で死んでもやもやで終わりかと思いきや真相はそうきたか!色々な作風で相変わらず作者の引出しは多く面白い。

  • 三匹のおっさん、みたいな。
    七里さん、こんなのも書くのね。
    よかったです。

全58件中 1 - 10件を表示

秋山善吉工務店を本棚に登録しているひと

秋山善吉工務店を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秋山善吉工務店を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秋山善吉工務店のKindle版

ツイートする