秋山善吉工務店

  • 232人登録
  • 3.77評価
    • (18)
    • (43)
    • (33)
    • (2)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 中山七里
  • 光文社 (2017年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334911522

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

秋山善吉工務店の感想・レビュー・書評

  • 善吉じいさん好きだなあ。頑固じじいと見えるけど、家族や地域の人を大事にする筋の通った人。楽しく読めた。

  • 老人活躍シリーズ?ミステリー。

    「要介護探偵の事件簿」「静おばあちゃんにおまかせ」に続く老人活躍ミステリーと思います。
    一作ごとに主人公がいなくなるので、続編は期待できませんが、有川浩の「三匹のおっさん」でもそうですが、昭和のご老体は強いです。
    中山さんらしく、いじめ、脱法ハーブ(危険ドラックといわなくてはいけないのかも)、モンスタークレーマーなどの時事社会問題も盛り込みつつも、善吉が次々に解決していくのは溜飲が下がります。
    後半のオリジナルミステリーは、オチが読めてしまったのでいまいちでしたが、主人公のキャラで帳消しだと思いました。
    中山ファン向けには中山ワールドの宮藤刑事や葛城刑事が登場するサービス付きでした。

  • 三匹のおっさん、みたいな。
    七里さん、こんなのも書くのね。
    よかったです。

  • 家が火事。父は焼死。母と兄弟が工務店を営み祖父の家に引越し

    太一、奮闘する
    次男は虐めにある。中学生の兄に相談。やりかえせ
    祖父は虐める奴は弱い。守ってやれ。中学生に虐められていたので助けた。兄が加勢して二人は助かる。翌日から、虐めはなくなった

    雅彦、迷走する
    不良中学生の兄。喧嘩をふっかけられる毎日。先輩からバイトに誘われる。違法ハーブの販売、製造。事件発生。
    辞めるといったら、母と弟を襲う脅される。先輩はヤクザ
    ボコボコにされる。祖父に全てを話す。暴力団に事務所に金を返しにいく。ヤクザを二人を倒す。組長と昔、知り合いだと告げる。翌日、丁重な電話謝罪があった。工務店でバイトして祖父に金を返す。母は知らない

    景子、困惑する
    家族3人で暮らす為に仕事をする母。店舗スタッフ派遣
    仲間から嫉妬され、クレーマー客につかまる。返品の金を自分で払う。借金を頼まれる。祖母が気が付き、クレーマーが詐欺まがいのネット販売をしてるの見つけた
    店舗派遣はやめて、工務店で働く

    宮藤、追及する
    火事の原因を調べる刑事。父親が家庭内暴力をしていた母を疑う刑事。任意同行に祖父が乱入。祖父を疑う
    工務店の材料で放火?

    善吉、立ちはだかる
    善吉の幼馴染は昔話しかしない。善吉にはアリバイがあった。善吉が工事現場で小学生をかばう。80才で死亡
    一人一人に最後の言葉を告げた
    刑事には何も言わず。中学生になった次男が刑事を祖父の墓の前に呼び出す。火事の原因は、父の部屋の電源ケーブルを自分が持ち出した。代りに接続したケーブルが規格外で熱をもち、発火。刑事に話すが証拠がないからわからない。次男への言葉はつぐなえ。
    長男は工務店で働きながら、一級建築士を目指す

    父はゲーム会社の創設メンバー。子供が大きなったような性格。儲からないゲームにこだわる。リストラされた
    企業するために借金

  • ヤクザに知り合いがいるのが一番心強い。

  • 図書館で借りた本。
    家が火事で見えてしまい、着の身着のまま逃げてきた母と2人の息子たちは、この火事で亡くなった父親の実家で済ませてもらうことになった。学校も転校した兄弟。弟はいじめにあい、兄は悪い仲間から悪い道へ誘われ、母は勤め始めたパート先でクレーマーに付きまとわれ。それぞれが善吉おじいちゃんによって解決して行くストーリー。

  • いじめやクレイマーなど、現代の問題をテーマにしてるが、善吉さんがいることで、読んでいてスカッとする。
    なのに、宮藤が出てくることで気分がドンドン嫌になる。警察官としての感やノウハウも必要だろうが、一方的な思い込みと正義感で冤罪が生まれてしまいようで気分が悪い。
    全体的にもっとスッキリして終わり方なら続編も期待したかったのにに良かったのに、全てに残念。
    特にラストの善吉の扱いが、作者の意図か編集か、わからないがありえない。これが全ての流れを消した気がする。

  • 秋山善吉さん、最後まで最強。

  • 色んな問題が一冊に濃縮されていて、読んでて胸が痛くなりました。社会も学校も敵だらけ。そんな世の中をどうやって泳いでいくんだろう、どうやって泳いできたんだろう。振り返ってしまったり、まだ見えない未来を思ってしまったり。善吉おじいちゃんのような人が身近に居てくれたら・・・と思うけど、その息子を思うとそんな単純な話でもなくて。エンタメ小説なんだろうけど、私にはとても重い一冊だった。終わりがまた衝撃的というか、あっけないというか。あまり人を殺さないで欲しいもんです。小説でそれを言うのは無茶なのかもしれないけれど。

  • 善吉爺さんの人となりが、じわじわと表れる。

    「三 景子、困惑する」 のクレーマーへの対応はちょっと現実離れしてないかなぁ?

  • 久々に中山七里さんの小説に中で面白かった。
    もちろんいつもの面白く読ませてもらっているが、このシンプルな考え方、さらにその奥にある論理的思考、そして痛快極まる今家懐かしい昭和初期時代のオヤジの姿が非常にかっこいい!まさかのオチではあったけど。
    シリーズ化を期待していただけに最後のオチは残念。

  • 善吉さんがステキすぎです。

  • (図書館本)お勧め度:☆7個(満点10個)。こんな毒気のある爺さんを描かせたら中山さんの右にでる人はいないだろうと思わせるすごいキャラが出てきたなと思ったら・・・。最後はちょっといけないなあ。もう少しシリーズ化して書いてもらいたかったけど、これではシリーズ化は難しいかも。ただ、内容も読みやすいし、また、大工さんというのもうなずける。やはり、こういう昭和の男は大工さんか漁師さんでしょう。ちょっと偏見かもしれないけど・・・。とりあえず、最後にホロッとさせらたり、ちょっとした驚きもあって面白かったです。

  • 昔気質の職人さんが、ビシバシと勧善懲悪な典型。ただそれだけじゃなくて、解決していない事件が、ちょうど良い緊張感を作ってくれたなと思う。
    最後、良かったな。
    2017/6/30読了

  • 人情派にはいいが、クセがなさすぎて凡庸かも。

    頑固ジジイの話。

    イジメとか、家庭内暴力とか、クレーマーとか、江戸っ子気質の職人とか、放火事件とか、色んな話が散りばめられてる分だけ、主題がわかりにくくて、何とも感想が言い難い話ですね。

    相変わらず文章は読みやすくてグイグイ読ませるが、何とも中途半端な感覚が否めない。

    人情話なのか、事件の話なのかどちらかに絞ったほうが良かったのでは?

    微妙にオススメしずらいな〜

  • 一本筋の通った昔気質の善吉に見守られている家族。善吉は最後までかっこよかった。

  •  火災によって家と家長の史親を失った秋山太一、雅彦、景子の3人は、史親の実家で工務店を営む善吉・春江夫婦の元に転がり込むことになる。しかし気難しい善吉との生活に神経をすり減らし、そして3人はそれぞれの生活でも様々な困難に直面することになる。その一端には、火事の原因が未だはっきりしていないことにもあったが、警視庁捜査一課の宮藤は、放火の可能性が捨てきれないと考えていた。

     いじめ、脱法ドラッグ、クレーマー処理など、現代の問題をうまくからめながら、その解決の影に善吉あり。「要介護探偵の事件簿」の玄太郎おじいちゃんに近いキャラで、宏龍会の山崎岳海がヘイコラするほどの人物。何者かもっと知りたいなぁと思ったけど、この結末かぁ。残念。宮藤刑事登場は、「スタート!」以来?葛城もちらっと登場。結末は、『真夏の方程式』を思い出した。

  • 面白かったです。ただの昭和の頑固おやじじゃないところが凄い。続編が望めないのが残念です。

  • めっちゃ面白かった。

    火事で夫を亡くし、焼け出された母子が
    義父母の自宅に居候。

    頑固で、一見こわーい善吉爺ちゃん。
    しかぁし、善吉爺ちゃんは優しくて温かくて厳しいのです。
    かっこよすぎ!!

    おじいちゃんも奥さんのおばあちゃんもとても素敵だった。
    でも、だからといって
    その子供が素敵にはならないっていうのが皮肉だけど。

    宮藤刑事ができそうに見えて全然できない刑事なところが
    面白かった。

  • 今は少なくなった昭和堅気の職人肌の爺さんが主人公。しかも職業が大工の棟梁。やくざも恐怖するほど力持ちで手も早い。火事で焼け出された息子の嫁と孫達を引き取り、一緒に住む事になる。その孫達と嫁がそれぞれ問題を抱えるが、この大工の棟梁が助けると言うパターン。最期に子供をかばって無くなってしまうのがさびしいが、いずれにしても単純明快で面白い作品だ。あっという間に読めてしまった。

  • こんな爺さんになりたいものだ。
    家族を甘やかすことなく守るってのは、辛いんだね。

  • 火事で家、父親をなくして父親の実家へ。おじいさんはカッコいいがミステリー的なのがないほうが好きな感じ。 2017.7.10

  •  火事で焼き出された秋山一家。それぞれに災難が降りかかります。そこにおじいちゃんが登場して、叱咤しつつ敵を撃沈。

     誰からも恐れられる、昔気質のおじいちゃん。孫だろうと悪い事をしたら張り飛ばす。それでも愛に満ちているのです。

  • 昔気質のじいちゃんが営む、それが秋山善吉工務店。

    火事で焼け出された嫁とその子供とじいちゃんが絡む話。

    生きざまが見事である。

    このじいちゃんが自分の、子供のじいちゃんだったら、学ぶ事が多いいだろうな、と思う。

    面白かったし、後味もよかった。

  • 主人公善吉氏を中心に家族目線で1話ずつ構成されているお話。善吉氏サイコーです。スカっとする一冊。シリーズ化希望。

全44件中 1 - 25件を表示

秋山善吉工務店を本棚に登録しているひと

秋山善吉工務店を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秋山善吉工務店を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秋山善吉工務店を本棚に「積読」で登録しているひと

秋山善吉工務店のKindle版

ツイートする