俺たちはそれを奇跡と呼ぶのかもしれない

  • 27人登録
  • 2.78評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 水沢秋生
  • 光文社 (2017年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334911768

俺たちはそれを奇跡と呼ぶのかもしれないの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 寝るたびに違う時間の違う人になってしまう人のお話。
    別人に生まれ変わる法則が、徐々に紐解かれていき、連続殺人事件との関係が明らかになっていきます。
    そうなった理由がよくわからないのと、自分を思い出すのが唐突な気がします。なお、謎解きは、最後までヒントは出ないので、読み進めるしかありません。

  • 選ばれた人だったってことかな。

  • 目覚めるたびに時間も場所も飛び越えて別人になってしまう「俺」。不可解な現象の鍵は、カップル連続惨殺事件なのか……? 一気読み必至の徹夜本。傑作ジェットコースター・エンターテインメント! !

全8件中 1 - 8件を表示

水沢秋生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

俺たちはそれを奇跡と呼ぶのかもしれないはこんな本です

俺たちはそれを奇跡と呼ぶのかもしれないのKindle版

ツイートする