史伝 新選組

  • 11人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 三好徹
  • 光文社 (2004年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334924386

史伝 新選組の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今までにない新撰組についての本だと思いました。新撰組の内部からだけでなく、当時幕末の中で新撰組と関わった会津藩、敵の長州、明治に入ってから新撰組を回想したような文書からの分析が多く、多面的な視点で新撰組を捉えています。

    とても重要な資料が多いと思います、が。
    いかんせん話の論点があっちこっちに飛んでいる気がして、正直読みづらかったです。
    また、他の方が書いているように、小説的部分と分析的部分が混同されてて困った(笑)

    ですが、当時の新撰組がどのように思われていたかはとても新鮮な感じで読めます。甲子太郎さんのこととか、松本良順のことなんかはわたしとしてはとても貴重な知識をもらえたなと思いました(﹡ˆ﹀ˆ﹡)

  • 新選組を俯瞰して描かれているのが面白い。

  • 新しい新撰組です(漢字が違うなぁ)

    結構知らない史実がうれしい一冊
    伊藤甲子太郎の行動が、この本の
    ような理由だったかは解りませんが
    作者が変わると同じ行動でも、善悪
    含めて真逆に描かれるのが歴史の
    面白さです

  • 新選組に関わった人たちの資料から、新選組を描く。

    淡々と書かれ、資料と小説的部分が混在しているので少し読みにくい。
    現在につながる部分を読むことができたのは興味深かった。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

史伝 新選組の作品紹介

近藤勇、土方歳三、沖田総司-彼らの真実がここにある!未発掘の史料を渉猟して、歴史小説に独自の境地を拓く巨匠・三好徹の渾身力作。

史伝 新選組はこんな本です

ツイートする