ペダルの向こうへ

  • 87人登録
  • 3.27評価
    • (8)
    • (9)
    • (30)
    • (8)
    • (1)
  • 25レビュー
著者 : 池永陽
  • 光文社 (2006年1月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334924850

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
瀬尾 まいこ
青山 七恵
有川 浩
瀬尾 まいこ
万城目 学
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
瀬尾 まいこ
西 加奈子
伊坂 幸太郎
角田 光代
伊坂 幸太郎
瀬尾 まいこ
有川 浩
伊坂 幸太郎
瀬尾 まいこ
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ペダルの向こうへの感想・レビュー・書評

  • 相変わらず無難?なカタチで物語をまとめてくる池永さんの筆力に感心してしまいます。交通事故で妻「頼子」を失い、一人息子「隆」は事故の影響で右足ひざ下を失い・・・そんな息子と無謀にも自転車で妻の故郷宮古島を目指そうとする「洋介」のロードノベルです。妻が事故を起こした要因にココロを傷め続けている「洋介」は引きこもりの息子「隆」と少しづつではありながら、ココロを通い合わせ、距離を縮めていきます。東京から沖縄までの道中の出来事をココロ温まる色んなドラマが待ち受けており、息子の成長と共に温かく楽しませてもらいました。

  • 交通事故で、母と片足を失った少年が、母の遺骨を父親と一緒に母の故郷の沖縄まで自転車で届けにいく途中で出会った人とのエピソードが8編収められている。
    どの話も人物描写はあっさりしているし、明るさを感じさせて終わるものばかりだが、内容は少し重たいので、元気な時に読んだほうがよいかも。

  • ペダルの向こう・・
    こぐたびにきっと向こうの景色は変わるんだ。

  • 文章の書き方がそこまでうまい感じがしなかったけど、内容が良かった。
    男同士ならではの旅で色んな出会い。

  • 最後の方でメソメソしちゃった
    やっぱり、父子はいいな

  • 悔やんでも悔やみきれない過ちがある。残された人生をより良く生きようと決意して、男は息子を連れて旅に出た…。ほろ苦さと優しさを巧みにすくう感動長編

  • ……池永さんは息子と何かあったの?(川´Д`)

    『コンビニ・ララバイ』は息子を交通事故で失って、この作品も交通事故で息子の足が不自由になっています。なんなんだろうか.....
    3本足の白猫の話は好きなのですが、樹海の話で読者を「泣かせよう」としている作為的な物を感じて、ちょっと嫌になりました。
    沖縄についてからの話はすごく好きなんですけどねー。なんだろうねー。集中して読んでなかったのかな?

    個人的に『コンビニ・ララバイ』の方が好きです。

  • 此処の処、池永陽に嵌まっている。読み易いのは勿論だが、読後感がイイんだなぁ。

  • 母を亡くした事故のあと、片足をなくし、心を閉ざした息子。
    義足を付け、ペダルを踏み込むごとに何かが変化していく。
    そして旅先の人たちと触れ合うことで、心が開かれてゆく。

    息子とサイクリングの旅へ・・
    男の子を持つ父親であれば、それは「あこがれ」かもしれない。
    でもオレはアウトドアな趣味が無いからなあ・・^_^;

  • 体調を崩した妻の運転する車が交通事故を起こし、その事故で妻は命を、息子は片足を失った。
    その瞬間、夫の洋介は愛人とホテルにいた。
    洋介は罪悪感から、片足をなくし心を閉ざした息子と二人、妻の遺骨を、妻の故郷の宮古島まで自転車で届けることを誓った。
    そんな息子の成長と、父の心理を描いたありがちな話。

    中身はいくつかの小さな話で構成されている。
    各話で、旅の途中で会う様々な人との触れ合いがあり、また必ず死をテーマに入れている。

    感動的な話で、ちょい涙ぐみ。特に男性に読んで欲しいと思った。

  • ちょっと期待はずれ…でした
    全体的に、しらじらしい感じで、読んでる方の気持ちが盛り上がれませんでした。

  • 東京→宮古島へ父子2人で自転車の旅。短編形式になっているので、読みやすくさらさらと読める。

  • あっさりとしていて読みやすかったし、まぁまぁ面白かった。「震災の少年」のあたりがけっこう好きでした。
    母親と片足をなくした息子が少しずつ自分を受け入れ立ち直っていく姿にほっとしました。

  • 旅の途中でいろんな人と出会ったおかげで、息子だけじゃなく父親も成長、というか前を向いて生きていけるようになったと思います。ただ・・・旅の途中で会う人が特殊な人達ばかりで、ちょっとなぁと思ってしまいました。

  • 主人公は父と息子 交通事故で母を亡くし、息子は義足になり喋らなくなり父親は息子にいえない秘密を持ち東京から沖縄まで自転車で人生の再生に向かう親子のお話なかなか面白いと思いますが 最後が少しあっけなかったような・・でも面白い本ですよ。

  • 文芸書はあまり購入しないがこれは自転車で日本を巡るという興味から購入.

    主人公の少年の成長にもチョット涙したが信楽焼きのエピソードには少々感動.しかし作り話感は否めず,何となくさめた自分がいるのもまた事実しかもラストが普通.まぁ文芸書はそういうものなのでしょうか.

    1月【自室本棚】BOOK OFF山科店

  • 紀行文学。思春期に少年から大人に変わる?(徳永)

  • 事故で右足ひざ下切断した息子と父親が自転車で沖縄を目指す!
    旅先で出会う人たちとの交流で徐々に立ち直っていく隆君。
    なんだか応援したくなる一冊です☆

  • 交通事故によって母と片足を失い、引きこもりになってしまった少年。自分が浮気している間の事故で妻と息子の足を失くした男。
    親子が、福生から妻であり母である女性の出生の地、宮古島を目指して骨壷を抱えて自転車旅行を続ける話。
    鎌倉や柳川など、それぞれのポイントでいろんな人々と出会うのだが、そこに出てくる人たちがどうにも嘘くさい。そして青臭い。
    設定がくさいところに、盛り上げ方までくさいので逆に興ざめしてしまった。

  • ちょっと「良い話」になりそうなぎりぎりな展開が気になるものの、さっぱりで読みやすいです。

  • 交通事故で母と足を失くした少年が肉体的にも精神的にも、成長していく物語です。自転車で父親と二人で東京から、母の故郷・宮古島まで旅をします。行く先々での人との交流が心を癒してくれます。
    最終章は。いよいよ父親の懺悔があり(理由は本書読んでみて)「この旅は父親にとっても重要な意味合いだったんだな」と改めて思いました。

  • 方言の使い方がいまいちなんですが。小説宝石の連載分なのでおさまりがよろしくなかったです。

全25件中 1 - 25件を表示

ペダルの向こうへを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ペダルの向こうへを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ペダルの向こうへを本棚に「積読」で登録しているひと

ペダルの向こうへはこんな本です

ペダルの向こうへの文庫

ツイートする