グラデーション

  • 140人登録
  • 3.41評価
    • (5)
    • (26)
    • (46)
    • (3)
    • (0)
  • 33レビュー
著者 : 永井するみ
  • 光文社 (2007年10月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334925765

グラデーションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【あらすじ】
    桂真紀は中学校に通う女の子。みんなが憧れている先輩の男子から誘われて一緒に帰っても、気後れが先に立つ。学校行事で行った夏のキャンプでも、誰がカップルになるかで盛り上がる友だちの話に素直に入っていけない。そんな彼女を驚かせた友人の思い切った行動とは―。十四歳の少女が二十三歳の大人の入り口に立つまでの十年間を丁寧に描いた連作小説。

    【感想】

  • 2015.5.22 読了

    真紀の 14歳から23歳の成長記録。

    中学生の 淡い恋?
    恋とも呼べないような想いや
    周りの友達関係。

    高校生になり、新たな友達や
    教育実習生への憧れ。

    などなど、自分も周りも
    成長していく過程を淡々と
    描いてるだけですが、
    読みやすく 面白かったです。

  • 馴染めないかも、と思っていましたが、
    ところどころにグッと共感する一文があって、
    そこに惹きつけられました。
    相性のいい作家さんかも。

    普段口にはしない感情をうまく言葉にする人は本当に才能だなーと思う。

  • 主人公・桂真紀の14~23歳までを1歳づつ描いた本作。
    心も体も環境も大きく変化するこの時期。少女から女性へ、心情が丁寧に描かれ、楽しさや悲しさや苦しさなどを経験して確実に成長という変化を遂げる真紀にかつての自分を思い出す。
    時間が折り重なりゆっくりと変化する様にぴったりの柔らかな題名とストーリー。

  • 4歳の少女が、友人、家族、憧れの人との関係のなかで、一つずつ自分の感情を増やしてゆく―進学や恋愛、就職の悩み…誰にでも訪れる当たり前のような出来事を、自分らしく受け止め、大人の入口に立つ23歳になるまでを丁寧に辿る。

  • 14/01/22

    実らない恋てドラマチック。
    もっとやるべきことがあるよって言うくせに、それを俺は教えてあげられないて言ったり。個展を見たいてお願いして、いいよって了承してくれると思ってたのに、黙り込まれたり。繊細だなあ。ほろ苦いなあ。
    14才~23才までの真紀の成長。各年齢で章に区切られてて、読みやすくて面白い本でした。

  • 桂真紀という女性が14、16、17、18、19、20、22、23歳、つまり中学、高校1年、2年、3年、大学1、2,3,4年などの人生の転機というべき重要な時期に、それぞれの挫折などの事件を通して成長していく過程を描いています。憧れ、恐れ、不満、不安、孤独感、親友との別れ、裏切られ感。この時期は考えてみれば、私自身の娘のここ数年になるわけですが、やはり女の子の気持ちよりは、むしろ自分自身の中学、高校時代を重ねながら、懐かしく読みました。いかにも女性作家らしい作品であり、男性の存在感は乏しい、あるいはパターン化されているように感じます。

  • 鮮やかに変化してく
    グラデーションではなかった。

    でも、淡く静かに
    きっと確実に変化してく
    グラデーション。

  • 14歳から23歳まで、一人の女の子を淡々と描いている。
    取り立てて事件が起こるわけではないが、素直で普通の感覚の主人公に好感がもてて、面白かった。
    特に前半が面白かった。
    (図書館)

  • 少女から大人へ、14歳から23歳までの桂真紀の成長。

    先輩に好きだと言われなんとなく付き合っていた中学時代
    すずと出会ってバイトを始め、美術部に入部し、初めて人を好きになった高校時代
    現役で合格した美大で、なんとなく居場所が定まらなかった大学時代
    失恋、就職、周りの友人たちの変化、その中で共に変化し続ける自分。

    主人公真面目だなあーと思た。
    中学時代に行ったキャンプ地の群馬県っていうのは千葉村のことかなーw

    読んでて自分の記憶を思い出した)^o^(

全33件中 1 - 10件を表示

永井するみの作品

グラデーションを本棚に「読みたい」で登録しているひと

グラデーションを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グラデーションはこんな本です

グラデーションの文庫

ツイートする