C級フルーツパフェ

  • 50人登録
  • 3.39評価
    • (2)
    • (10)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 吉川トリコ
  • 光文社 (2008年1月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334925925

C級フルーツパフェの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一概にダメ男とはいえない、バラエティーに富んだ男たち。
    『タイムテーブル』の細すぎる男、『君のために〜』の二股男は本当にありえない!と嫌気がさしたけれど。
    『芳野がくる』で幼い頃から特別な想いを寄せながらも別の道を歩んでいる主人公の葛藤が、芳野の娘との交流と描かれているのがよかった。
    【最初にこれだって思ったらもうそれしかないのに。】

  • 表紙の鮮やかさが気になって読んだ本。生きることはみっともないし、簡単じゃないし、傷つくことも多いけど、隣で笑って受け入れてくれる人と出会えたら、そのために挑戦していけたらと感じた。

  • だらしなさすぎる恋人に嫌気が差した私が
    次に選んだのは全てを計画通りに行動する卓男だった。
    最初のうちはスマートで無駄のない彼に感動したけれど
    毎週送られてくる週末のタイムテーブルに辟易してきた。
    予定通りにいかなかったら卓男はどうするんだろう。
    反抗してみようとするものの全ては卓男のペースで進められていく。
    「タイムテーブル」ほか全8編。
    装画:できやよい 装丁:木庭貴信(オクターブ)

    「チェルシーとドライブ」のモラトリアムな感じが
    「夏の出口」と似ている。年齢は全然違うけど。
    「君のためにぼくがつくった愛のうた」とか
    「運命の青」とか思い込みが激しすぎる人が多い。
    他人事だから面白いけれど実際にいたらやだなぁ笑
    「スターウォーズエイジ」が一番甘い。

  • 面白かった。ダメなオトコに惹かれる女心。勉強になります。

  • 3.8

  • ダメな男に惹かれてしまう私、っていうのが理解出来ないのですが、楽しく読む事が出来ました。

  • ダメ男とそれにつきあってしまう女たちを描いた短編集。

    うーん、期待せずに読んだんだけど、なかなかよかったです。R18賞をとった作家さんらしく豊島ミホさんに通ずるものがあります。面白いので作家読みしてみようと思います。

    私が一番、印象的だったのは「タイムテーブル」。私自身も計画魔だったことがあり、この彼氏は身につまされます。「だってガイドブックに書いてあったから」・・このマニュアル本に頼ってしまう感じ、わかるなあ。
    でもこんな男、即効切るでしょうと思いきや切らない女はなんと優しい・・。切ったほうがいいと思うけど。

    全体としてダメ男に共通するのは「こんな仕事、ぼくじゃなくてもやれる」とか「平凡で終わりたくない」とかそういうナルシズム。結局いい男というのは平凡な日々を淡々と送れる男ということなのかな

  • あんまり印象に残る話がなかった。
    薄ぼんやりしてる。

  • なんか、イライラするなぁ。甘ったれていて、みっともなくて、どこか「ダメなやつ」の匂いがする人物たちの日常がごたごたに盛られた短編集。味はまさにC級のフルーツパフェ。あえて低俗感を狙ったような内容の短編たちは、これ!というものがなくて、なんとなくぼんやりとしている。

全9件中 1 - 9件を表示

吉川トリコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

C級フルーツパフェを本棚に「読みたい」で登録しているひと

C級フルーツパフェを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

C級フルーツパフェを本棚に「積読」で登録しているひと

C級フルーツパフェの作品紹介

あんな男なのに、こんなにも好き!鈍感、自分勝手、神経質、うだつが上がらない…なのにキュートでしかたない男たちと、必死に愛する女たち。行き着かない思いに、もどかしさと愛おしさが溢れてくる快作短編集。

C級フルーツパフェはこんな本です

C級フルーツパフェの文庫

ツイートする