星空の下のひなた。

  • 43人登録
  • 2.95評価
    • (2)
    • (1)
    • (11)
    • (4)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 樋口直哉
  • 光文社 (2008年11月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334926021

星空の下のひなた。の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夫のいる女性と関係が危うくなっている29歳の
    僕は、15年前の夢を繰り返し見るようになる。
    当時、僕は虎猫「ひなた」と柚原という少女に
    まつわる忘れられない体験をしたのだ…。
    猫と料理と流れ星がつなぐ、命の希望の物語。

  • 15年前の虎猫の"ひなた"を介して出会った少女とのこと
    今と過去とお話が行き来

    読み終わって…淡い色合いのイメージ

  • スノードロップの話、どこかで聞いたことがある。
    石。また出会えるよね。

  • 夢を繰り返しみながら過去と現在を繋げていく作品。
    淡々と進んでいった。

  • 猫と料理と流れ星がつなぐ、“夢と現実”“過去と現在”のあわいに命の希望を描いた気鋭作家の書下ろし長編小説。

    ネコが出てくる小説というので読みました。
    でてくる料理の描写がおいしそう。

  • 不思議な雰囲気の小説
    29歳、料理ライターの僕
    恋人は3歳年上、人妻
    15年前の、中学生だった僕
    捨て猫が結んだ不思議な縁の病弱な少女

    過去の夢、現実が交差しつつ
    すべてはひとつになり、不思議なラストを迎える。。

    とても温かな気持ちになれる作品でした
    この人の本、もっと読んでみたいな

  • 2008/12/08-2008/12/09

全7件中 1 - 7件を表示

樋口直哉の作品

星空の下のひなた。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

星空の下のひなた。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

星空の下のひなた。を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

星空の下のひなた。を本棚に「積読」で登録しているひと

星空の下のひなた。の作品紹介

正直に言うと、僕にも忘れられない人が一人だけいる-15年前の夏、中学生だった僕は"ひなた"と名づけた虎猫と柚原という少女にまつわる忘れられない体験をした。29歳、料理人をやめてフードライターとして日銭を稼ぎ、夫のいる女性と続けている関係が危うくなってきた今、僕は当時の夢を繰り返しみるようになる。柚原とその兄の秘密、彼女の祖父と隕石の不思議な話、二人で見た奇跡のような流星群…時を経て、偶然にも再び訪れることになった思い出の地で、僕が出会ったのは-猫と料理と流れ星がつなぐ、"夢と現実""過去と現在"のあわいに命の希望を描いた気鋭作家の書下ろし長編小説。

星空の下のひなた。はこんな本です

ツイートする