野良女

  • 393人登録
  • 3.41評価
    • (25)
    • (69)
    • (92)
    • (20)
    • (6)
  • 103レビュー
著者 : 宮木あや子
  • 光文社 (2009年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334926694

野良女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずっと彼氏がいなかったり、
    不倫だったり(しかも典型的な)、
    DV男だったり(条件が揃うとほぼDV、というのには笑った)、
    親子くらい年の離れた人とだったり、
    夢追い人だったり(まぁこれは一番ましだった)、
    結婚したいけれど前途多難な面々。
    男性遍歴豊富な5人のアラサー未婚女性の恋愛模様を描いた連作短編集。

    官能的で耽美的な花魁の世界を描いた「花宵道中」とは180度趣を異にして、
    ただ激しく下ネタで、その下品っぷりにたまげました。
    宮木さんどうした。というかこっちが素ですか。
    私も同年代だけど、女友達とこんな赤裸々な話、したことないししたくもないわ(笑)。

    それにしても、確かに彼女らの周りはダメンズが多いとはいえ、
    自分のこと棚にあげ、傲慢すぎやしませんか。
    多少恋愛経験豊富だからって相手見下してたら関係築けない気がする。
    笑えはするけれど、共感はできないなぁという感じ。

    彼女たちに、というよりも、
    彼女たちとかかわる男性たちに幸あれ、と思った。

  • 恋に仕事に婚活に、今日も酒を片手にアラサー女子が突き進む。この下ネタ満載、下品さ、赤裸々な生態はまさに野良女。しかし、時に豪快に、時に切なく、それぞれの悩みを抱え、愛おしさを感じる彼女たちです。宮木さんだからこそ、いっそ突き抜けて、ある意味爽快ささえ感じるストーリーですね。

  • レビューを見ると、こんなに評価の別れる作品も少ないのだろう。
    赤裸々とも言われているけれど、キャラは相当にデフォルメされて描かれている。
    こういう「肉食系女子」たちを、キャラを立てつつそれぞれに書き分け、しかも組織とは無関係に、ひとつながりの友達サークルとしてリアルに創造する作者の力量にスタンディングオヴェイションしたい。
    世の中見回しても、こんな人たちはいないだろうし、宮木さんの理想の女性、もしくは理想の女友達関係なのだろうと思う。さっぱりとしてあっけらかんとしている割に、友達思いで、熱いものが通っている。
    「憧憬☆カトマンズ」のときもそうだったけれど、みな仕事はできる人ばかりで、それぞれに自立している。また外国や外国語とか、コンピューターなど理系的なものに抵抗がなく、世界が広い。
    カトマンズと違うのは、横山さんのように、自分にあまり自信がなく、このできるオンナたちにあこがれている、もう少しふつうの女子がおかれている点。でもその横山さんだって、派遣であまりにできるから正社員に嘱望されてるって人だから、やっぱり普通の女子ではないのだろうな。

    おかれている状況は、物語として十分に劇的で、かつどこかにありそうで、
    その劇的具合や、上記のようなあまりにできすぎのキャラクターが人によっては、非現実的でライトな読み心地となり、面白いけれど心に残らないという感想を起こさせ、それなりに厳しい状況を自分でも体験している人には、また仕事はわりとできるほうだと自分を分類している人には、リアルで意外に重いという感想になるのだろうと思う。

    「雨の塔」系の作品から入った人には、この世界が受け入れられないというのはわかる。
    あれもこれも両方好きというタイプは少ないかもしれないから、今さらだけどペンネームで書き分けると良かったのかもしれない(乙一のように)。

    できすぎているかもしれないけれど、夢と希望のあるエンディングはうれしかった。

  • どの章の登場人物も過去や現在や未来の自分のようで若干こわい。でも、すごくすごくいとおしい。リアルな下品さに大笑いしながらも、こりゃモテねーはずだわ、と己をふりかえった。

  • 2年もご無沙汰で内膜症になってしまった鑓水の「尻の穴に座薬」
    無口なとび職が気になるオヤジ好きのお嬢朝日の「くちびるから松坂牛」
    カナダに彼氏がいるのに母から男を紹介される壺井の「太陽にぽえむ」
    男に殴られるのが好きだが営業先でオタクに捕まる桶川の「模型だらけの俺んち」
    不倫相手の子どもを身ごもり自殺を図る横山の「曇りガラスの三十代」
    壺井はカナダの男に愛想を尽かしてパン屋のバイトを始め、
    桶川はコスプレ男への思いを確認し、
    鑓水はセックスレスの相手に結婚しようと言われ、
    横山やプリチンを訴えて正社員となり、
    朝日は彼と一緒にいるために仕事を辞める「愛して野良ルーム」
    装画:瀧波ユカリ 装丁:木庭貴信(オクターヴ)

    表紙からおわかりの通り江古田ちゃんが苦手な人にはおすすめできません。
    アラサーの恋愛事情が赤裸裸に綴られています。
    キャリア系女子が仕事と恋愛を両立、っていう話は多いけれど
    派遣だったりお嬢様だったりと
    仕事に重きを置いていないアラサー話って少し珍しいかも。
    キャラクタとしては桶川のさばさばしたところとか
    鑓水のものすごい喩えかたが面白くて好き。

  • 爆笑。なんという下品さ。でも爽快!さすが著者です。
    日常をたたかう女達の連作。桶川が強烈だったなあ。綾波プレイには涙が出そうだった。(笑いすぎて。)

    ツボにきたのが多すぎました。
    「今までにあなたにふられたエグゼクティブかっこ笑いかっことじたちが泣いてるよ」
    「しかしとにかく自作ポエムだけはだめだ。ふたりの愛を破壊する。」
    「あと鑓水の場合は(中略)テニスやゴルフなどシャツをズボンにインして行うスポーツも憎んでいる」
    「……その勢いでわたしのこともあなた色に染めて!」
    「良い殴り方をする人はすごかったんだなあって」

  • いやもう下品。ものすごい下品。
    下品が過ぎて、清々しいくらい下品。
    心が洗われるほど下品。

    読者への気配りも、世の男性に対する配慮も何もかも投げすて、宮木は進む。
    あたしは女よ。何が悪い。
    その堂々とした態度。胸がすく。

    男性の皆さんは何コレ、と眉をひそめるだろう。
    あたしはこんなこと考えてない、なんて
    カワイイ女子はドン引きだろう。

    でも、これがオンナの「本音」。
    この本を読んで初めて、男と女が対等の立場に立てたのを実感した。


    一番笑ったのは「チンコ芸」。
    この年になったら男もひとつやふたつチンコ芸を持ってるもんよ、って、そうなの?
    いろいろな意味で、公共の場では読めない本です。

  • こんなに赤裸々に語っていいのだろうか?
    年代の差? 時代の差?
    これほど友人たちのことを知り尽くしていたら言いたい放題だわね。
    自分の悩みって他人からしてみれば全然たいしたことないのかも。きっと、そうね。

  • ものすごく下品だけどf^_^; 読んでいくと面白い。この内容で悲劇ぶったキャラだったらよくありそうな話になるだろうけど、つまんないだろうなー(;´Д`A なんかあっけらかんとして、道端でうっかり虫や鳥の交尾見ちゃった時みたいな気分かも。

  • アラサー女達の
    恋と仕事と結婚とみたいな話かと思ったけど
    まぁ、そんな話なんだけど
    やりたい女の人達の話でした。

    こんな話ばっかりしてるんだ、この人達。
    そうなの?
    私の周りにはそんな人いなかったけど。
    今のアラサーはそうなの?
    そんな人もいるんだろうけど。

    いやぁ、どうかねぇ。
    ちょっと下品すぎて
    少々疲れました。

全103件中 1 - 10件を表示

宮木あや子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有川 浩
宮木 あや子
宮木 あや子
伊坂 幸太郎
宮木 あや子
宮木 あや子
森見 登美彦
宮木 あや子
有川 浩
有川 浩
有川 浩
宮木 あや子
有川 浩
東野 圭吾
有川 浩
有川 浩
森見 登美彦
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

野良女に関連する談話室の質問

野良女を本棚に登録しているひと

野良女を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

野良女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

野良女を本棚に「積読」で登録しているひと

野良女の作品紹介

幸せになるまで死ねません!恋も仕事も夢見る少女じゃいられないアラサー女子の、心の叫びがこだまする!笑って泣いて仲間と飲んで、明日もがんばる痛快作。

野良女の文庫

野良女のKindle版

ツイートする