ジョシカク!

  • 61人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (6)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 黒野伸一
  • 光文社 (2010年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334927264

ジョシカク!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • そこまで物語に引き込まれるわけでもない。って感じ。。。語りかけられてるような口調の文はおもしろいと思うけど…まあ。。。

  • ジョシカク=女子総合格闘技のことだと、この本を読んで初めて知った。格闘技は観るもやるも無縁な世界だけど、いやはや読んでみるとおもしろかった。
    モデル事務所に所属するも、常に崖っぷちに立っている美麗。男運も悪く頭も悪い。そんな美麗が事務所の思惑によりジョシカクでプロデビューを果たすーー。
    おバカなんだけど、美麗のキャラクターがなんとも憎めなくて、ついつい読み手の自分まで燃えて来ちゃう、そんなお話。出来すぎではあるけど、終わりもいい感じ。続きを気長に待ちます。

  • 面白い、と言うのか。

    いや、面白くないわけではない。

    一気に読む勢いはある。

    読後感も悪くない。

    ただ…
    内容が薄いように思ってしまうんだよな。
    それが一人称で書かれたものだからなのか、内容が青春で、さらっといているからなのか、それはちょっと分からない。
    読んで、「損した」とか「読まなければよかった」とかはない。
    さわやかです。
    難しい話と難しい話の間、インターバルにぴったり。

  • 女子格闘技選手の成長。まあまあだな。
    2011.6.14

  • 相変わらず黒野さん節炸裂。格闘技は詳しくないけど、読みやすい文体のおかげでスラスラ読めた。

  • 20101030

  • 選手のインタビュー集かな?と思って読んだが小説でした。

    けれども、マイナー競技ならではの世間の注目を浴びる為の仕掛けなど「うん、うん」とうなずきながら読みました。

  • 黒野さんは「万寿子さんの庭」が結構よかったので、新刊ということで読んでみたんだけど、まったく違った作風。あちらはユーモアありの人生しみじみって感じだったけど、こちらはYAぽい青春スポーツものだった。主人公の美麗ちゃんの胸がデカイことだけが取り柄なんて揶揄されるし、お気軽女風なんだけど、実は優しくて男につくす古風なタイプ。その彼女がいかにして巻き込まれながら、成長していくかって話。格闘技全般うとく、いわんや女子格闘技―ジョシカクという世界を全く知らなかったけど、読み終わって、検索してみれば、実在も実在。「ジュエルズ」の選手やラウンドガールの方たちは、小説同様は、これが格闘技の選手かと思うほどのかわいさと普通さ。黒野さんは体当たり取材の後に書きあげたらしく、出版記念のイベントにジュエルズの面々とにっこりの写真発見。http://gbring.com/sokuho/news/2010_08/0828_jewels.htmジュエルズの面々はにっこりかわいい笑顔。普通これだけ女性に囲まれるとニヤけそうだけど、彼女たちの戦う姿を知ってるから黒野さんはニヤけてないわけか。

  • ジョシカク、とは「女子総合格闘技」のこと。
    極めてマイナーな業界に、うっかり足を踏み入れた女子のお話だ。
    腹がたつくらい駄目な女性を描くのが黒野伸一ってうまいのかも。

  • この本も日経新聞の書評欄を見て、読んでみた本です。
    大体二時間くらいであっという間に読めてしまいました。
    こんなことあるわけないじゃん、というストーリーですし、特に感動があるわけでもないのですが、とても読みやすかったせいか、最後まで一気に読みきりました。

全11件中 1 - 10件を表示

黒野伸一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジョシカク!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ジョシカク!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョシカク!の作品紹介

「あと一ヶ月で七キロ絞れ。じゃなきゃ契約破棄。クビ」-所属事務所から最後通告されたモデル兼ラウンドガールの浅田美麗。痩せようと通いだした格闘技スクールで、あれよあれよという間に才能を見出され…。お調子者で巻き込まれ型の十九歳が、恋に人生に女子総合格闘技に闘魂を燃やす。

ジョシカク!はこんな本です

ツイートする