吸血鬼と精神分析

  • 142人登録
  • 3.60評価
    • (7)
    • (17)
    • (16)
    • (1)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 笠井潔
  • 光文社 (2011年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (803ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334927837

吸血鬼と精神分析の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 矢吹駆シリーズ第6作。相変わらず分量的にも内容的にもすごいボリュームで、もはやミステリというより学術書。
    女性が血を抜かれて殺されるという連続殺人にモガール警視をはじめ警察が翻弄される中、ナディアは前回の事件の後遺症に悩まされて精神医のもとを訪れる。そこで知り合った少女に奇妙なことを頼まれたことから、彼女も事件に巻き込まれ…
    ラカンをモデルにした精神分析、ルーマニアのドラキュラ、キリスト教義などさまざまなピースが組み合わさって複雑な話を織り上げているが、もう少しシンプルに書いてくれないものか…と思うのはこちらが年をとったからだろうか。
    今回はカケルの出番も多いし、イリイチもチラッと登場。ラストの黒幕(?)には驚いたが、ムーミントロールの存在感が(ストーリー上)すごいのにはちょっと笑った。

  • 好きな人はすごく好きな内容だと思う。
    あまりにも講義のページが長くて私には合いませんでした。

  • 今回はジャック•ラカンとジュリア•クリステヴァ。浮世離れした観念的議論ばっかりしてるカケルは毎度楽しそうでうらやまけしからん・・・というだけじゃなくて、猟 奇連続殺人事件の謎解明へと繋がっていく。過去作のような強烈な論敵がいないからイマイチ盛り上がりに欠けるが、思弁的な内容でリーダビリティが高いのは単純 にすごいし、地母神信仰のメタファーに吸血鬼もってくるとは恐れ入った。それはそうと前からちょっと 思ってたことだけどイリイチって若干ドジっ子属性あるように思う

  • 事件はテンポ良く起きるんだけど、どうも進まない。
    飛ばし読みしようかと思ったけど分量が多いので挫折。
    読んだのは1/5程度。。。
    難解すぎたかな。私の気力が足りなかった。
    評価は高いので自分が残念!!

  • 頑張って読破

  • 読了感満載。何度か理解不能に陥りましたが、今回も多くのことを学ばさせて頂きました。もはや学術書。想像するに難い笠井さんの知的情報量。

  • いやぁ、読んだ!
    哲学と宗教学と精神分析学の蘊蓄が凄い。これに耐えられなきゃ、この本は読めない。

  • 『オイディプス症候群』でひさびさに復活した矢吹駆(カケル)とナディア・モガールが送る哲学ミステリー。怪異な要素を多分に帯びた連続殺人事件を現象学を駆使した「本質直観」よって解明するというスタンスは変わらないものの、『哲学者の密室』で極点に達した実存を巡る差し迫った危機感は和らいでおり、安心してページをめくることができる。題名から明らかなように、本作ではこれまで笠井潔が固執してきた観念論から距離を置き、身体論に重きを置く心理学に焦点を当てている。フロイト、ラカン、クリステヴァなどを批判的に検証することで、「神とはなにか」という命題に迫ろうとしている。そもそも現象学やそこから派生した実存主義も、コリン・ウィルソンが指摘しているように生々しい身体論に行き着くように思う。カケルの宿敵であるイリイチが『オイディプス症候群』でHIVに感染したという設定を複線として、笠井潔がどこに論点をもっていくのか。免疫疾患とは異物を「異物」と認識できない状態であり、他者性が曖昧になるという視点から、いろいろ転回できるように気がする。

  • タイトルからして奮っているので、シリーズ未読ですが手に取ってみました。
    さあ果たしてどう絡めてくるのかとわくわくしながら読み進めてましたが、うーん…難解な言い回しはしているけど、理解は表面的で通俗的な思いこみの域は脱してないような印象。私は分析派ではないし、ラカンは好みではないのもあるかもしれないけれども。
    小説ではなく教科書書き写したものを読んでいるみたいで、端的に言って面白くない。
    例えば同じように分析を語っていた京極さんの狂骨なんかは、そのものの専門用語使ってなくても本質的にしっくりくる感覚があって、物語に上手く落とし込めてるなあと思うんですが。

全27件中 1 - 10件を表示

笠井潔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チャイナ・ミエヴ...
フェルディナント...
綾辻 行人
ジェイムズ・P・...
伊坂 幸太郎
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

吸血鬼と精神分析を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

吸血鬼と精神分析を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

吸血鬼と精神分析の作品紹介

パリ市東部に位置するヴァンセンヌの森で女性の焼屍体が発見された。奇妙なことに、その躰からはすべての血が抜かれていた。続いて、第二、第三の殺人が起こり、世間では「吸血鬼」事件として注目される。一方、体調不良に悩まされていた女子大生ナディアは友人の勧めで精神医のもとを訪れる。そこでタチアナという女性に遭遇し、奇妙な依頼を受ける。各々の出来事が、一つの線としてつながったときに見えてくる真実とは…。ナディアの友人である日本人青年が連続殺人の謎に挑む。本格探偵小説「矢吹駆」シリーズ第6作。

吸血鬼と精神分析の単行本(ソフトカバー)

ツイートする