変若水

  • 87人登録
  • 3.55評価
    • (3)
    • (19)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
  • 25レビュー
著者 : 吉田恭教
  • 光文社 (2011年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334927844

変若水の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 決して覗いてはならない儀式。小さな山村で岩蔵一族の掟は絶対。だけど富一はひとり儀式を覗きに行き… それから64年。

    向井俊介は、突然死した幼馴染のPCにウィルスメールが送られていた事を知る。幼馴染の死に疑いを持った向井はウィルスメールを送ってきた相手を突き止めるがその友達も突然死していた!ふたりのメールからある病院の告発文章を見つけた向井はどんどん事件に深入りしていく。そしてたどり着いた先はあの雪深い村、岩蔵一族がはびこる変若水村だった。

    決して覗くなと言われたら覗きたくなる気持ちはわかる。あ〜見つかるのかな、どうなるのかな、儀式とはどんなものかなとドキドキハラハラ。
    64年が経ち、富一と向井がふたりで儀式を覗こうとするのが面白い。懲りない人たちだ。

    おどろおどろしい村の雰囲気は好きだし、64年前と現在の人物が交わるのも面白い、向井と富一の関係もいい、事件もよく考えられていると思う。だけど、とにかく長い。もう少し色々削ってスマートにした方いいような。

    主人公の性格がちょっと好きになれなかった。キャバクラ好きな設定とかいるのだろうか。それに厚労省というのをひけらかしたり、仕事を楽と言ったりするのはどうなのだろう。
    だけどデビュー作でここまで書けるのはすごいと思う。機会があったらまた読んでみたい作家さんだ。

  • 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作 
    著者ご本人から、Twitterでフォローされ、教えていただく♪
    おもしろかったです~!かなり読みでがありましたが、一気読み!
    医療ミステリーちっく、だけどそれだけじゃなくて・・・現実感はあまりありませんが、医療知識もすごいし、存分に楽しませていただきました!
    次回作にも、もちろん期待大です!!

    いやー、知念実希人さんの 『誰がための刃 レゾンデートル』も面白かったし、深木章子さんの『鬼畜の家』もだったのか~!
    これは他の作品も、そのうち読んでみなくちゃですね~!!!

  •  富一さんの悲劇に引き込まれ、すらすら読めてしまった。俊一さんの推理が強引で、そんなに早まっていいのか?おいおいまてよ、と思いつつ・・・ページをめくりました。いろんなものが詰め込まれていて、読了後に力入っているなーと感じました。
    富一さん、影が薄くて少し物足りないとも感じた一冊。

  • 最初の本だから・・・と手に取る
    力入ってます

  • 人に威張れるほどのミステリーマニアでもないのだがこのおどろおどろしいタイトルとプロローグには一目惚れ、「たたりじゃ〜」の再来に胸を膨らませたのだったが…
    結論を先に言うとすごく面白いしシーンの緩急も絶妙で分厚い本を飽きさせずに読ませる筆力もある、が何かが足りないような気がしてならない。医療ミステリーに在りがちなのだがトリックにエピネフリンやダーマボンドを使われても名前すら知らない読み手は「そうなんだ」と納得するしかなく推理もへったくれもないのはマイナスポイント。
    そしてやはり話の中心となるべき因習の雛祭りのタネ明かしがあっさりしすぎなのか最大の手落ちなのだろう。
    そう思うと横溝正史先生は神なんだなと今更ながら思うのでありました

  • まず、エピローグが不気味です。雪深い村で行われる旧家での行事、それを見てしまった少年への折檻、そして話は現代の東京へ飛びます。厚生労働省に勤める向井俊介が幼馴染の急死を謎に思い調べていくうちに、エピローグの村「変若水村(おちみずむら)」という奇妙な村にたどり着きます。ちなみに「変若水とは:飲めば若返るとされる不老不死の水」という意味をもちます。最後はパズルのピースが埋まるように鮮やかに謎は解けていきます。ちょっと横溝正史を思わせるミステリです

  • 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作。

     厚労省に勤める向井俊介は、幼馴染で女医の玲子といつものように軽口を叩きあって別れた。まさかそれが最後のあいさつになるなんて・・・。駅で倒れた幼馴染はそのまま他界。突然の出来事に信じられなかった俊介だったが、玲子の遺品を整理していた母親から連絡を受け、パソコンを調べることに。彼女の女医友達・広瀬千秋からのウイルスメールのせいでパソコンのデータは壊れてしまっていた。一体なぜ?持前の知識を生かし、破壊されたメールデータを見た俊介は、玲子がある患者の症状が狂牛病ではないかと疑っていたことを知る。もしそうだとすると、大変なことになるし、玲子は殺されたのかもしれない。上司にも報告し、なんとしても真相を暴こうと俊介は元恋人で現在は上司の霧島美咲と事件を追う。

     何十年も前のある閉鎖的な村と、現代の俊介の話がどう繋がるのかどきどきしながら読み進めた。捜査方法がハッキングとか違法すぎる気がしたのと、あまりにも家系が複雑で理解しきれなかった部分はあるものの(家系図つけてほしい)、キャラ付もしっかりしていたし最後まで楽しめた。

  • 膨大な量の医療知識を絡ませ、スピーディーな展開で読み易いところに作者の筆力を感じました。
    トリックが医療技術という斬新且つ新鮮なものだったのに対し、動機が旧家一族の風習という古めかしいものを絡ませているところが非常に興味深かったです。
    しかし、タイトルである「変若水」と一族がひた隠しにしていた「雛祭りの儀式の謎」が、あまり魅力的でなかったのは残念でした。富一爺さん等の好材料を活かし切れていなかったのも勿体ない気がしました。

  • 仕掛けそのものは凝っているな~という感じ。大したものだと思いました。

    が、いかんせん展開が都合良すぎ。
    主人公のみならず、周囲の人たちの予想やら推測やらが当たりすぎ。
    しかも魅力的な人物がいないので、真相に辿り着いてしまえば、ああそうですかで終わり。

    冒頭がハラハラして、見てはいけない雛祭りってナニ!?と期待し過ぎたようです。
    あのおじいちゃん、完全に出落ち状態。もったいない。

    いらないくだりもたくさんある気がいたします。
    閉ざされた村の、秘密の儀式にもっと展開を絞れば面白い気がするなあ……

  • 島田荘司選のばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作で、しかも閉ざされた村の怪しい一族の怪しい儀式という題材に惹かれて読みました。
    主人公が推察レベルでしかないことを確信して行動し、その推察がことごとく当たっているという展開と、妙に説明じみた台詞が不自然で気になりました。
    月神神社に向井が足を踏み入れたシーンなどもあっさりしすぎていて、「絶対に覗いてはならない岩蔵一族の雛祭り」という魅力的な設定があまり生かしきれてなかったような気がしました。変若水村の冨一や岩蔵一族のターンは面白かったんですが、序盤の向井のターンがあまり面白いと思えず。題材はすごく好みなのになぁ。

全25件中 1 - 10件を表示

吉田恭教の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
麻耶 雄嵩
湊 かなえ
湊 かなえ
横山 秀夫
青崎 有吾
河合 莞爾
米澤 穂信
沼田 まほかる
綾辻 行人
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

変若水を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

変若水を本棚に「積読」で登録しているひと

変若水の作品紹介

厚生労働省に勤務する向井俊介は、幼馴染の女医が突然死した真相を追及するうち、ある病院を告発する文書の存在を掴み、島根と広島の県境にある雪深い村にたどり着く。そこは変若水村。ある一族の絶大なる支配のもとに、誰も見てはならないとされる雛祭りが行われる奇妙な村だった。相次ぐ突然死と、変若水村で過去におこった猟奇事件の謎に向井が迫る-。島田荘司選第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作。

ツイートする