スイングアウト・ブラザース

  • 480人登録
  • 3.08評価
    • (7)
    • (61)
    • (107)
    • (44)
    • (6)
  • 114レビュー
著者 : 石田衣良
  • 光文社 (2012年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334928001

スイングアウト・ブラザースの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 30代男3人組が彼女をつくるべく頑張るストーリー。
    高校生がそのまま大きくなったような感じ。笑える箇所もちりばめられています。
    モテナイ男という感じですが、案外、世の男性はこんな感じのなのかな。
    モテモテ男なんて、そうそういるわけじゃない。自分に自信がある男もそうそういないと思う。
    案外、この3人は一般的かもしれない。
    女だって同様。
    人間てだから面白いのかもしれない。

  • 同じ時期に彼女に振られた30代の男3人。男性向けエステの第一期特待生になった彼らはそこで外見に気を使うこと、それでいてファッションに気を使いすぎないこと、相手の気持ちを理解することなどを学んでいきます。
    男同士の漫才のような掛け合いが面白い。3人ともタイプは違うけれど、それぞれに好感が持てます。

  • こうやって頑張る男性は好ましく思う。
    私も頑張ろっと。

  • 男性向けエステの腕利き講師たちによって、身体と心をグリグリと鍛え上げられる仲良し地味男三人組!。そそんな彼らが段々気づいていくこととは??
    ある意味、女性目線で溜飲が下がる^_^;お話と言えるかも、でございました。

    ほぼ同時に彼女に手ひどく振られてしまった、大学同期の三人組男性たち。
    気はいい人たちみたいだし、この不景気の時代に、ゲーム会社のブログラマー、信用金庫の顧客係、清涼飲料水メーカーの営業職、と正職にも就いている。
    そして、何より三人の気の置けない仲の良さが楽しそうだなぁ、彼らのお気に入りの焼鳥屋さんも美味しそうだなぁ、と思えたのですが・・・。


    彼らの学生時代の憧れの先輩・美紗子姫が外見を磨くだけではなく、知性と教養に、女性への接し方まで学べる男性向けエステサロンの開業準備中、ということで、三人を特待生に。
    そこで学ぶあれこれが、これまでの男性の常識(=それが女性の常識でもあったところがポイントだと思うのですが)を覆すもので、うん、そっか、そうだよね、と軽いタッチながら、面白く読みました。

    美紗子曰く、
    「女性はいつも誰かに美しさを比べられて、魅力や欠点を探される・・」

    うん、そう言われてみれば、確かに私も、一応は無意識に外見に気を配って、自分にあった服を選んだり、お化粧したり、お肌のお手入れをしたりだなぁ。特に若いころ、というか、10代のころなんて、自分の外見のことだけでどんなに悲しい思いをしたか、なんて思い出したりね。

    男はそんな戦場(*^_^*)には足を踏み入れず、ただ、外野として女性の外見を見比べていればいい、っていうのはどうよ?という方向になってくると、うん、そうかも・・と。
    そして、マッサージによって気持ちよくなる過程において、セックスの際の女性の気持ちを慮る、なんて講義まであったり、女性との会話とかきっかけとかの講義もユニークなもので面白かった。(*^_^*)


    三人組がそれぞれ、好感を持てる男たちではあっただけに、その後のエステ体験で、そうだよね、ここは確かにまずかったと思うよ、と読者として知らされ、そして、段々に気持ちの根本&スキルとしていいものを身につけていく過程は、大人の「成長物語」として楽しめました。

  • 同時期に失恋した3人の男たちが、美紗子先輩のエステサロンで外見と内面を磨いてモテ男になるためにがんばる。正直、モテたいという気持ちはわからないのだけれど、がんばる3人のことは応援したくなった。一般的な女性が男性のどこを見ていてどこに惹かれるか、いっぱい書いてたけど、これ一般的に当てはまるのかな。美紗子先輩か詐欺師だったらどうしようと思ってたけど、そんなことはなかった。どうでもいいけど、美紗子先輩と聞くとファブリーズのCMを思い出す。

  • 可もなく不可もなくって感じ
    男のモテに肌の綺麗さって必要かなぁ?

    二週間に一度本屋に行くのはいいと思った
    女性もこれはしたほうがいいなと

    普通だった

  • コンカツ?のシリーズと思って読んだけど、コンカツより面白かったかなあ。女性としては嬉しいことがたくさん書いてあるけど、男性からしたら、素直に受け入れられる小説なのかは気になりどころ。
    あとは所々時代を感じる描写があったけど、変わらないんだなあと思える部分もあったので、ある意味勉強になりました。
    2017.01.24

  • 同時期に彼女に振られた30代の男3人がモテ講座で成長していく話。この本では男女間だったけど、どんな人に対しても使えそうな事がたくさん書いてあった。そういう意味でけっこう参考になった。

  • モテない男たちの改造講座物語
    ありきたり

  • 婚活のハウツーもの?あまり現実的に思えない。盛り上がりにかける。

全114件中 1 - 10件を表示

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

スイングアウト・ブラザースを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

スイングアウト・ブラザースを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

スイングアウト・ブラザースを本棚に「積読」で登録しているひと

スイングアウト・ブラザースの作品紹介

ほぼ同時に彼女に振られて失意のどん底にある三人は、大学時代の同級生。あこがれていた先輩・河島美紗子と再会し、彼女がはじめた男性向けエステの第一期特待生になった。見た目だけでなく内面も磨き上げ、目指すはずばり、モテ男。空振り三人組は美紗子が揃えた腕利き講師たちが用意する課題の数々をクリアし、見事モテ男になれるのか。

スイングアウト・ブラザースの文庫

スイングアウト・ブラザースのKindle版

ツイートする