ミーコの宝箱

  • 166人登録
  • 3.91評価
    • (25)
    • (38)
    • (26)
    • (2)
    • (1)
  • 44レビュー
著者 : 森沢明夫
  • 光文社 (2013年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929022

ミーコの宝箱の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやぁ~森沢さん泣かせてくれますなぁ(ToT)もう最後なんて号泣ですよ゜゜(´O`)°゜それから心に響く名言も盛りだくさん!この言葉を心に刻んで生きていけば素敵な人生を送れそう(^^)d

  • 両親とは縁が薄かったのかもしれないけれど、祖父母に育てられたのは正解だったんじゃないだろうか。
    毎日小さな宝物をみつける。道端に咲いている花をみつけたとかそんな些細なことでいい。いいな、それ。
    ありがとうの手というのもうまいこと言うわ。
    「心ってね、傷つかないで、磨かれるだけなの」(p.283)
    そう考えると、ちょっと嫌なことがあっても心がピカピカになると喜べそう。
    そうありたいな。

  • いつもの森沢さんのものとは少し違って、生々しい表現もあって最初は驚いたけど、やっぱり森沢さん的な一冊だった。
    心は傷つくのではなく磨かれるって一節にとても感動した。

  •  いきなり風俗嬢の話で、これは失敗か?と思った。

     読み続けるうちに、読んで良かったと思った。

     祖父母の愛情の深さに涙が出ました。

  • 最初が強烈だったから、あぁこれ読めるかなって思ったけど、読み始めたらとまらなかった。好きなんです、「嫌われ松子」もしくは「横道世之介」系。

    言われたくないことを人に言わないのは簡単だけど、言ってほしかったことを人に言うのはすごく難しいと思う。
    自分の辛かった過去を娘に押し付けず、いってほしかった言葉、してほしかったことを惜しまず与える強さが、本当にすごいと思った。ありがとうの手と宝物を持っていたことこそが、彼女が幸せに生きていた理由だから、育ての親はまちがってない。
    色んな人を救ってきたミーコが、最後にチーコに救われて本当によかった。
    こんなお母さんになれるなら、母親になってもいいかな、と思えた。

  • 2016.8.27

  • (図)

  • ほろほろ泣きながら読了。

    森沢さんの作品はいつも読後感が本当に爽やかで温かい気持ちになる。

    おばあちゃんと絶縁状態のまま経過してしまったという経緯がなんとも悲しいけれども、ラストでおばあちゃんの想いが伝わる展開には三世代に渡っての想いのバトンのようなものを描きたかったのではないかなと勝手に解釈。
    完璧になんていかない。
    でも本当の想いがあれば愛情があれば
    それはいつか世代を超えても伝わる
    そんな作者のロマンのようなものを感じる。

    そして、随所に散りばめられた言葉の数々。
    「ありがとうの手」
    「心は傷つかない、磨かれるだけ」
    「小さな宝物を見つけるために目はあるの」

    光文社 2013年 
    装幀:白谷敏夫 
    写真:藤里一郎

  • 森沢明夫さんの「ミーコの宝箱」、2013.9発行。母と娘、ミーコ(恵・めぐみ)とチーコ(幸子・さちこ)の物語。愛おしさがこみ上げてくる短編・連作7話、素晴らしい作品でした!

  • 小学1年生の娘・幸子を抱えるミーコは介護士でありソフトSMの女王様。16でミーコを産んだ母親は失踪、父親は実家に預けて渡米、故に父方の祖父母に育てられた。優しい祖父と躾に厳しい祖母から宝箱を貰ってから始まったミーコの宝物探しの人生−

    ◆もっと早くこの本読みたかった。あと20年くらい(←まだ書かれてない笑)。そしたら私の子育てはだいぶ違ったよ、私、ミーコみたいなお母さんになりたかった。チーコ幸せだな。ミーコも幸せ。しかしなんでこういうイイ子にはクズ男が寄ってくるんだ、浅利文也みたいなヤツ本当ヤダ。

    【ネタバレ】「毎日、小さな宝物を見つけるために、目はあるの」と教えてくれたお祖父ちゃん。「ありがとうの手にしなさい、その手は他人様からお礼を言われるためにあるんだよ」って言ってくれたお祖母ちゃん。お祖父ちゃんが作ってくれた宝箱にはお祖母ちゃんが大事にしてた手鏡が貼り付けてある。「両親がいないからあんな風になる」と言われないように厳しく躾け、苛めに気づいても、ミーコが強くなるしかない、私たちが生きて一緒に暮らせるのもそう長くないから元気なうちに強い子にしてやらないとっていう本当の優しさ。

    中学の保健の先生奈々ちゃんとの関係、サークルの飲み会で見捨てられた酔っ払いを拾っちゃって恋愛ごっこがスタートした浅利文也との関係、デリヘルの社長・黒木竜介との関係、そして いよいよ明日結婚する26になったチーコとの関係。とにかくミーコが素敵だ。痛い目を見たことないわけじゃないけど、沢山宝物を見つけられる人。

全44件中 1 - 10件を表示

森沢明夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ミーコの宝箱を本棚に登録しているひと

ミーコの宝箱を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ミーコの宝箱のKindle版

ミーコの宝箱の文庫

ツイートする