雨のなまえ

  • 881人登録
  • 3.29評価
    • (26)
    • (98)
    • (195)
    • (41)
    • (2)
  • 140レビュー
著者 : 窪美澄
  • 光文社 (2013年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929053

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

雨のなまえの感想・レビュー・書評

  • リアルで読み終えると
    ずぅんと心が重くなる。
    だけど、癖になるというか
    また読みたくなるのが窪美澄。

    共感とはちょっと違うんだよなぁ。
    だけど、あぁ・・・ってなんか
    わかってしまう感覚。

    優しいような、痛いような、残酷なような。

  • 初めてこの人の本を読んだけど、確かにエロいいね。
    でもそれだけじゃない。背景、情景がくどすぎず的確に書かれていて、ストーリーもいい着地の仕方をする。
    別の作品を読んでみてもいいかなと。

  • 妻の妊娠中、逃げるように浮気する男・パート先のバイト学生に焦がれる中年主婦・不釣合いな美人と結婚したサラリーマン・幼馴染みの少女の死を引きずる中学教師・まだ小さな息子とふたりで生きてくことを決めた女。いずれも話も雨が絡む。冷たい雨、スコールのような雨、雷混じりの雨、雪混じりの雨、ポツポツと降る雨。一生懸命生きてるのに、天気まで仕打ちする…。雨のせいではないと分かりつつ、恨めしく空を見上げる。ごくごく普通の生活を送るために頑張っているのに気づけば袋小路に…。どこかにその分岐点があったはず。「普通」ってのは実に厄介。普通は普遍ではない。状況によって、その姿を変える。

    いかにもどこにもいてそうな人が、こぞって“タチが悪く”破綻をきたしていく。読みながら、話の起伏度はちと違うけど山本文緒の描く世界もそうだったなと想起。人間の心の深い部分に筆先を突き刺していくような筆致。身につまされる、重た~い話をぐいぐい読ませます。それにしても作家先生の❝業❞って、えげつないですわ。決して後味は良くはないけど、ヒリヒリと生々しくリアルな小説を読みたい方にオススメです。

  • 男性目線でも、女性目線でも書いてるとこがすごい。性的な描写も両方。

    雨のなまえがいちばん個人的にはよかった。
    どうしようもない男だけど、仕事は真面目にしてるし、たぶんこんな人いるんだろうな…と思わせる。
    実際にこんな人にあたったら嫌だけど、小説の中の人物としては憎めない。

  • 窪美澄は今年に入って出会った作家さん。

    どれを読んでも好きだなあ、っておもう。

    他のも読みたい。

  • 一話目に出てきた等々力さんが素敵(笑)
    どの話もモヤっとした気持ちにさせられたけど、つい引き寄せられてしまう。
    窪さんワールドだなと思った。

  • 窪さんの、家族、というものの捉え方なのかもしれないが、必死で堪えてる感じが、読んでしんどい。

  • 雨をモチーフにした短編集。
    目を背けたくなる様な人の気持ちに焦点を当てた、窪美澄さんらしいヒリヒリするカンジの作品。
    どのお話も気分暗めになりますが、唯一最後のお話だけちょっと救いがありました。

  • どれもなんだかずーんと
    重くなる話が多かった。

    雨の日に読んだから余計に。

  • よかったのは主婦が高校生に恋をする話。それ以外の短編は微妙だったかな〜。★は3つです。主婦の話で★3つです。窪美澄さんの書く作品は女性視点での物語のほうが好きなのですが、男性視点の作品の方が多いように感じます。ふがいない僕は空を見たの印象が強いからかもしれないです。

  • 雨をモチーフに描かれた5つの短編。同著者「ふがいない僕は空を見た」同様、人間の心を描く。「心の闇」とか「人間の暗部」とか安っぽい言葉しか思いつかないけれど、目を背けがちな部分を抜き取って作られる物語に惹かれます。

  • 雨にまつわる短編集。

    どのストーリーも切なさとやるせなさが漂っていた。

    すごい狂気を感じたのは『雷放電』かな。
    ラストのオチが怖すぎた。

    それから、最後の短編はシングルマザーとその息子のストーリーだったんだけど、この短編集に入っているストーリーにしては珍しく最後にすごく希望があってよかった◎

  • 2016.5.26
    最後の
    あたたかい雨の降水過程
    いちばん共感できた。

  • タイトルに惹かれて選んだ短編集。
    最後の『あたたかい雨の降水過程』が良かった。
    自分自身のことなのに、変わりたいのに変われないどうしようもない歯がゆさ。

  • "自問自答しながら、答え無し"の各短編。不甲斐ない、仕方ない、と言えばそうだし、、。曇りのち雨の感の中、どよーん、、とさせられながらも読まされてしまった♪。

  • 窪美澄らしい、毒の入った短編4編。
    一番印象に残ったのは「雷放電」。冴えない男が誰もがうらやむ美しい女を妻とし、幸せな結婚生活を続ける。妻は日
    がなけだるそうに過ごし、夫は働きながらその妻の世話をする。低いトーンで語られる物語の結末が実はサスペンスだったことをみじんも感じさせない筆力はさすが。

  • 登場人物たちはみな必死にもがいている。家族って一体何だろう?ヒリヒリと今の自分に刺さってきて胸が痛い。

  • *妻の妊娠中、逃げるように浮気をする男。パート先のアルバイト学生に焦がれる中年の主婦。不釣り合いな美しい女と結婚したサラリーマン。幼なじみの少女の死を引きずり続ける中学教師。まだ小さな息子とふたりで生きることを決めた女。満たされない思い。逃げ出したくなるような現実。殺伐としたこの日常を生きるすべての人に―。ヒリヒリするほど生々しい五人の物語*
    静かな波紋がじわじわと広がり、いつまでも消えない・・そんな読後感。どの主人公も描写が細やかで、知らない内に共感を抱いてしまうので、短編なのに物語に入り込めてしまう。なのに、最後の最後で裏切られる。心地よい敗北感。一筋縄ではいかない物語を求める方に、是非。

  • 妻の妊娠中、逃げるように浮気をする男。
    「雨の名前」
    男が浮気をしたのは、目の前に機会があったから。そして彼女の倦怠に絡めとられてゆく。終わりがきたのは突然だった。妻の破水の連絡と同時に、彼女が薬物の過剰摂取で救急病院に搬送されたとの連絡が入ったのだった。

    パート先のアルバイト学生に焦がれる中年の主婦
    「記録的短時間大雨情報」
    夫と息子と自分の生活の中に義母が入ってきた。義母は品があって美しく嫌いではなかったけれど、少しボケてきているのかもしれない。でも夫は義母の事も任せきりだ。パート先でアルバイトのイケメン学生とお昼を共にするのが楽しみだった。
    ある日電話が鳴る。夫の子を身ごもったと言う女性からだった。でも夫と別れて生きて行く勇気も無い。
    自分を慕っている様子を見せる学生のアパートを訪ねてみる気になったのは後悔したくなかったから。でもその結果は惨めだった。

    不釣り合いな美しい女と結婚したサラリーマン
    「雷放電」
    誰もが憧れる美人の美津が、まさか俺に心を寄せてくれるとは思っていなかった。美津のためなら何でも出来る。何でもしよう。仕事の辛さ、対人関係の難しさにも耐えられる。
    あの地震が起きて全て失ったけれど、美津は生き残った。辛さから逃げるように眠りに逃げ込む彼女だったが、美津さえいれば良かった。
    仕事を終え自宅に戻る電車の中で、俺が経験したのは何だったのか。俺は妄想の中に生きていたのか。

    幼なじみの少女の死を引きずり続ける中学教師
    「ゆきひら」
    妻は義父から虐待を受け、中学ではひどいいじめに遭い、だから結婚したら自分の事を誰も知らない場所で暮らしたいと言った。なので東京から離れた場所で教員採用試験を受け教師となった。自分のクラスはいじめがあった。幼なじみの少女がいじめに苦しんでいたのを助けてやれなかった後悔が、いじめの対象となっている少女に気持ちをかけさせるのかもしれない。
    学校の集団登山の時にそれは起こった。グループリーダーの言葉に少女は集団から離れ山の中へ駈け入る。自分はそれを追った。山中で助けを待つ間に心が通ったと思ったのだが、助けがきた時に少女が言ったのは・・・

    まだ小さな息子とふたりで生きることを決めた女
    「あたたかい雨の降水過程」
    子供が生まれて、夫といるのが息苦しく感じられるようになった。自分のわがままだと思ったけれど、どうしようもなかった。夫とは別居して、いま一人で息子を育てている。学校や学童保育のお母さんたちは苦手だ。けれど息子に母の気持ちは伝わらない。
    地震が起きた時、真っ先に考えたのは息子のことだった。息子を迎えに行かなければ。ようやくの思いで息子の元へ辿り着いた時、息子はおかあさ~んと叫びながら胸に飛び込んできた。

  • 少し暗くてジメジメした短編集でした。一番衝撃的だったのはストーカーのような男の子の妄想の話かな。

  • 教育現場の描写がとてもリアル。イジメのシーンは気持ち悪くなるほど。
    塾に通う子を、さりげなく批判的に書いてある点がいい。
    母親同士の関わり方の煩わしさも、かなりリアルに描き込まれている。
    老若男女、幅広い層の人物描写が見事だ。

  • どれも救いようのない話ばかり。読後感は悪い。
    唯一役に立つとすれば「このひどい状況より、自分の方がマシかも」と思えることくらいかな。

  • 後味すっきりしない感じの短編集。
    東日本大震災以降に書かれた者に関しては、その描写がある。

    ・雨のなまえ
    同情の余地はあるけど主人公の男が二股してて良くない。
    結局打算的にものごとを考えてる。

    ・記録的短時間大雨情報
    主人公の置いていく寂しさは、ドンピシャな世代だけに理解はできる。けど本当に若い男の子の迫るのはどうしても理解できない。
    一番ムカついたのは主人公の夫かなぁ。自分の母親の世話とか全て妻に押し付けて、かといって満足に稼ぎもしない。なんなの。

    ・雷放電
    結局のところどこまでが現実の話なのかいまいち掴み辛かったけど、最後のシーンの殺伐とした感じはありありと頭に絵が浮かんで衝撃的。
    p128
    実体のない手で、敷きっぱなしの煎餅布団を捲ると、空気の抜けたしわしわのラブドールが虚空を見つめていた。

    ・ゆきひら
    えっ、何でこの女子中学生最後に先生にわいせつ行為をされたとかって泣いてるの……と人の善意を全て疑いたくなるようなラスト。

    ・あたたかい雨の降水過程
    この中では一番救いのあるラストだったように思う。
    みつきちゃんちのママは割といい人だった。

全140件中 1 - 25件を表示

雨のなまえを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雨のなまえを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする