雨のなまえ

  • 912人登録
  • 3.28評価
    • (26)
    • (100)
    • (206)
    • (42)
    • (2)
  • 148レビュー
著者 : 窪美澄
  • 光文社 (2013年10月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929053

雨のなまえの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 雨のなまえ・・・というと、想い出すものは狐の嫁入りとか霧雨、小糠雨、小夜時雨・・日本は雨の呼び方(名前・種類)が多い気がする。しかも響きも字面も美しい。本書には、最初そんな美しい雨と人とを織り成す優しい物語をイメージをしていただけに、読み進めていくにつれなんともやるせなくなってしまった。
    短編の中の登場人物は皆、現実に起こり得る負の感情と向き合わざる負えない人達ばかり。幸せの中にいるはずなのにふと逃げ出したくなる気持ち・・妄想の世界に身を置くことで生きながらえる人など、、それらが短いストーリーの中にぎゅっと凝縮されていてチクリチクリと読み手の心を刺す。 流せるものなら流してしまいたいものを抱えて生きている、それこそが人生というものだろう、紛れもない現実の一つなんだよというメッセージ。でも、この本がそこまで絶望的でないのは、やはり流れなくても自分の中に抱えたままでも、雨上がりの雲の切れ間から青空を観る事も人は許される、誰だって見れるはずなんだよ!という、作者の思いも汲み取れるからだと思う。そんなことも感じさせてくれた一冊。(3.5)

  • 雨にまつわる短篇5つ。
    切なくて虚しく、そして暗くて軽い、
    そんな印象の作品たち。

    暗虚しいのに 嫌いではなく、むしろ好き。

  • 満たされなくて、もがいてみてもどこにも辿り着けない物語。
    ざらざらした手に撫でられるようで不快なんだけど、その手の残した感触を忘れられない。

  • 窪美澄の作品だと先入観を持って読むと期待外れ。
    救いがない、未来がない。
    特に表題作の「雨のなまえ」。
    彼女の作品の柱にはいつも生と性があるが、性だけが残った感じ。

    全くの期待をしないで読んだらそれなりに読めるのかもしれない。
    巧いな~、暗いな~、でも何が言いたいんだろうと思いながら。
    それだけ今までの窪さんの作品が秀逸なことの裏返しだろう。

    でもやっぱり読後感が悪すぎる。
    ここまで登場人物たちを追い込む意図はいったい何なんだろう。
    むむむ・・・。
    次回作に期待。

  • 窪美澄らしい、毒の入った短編4編。
    一番印象に残ったのは「雷放電」。冴えない男が誰もがうらやむ美しい女を妻とし、幸せな結婚生活を続ける。妻は日
    がなけだるそうに過ごし、夫は働きながらその妻の世話をする。低いトーンで語られる物語の結末が実はサスペンスだったことをみじんも感じさせない筆力はさすが。

  • どの話も雨のシーンが出てきて、薄暗く湿気の多いスッキリとしない短編集。

    最終話だけ少し救いが見えたかな。

    窪さんに人間の暗い膿んだ感情を書かせたら天下一品なんではないでしょうか。
    どうしようもなく病んでいるのに、すごく血が通っている様な生命力を感じます。

    私はこのどうしようもない感覚、
    すごく好きです。

    雨のなまえ/記録的短時間大雨情報/雷放電/ゆきひら/あたたかい雨の降水過程

  • この人の描く作品はいつも生々しくて、変にリアリティがあって読むのが辛くなることが多い。
    今回は初めての短編集だったが、相変わらず容赦なく読み手の心理に切り込んでくるあたり、著者らしい作品。

    5編のうち最終編まで、読まなければよかったと思いつつ進んだが、最後にやっと少し救われてちょっとホッとした。
    その辺り狙って構成もされているのだろう。
    嫌いな作家ではないが、自分が精神的に参っている時には絶対読まない方がよさそうだ。

    『雨のなまえ』
    『記録的短時間大雨情報』
    『雷放電』
    『ゆきひら』
    『あたたかい雨の降水過程』

  • 男性目線でも、女性目線でも書いてるとこがすごい。性的な描写も両方。

    雨のなまえがいちばん個人的にはよかった。
    どうしようもない男だけど、仕事は真面目にしてるし、たぶんこんな人いるんだろうな…と思わせる。
    実際にこんな人にあたったら嫌だけど、小説の中の人物としては憎めない。

  • 雨をモチーフにした短編集。
    目を背けたくなる様な人の気持ちに焦点を当てた、窪美澄さんらしいヒリヒリするカンジの作品。
    どのお話も気分暗めになりますが、唯一最後のお話だけちょっと救いがありました。

  • 雨をモチーフに描かれた5つの短編。同著者「ふがいない僕は空を見た」同様、人間の心を描く。「心の闇」とか「人間の暗部」とか安っぽい言葉しか思いつかないけれど、目を背けがちな部分を抜き取って作られる物語に惹かれます。

全148件中 1 - 10件を表示

窪美澄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

雨のなまえを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雨のなまえを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする