迷宮捜査

  • 84人登録
  • 2.73評価
    • (2)
    • (4)
    • (13)
    • (11)
    • (3)
  • 9レビュー
著者 : 緒川怜
  • 光文社 (2014年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (337ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929244

迷宮捜査の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白くない

  • 少し読むのに疲れた。
    話が二転三転する。
    刑事、公安、北朝鮮、児童虐待、誘拐、殺人、引きこもり、里子。。。真相がなかなか見えないので、先が分からず読むのが辛くなった。
    やり手の上司が怪しいのは途中から何となく。
    妹のために命まで差し出したのに、最後のオチには驚いた。

  • 綿密に練られて一つの緩さもない網目のような展開をしつつ、とっつきの壮大さが尻つぼみの感も否めない。楽しめたが終わってみれば祭りの後、かな。

  • こういうオチはけっこう好きである。
    ただ、本筋と関係のない話を挿入させることで、事実を複雑にして読者の頭を混乱させるというのはずるい感じがする。

  • 大変」面白かった!!!!!

  • 自由が丘、東横線沿線など近所が出てくるので読みやすいかなと思ったら本格的な警察小説で殺人事件捜査のストーリーで、なんだかのりきれないまま読み終わってしまいました。

  • 「慟哭、驚愕のラストが待ち受ける本格警察小説の誕生」だそうですけど、確かに泣いて驚きはしますけど、それは結末のあまりの救いのなさ故であって感動/感心の類ではありません。犯人の動機にも説得力が乏しく、とても「本格」と呼べたもんじゃありません。

  • 捜査一課、鷹栖警部が率いる3係、通称「鷹軍団」。
    軍団ルーキーの名波は、母と息子の惨殺現場に一番で乗り込み、重要証拠を密かに手に入れる。
    凄惨な死体。

    そして明らかになった、以前の一家殺害事件との共通項。
    一家殺害事件も捜査していた鷹軍団たちは色めき立つ。

    うーーん。
    緒川さんの本を連続で読んでいると、似通った設定や筋に混乱してきます(笑)。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    世田谷区の母子殺害事件現場にあった場違いな遺留品。それは、一年前に目黒区で起こった一家四人殺しのものと関連していた。同一犯の可能性が濃厚だが、上層部の意向で合同捜査本部は立たず、刑事たちは地道な捜査を強いられる。捜査一課の名波洋一郎は、やり手の上司・鷹栖警部と密に連絡を取りつつ捜査を開始する。だがそれは誰も予想せぬ方向に進んでいく。慟哭、驚愕のラストが待ち受ける本格警察小説の誕生!

全9件中 1 - 9件を表示

緒川怜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

迷宮捜査を本棚に「読みたい」で登録しているひと

迷宮捜査を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

迷宮捜査を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

迷宮捜査はこんな本です

迷宮捜査の文庫

迷宮捜査のKindle版

ツイートする