我慢ならない女

  • 174人登録
  • 3.49評価
    • (8)
    • (30)
    • (32)
    • (6)
    • (1)
  • 32レビュー
著者 : 桂望実
  • 光文社 (2014年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929329

我慢ならない女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この作品のスタイルがけっこう好きだ。人生のある場面を切り取って一覧表にしてあるような。まるで神様になったかように、ある人間の人生を俯瞰するのだ。ぽんと年月が飛んだあとに現れる情景で、描かれなかった時間に何があったのか、ありありと想像させてくれる。
    それにしても、ひろ江は扱いづらいタイプの女だと思う。社交辞令とか他人の感情をほとんど考慮しない。それはもういっそすがすがしいほどだ。最初は痛々しさすら感じられるのに、いつの間にか、一本筋が通ってるじゃないかなんて思ってしまう。
    明子との関係の変化もまた興味深かった。
    「業」なんだよなあ、と思う。いい悪いじゃなく、どうしようもない業を、なんとかして背負って歩いて行くひろ江の姿がラストで輝いている。

    ヴラマンクやビュフェの絵のような、荒々しく骨太な印象を受けた。

  • 貧乏でもどうしてもやりたいことに取り組めるのは幸せなことなのか。
    貧乏の程度にもよると思うけれど。
    食うに困るとかやりたいことに費やせる時間が削られるとなるとちょっと違うし……。
    業に生きるかぁ。

  • 魂を込めて書き込む作家ひろ江と、そのサポートをしている姪明子の話。

    途中に挟み込まれるサイドストーリーに翻弄され、最初は読みにくさを感じていましたが、後半になり、展開がわかってからは興味深く読みました。

    作家かを生業にしている人を知らないので、その辺は面白かった。ひろ江の周りに現れた編集の方々や俳優のみのるなど、利害だけで繋がった人たちの存在に悲しい気持ちになりました。

    明子が最後までひろ江の才能を信じ切れたことの理由は、イマイチ分からなかったかも。

  • スカッとする話。
    わたしは、ひろ江が好きだな。
    小さい頃から、周りにいる碌でもない大人を見てきて、ちょっとひねくれちゃったのかなとも思うけど。
    人に感謝する気持ちとか、うざったいと思っても関係を切らない優しさとか、そういうのをちゃんと持ってる人だと思う。
    明子のことは、ほんとうざったいと思うけど、任せておけば大丈夫だという安心感みたいなものをくれる人物かな、と思う。
    実際、明子の頑張りで、ひろ江は再ブレークできたし。
    女性はいっぱい出てくるけど、誰が我慢ならない女なのかな。

  • +++
    哀しい、苦しい、彼女の心の叫びは、そんな平凡な言葉では足りない。
    編集者を悩ますやっかいな小説家・樺山ひろ江。
    全身全霊で作品に挑む彼女は、変人であることを怖れない。
    『嫌な女』で大注目の桂望実が、作家という業を抱え不器用に生きる女の人生の浮き沈みを描く、待望の書下ろし長編!
    +++

    作家の樺山ひろ江は、編集者から見れば、傲慢で身勝手で、我慢ならない女なのである。だが、秘書のように、マネージャーのように、いやそれ以上に、ひろ江の身の回りの一切の面倒を見ている、姪の明子にしてみれば、ひろ江が業のままに物語を紡ぎ出すことが何よりの喜びなのである。そして、口にはしなくとも、互いに認め合い感謝し合っているのが端々から察せられて、それはそれで幸福なのだろうと思わされ、ひろ江に対しても、我慢ならないとまでは思えなくもあるのである。作家に対する編集者や世の中の反応も興味深く、作家という仕事の苦労の一端も知ることができた気がする。我慢ならない女であるひろ江を応援したくなる一冊でもあった。

  • 62/10000

    我慢ならない女/桂 望実

    「嫌な女」が無かったので、その次作を借りて来ましたが・・^_^;

    女性作家の抱える業と女の性。
    彼女が全身全霊で作品に挑むとき、周りの人々は・・・

    いや〜、面白かったです!

    他の作品も読んでみたいです。^_^

  • 今まで読んだ桂作品とはガラッと違う。勢いと濃度がすごい。もっとふんわりとしたお話を書く人だと思ってたが全く違っていた。

    生み出すことの苦しさとその業を描く力強く熱いお話だった。
    変わり者の小説家と支える姪っ子。小説中小説は実はふたりの生い立ちを表してるとても難しい構成。字体も表現も古いのには訳があった。
    我慢ならない女というより、とても我慢強い女性の話だった。

  • 哀しい、苦しい、彼女の心の叫びは、そんな平凡な言葉では足りない編集者を悩ますやっかいな小説家・樺山ひろ江。
    全身全霊で作品に挑む彼女は、変人であることを怖れない。

  • 人生を描いていく中で、明子やひろ江の女をくどくど描かずとも、時々の状況を織り込んでいるのは上手い。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/12950257.html

  • はじめは、明子が鼻についていたけど
    だんだん「なんだ、いいやつじゃん!」って
    好きになって行った。。
    作家になるって大変なことなんだなーとしみじみ。。
    いつも好き勝手言ってごめんなさい。ww

全32件中 1 - 10件を表示

我慢ならない女を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

我慢ならない女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

我慢ならない女を本棚に「積読」で登録しているひと

我慢ならない女はこんな本です

我慢ならない女のKindle版

我慢ならない女の文庫

ツイートする