つばき

  • 77人登録
  • 3.24評価
    • (1)
    • (14)
    • (12)
    • (4)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 山本一力
  • 光文社 (2014年7月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929510

つばきの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 才色兼備なつばきのスーパーウーマンっぷりがすごすぎて若干引くが、基本的に江戸時代の細腕繁盛記は好きなのです。

    なんとなく続きを思わせる終わり方。
    続刊が出るならば、読んでもいいかなと思うレベル。

  • 「だいこん」続編

    前回、材木屋豊国屋との諍いが原因で寛政元年五月、浅草から深川へと移ってきた一膳飯屋「だいこん」。

    深川という土地、水の違いや祭りに対する思い、妹たちは嫁いでいき新しく雇いいれた奉公人たち、色々と変わったけれど、店主つばきのメシ炊きの技や商売の才覚、気っ風の良さは相変わらず。
    そこに柔らかさが、加わった。
    以前よりも、ぐっと堪えたり一息つくということができるようになっていて、大人の女性になった感じがする。

    騙りにあったりと痛い目にもあったけれどタダでは転ばないつばき。たくさんの人を味方にしていく様が気持ちよかった。
    物語は棄捐令の出された直後で終わる。つばきの決意はどこへ向かうのだろう…。
    なぜ、彼女はいつもきっぱりとこれまで積み上げてきたものを捨ててしまえるのだろう。
    そんなことを思う一冊でした。
    そして、50半ばの弐蔵と30前のつばき…。
    続きが気になる。

  • だいこんの続編。
    主人公のつばきはだいこんとともに深川へ移る。
    ずいぶん災難が多く降りかかった感じ。
    でも、つばきは人柄も手伝って強く進む。
    もうちょっと自分に優しくてもいいんじゃないかい?

  • 女性ながらも江戸っ子気質のつばきが、以外とあっさりとオトコに恋愛感情を持ってしまうアンバランス感が面白い。

  • 2014年7月刊。初出は小説宝石2005年8月号~2013年9月号。だいこんの続編。だいこんほどの面白さは、なかったです。行き当たりばったりの筋運びのように思います。

  • 一膳飯屋つばきさんの話。
    粋と見栄とを描いた山本先生ならではの江戸もの。
    読み終わりはいつもながらしゃっきりした気分。
    次回作が楽しみ。

  • 「だいこん」の続編と知らずに読んだお江戸細腕繁盛記。主人公つばきの真摯な生き方に心打たれます。恋の行方も気になりますが、「だいこん」も読んでみようと思います。

  • 話の筋の途中で、ちょくちょく別のエピソードが挟まれるので、少し読みづらかった。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    江戸っ子の心を満たす一膳飯屋「だいこん」。深川ならではの気風にもまれ、ふんばって生きる女あるじの心意気!祭の興奮と職人たちの気概あふれる深川繁盛記。

全9件中 1 - 9件を表示

山本一力の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

つばきを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

つばきを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つばきを本棚に「積読」で登録しているひと

つばきはこんな本です

ツイートする