屋上と、犬と、ぼくたちと

  • 45人登録
  • 2.82評価
    • (0)
    • (2)
    • (10)
    • (5)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 若月香
  • 光文社 (2014年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929701

屋上と、犬と、ぼくたちとの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「dog pound」を改題
    ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作(2013/6回)

  • 面白かった
    店長最高

  • 小4のとき、駅前ビルの屋上が少年少女たちの遊び場だった。
    捨て犬をビルの屋上でこっそりと飼って、
    みんなで世話する日々のなか、台風の日に仲間の一人であるオッタが屋上から転落して死んだ。

    あれから10年経って、専門生のノムの家に届くようになった謎のメモ。

    初恋の西野への思い。当時はわからなかった人間関係。
    バイト先の店長と一緒になって、あの事件の真相に迫る。

    メモの正体は西野さん。
    幼少期に誘拐されたことがある店長の犯人と
    金ちゃんに突き落とされたオッタを見殺しにした人物は
    屋上に出入りしていた「管理人」で同一人物。

    最後の選考者の解説がしっくりくる。
    若者らしいユーモアありの言葉遣いは非常にテンポがよい。
    だけども店長ぐいぐい出てきたり背景の描写がわかりづらく犬のゴンの存在薄い!

    物語を作るっていうのは大変なんだなあと、しみじみ)^o^(

  • 店長のキャラが定まらない

  • テンポよく、面白く読んだ。店長が良い感じ。小学校時代の友達の死。

  • もう少しスッキリしてくれないと読みにくい。

  • 一気読み
    引き込まれて気になって、ただ!!
    ゴンがどうなったのか、書いてほしかった…
    悪い想像してしまうし、その結果で印象がかわっちゃうよ…

全7件中 1 - 7件を表示

若月香の作品

屋上と、犬と、ぼくたちとを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

屋上と、犬と、ぼくたちとの作品紹介

10年前の台風の日、秘密基地で起きたこと。

ある日突然届いた小さなメモは、小学校時代の友達の死にまつわるものだった――
「テンポのよい楽しさという意味では候補作中随一」島田荘司氏賛!
第6回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作受賞作。

屋上と、犬と、ぼくたちとはこんな本です

屋上と、犬と、ぼくたちとのKindle版

ツイートする