堕天使の秤(はかり)

  • 26人登録
  • 3.92評価
    • (1)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 吉田恭教
  • 光文社 (2014年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334929831

堕天使の秤(はかり)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 需要と供給・・・難し過ぎる問題です。。。
    非常に興味深く、面白く読ませていただきました~!

  • 刑事モノらしく一歩一歩真相へ近づいていくプロセスは惹かれますし、文章もこなれているので一気に読めました。
    ただ、色んなテーマやドラマを詰め込み過ぎなのと、途中から思いもよらぬ方向へ進んで行くので若干振り回された感がありました。
    また、事件にこれといった特徴がないのと、「組織」「臓器」など手垢の付いたキーワードで真相が予想し易いのが難点かなと思いました。

  • 佐賀県出身で島根県に移住し、漁師を営みながら作家活動をする同い年?の著者に関心を抱いた。ミステリーとしては私情が強過ぎて緊迫感に欠けるなと思いつつ、読み進むほどに惹かれていった。厚労省の向井君はテキトーに脱力しながらも、やるときゃやる。重いテーマだけに、彼のキャラが中和してくれる。人それぞれ置かれる立場で秤は定まらないけれど、自分自身の考えとしてドナー制度には否定的なのは変わらない。どんなに愛しくても辛くても願っても、運命は受け入れたい。自分が生まれもって授かったカラダ、臓器の働きの範疇で生きていくしかない。

  • 2014/12/30読了

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

堕天使の秤(はかり)はこんな本です

ツイートする