販売員も知らない医療保険の確率 (光文社ペーパーバックスBusiness)

  • 31人登録
  • 4.12評価
    • (7)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 永田宏
  • 光文社 (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334934033

販売員も知らない医療保険の確率 (光文社ペーパーバックスBusiness)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あー面白かった
    役立つ
    筆者は論文のつもりで書いたのだそう。みんな、なぜ分析しないのだ、やってやる、の姿勢が好き。

  • こんな良い内容なのに紙質と装丁が悪いのがもったいない。
    保険の内容がどんどん古くなっていってしまいはするが、基本的な考え方は子供にもきちんと教えたい。
    保険に入る際のテキストに成り得る1冊。

  • これを読んで決断し、実行した事。医療保険のチェックと解約。医療保険のからくりが暴かれていて、何と不可解で理不尽なと。

    論理的な理由は分かるが、小生の父親は保険金の支払い総額が180万円で解約払戻金はたったの3万円。もっとも85歳という高齢ではあるが。

    保険金の大半は、保険会社の社員の給料と広告宣伝費だと思った方がいいんだろうな。

    ガン保険は、曲者。というか、これ「だまし・さぎ」に等しいぞ。週刊ダイヤモンド(4月21日号)の特集「騙されない保険」も見て欲しい。

    日本の公的保険制度の素晴らしさを先ず最初に認識し、その上で民間の保険を公的保険を補う為だけを目的に契約する方が合理的と判断できると思う。

    日本人の保険契約率は世界中でも以上に高いそうだ。投資対効果という視点で見ると、保険に入る事の意味がかなり疑問と思わざるを得ない事必定。

    5年毎位の見直しは、是非、行ってほしいと言いたい。但し、若い夫婦は子供が成人する前までは、しっかりと生命保険には加入するべし。

    詳細は、本誌を。

  • チェック項目18箇所。保険は確率。脳梗塞の平均入院日数は107日・・・全年齢の平均。医療保険を理解する重要な確率3項目・・・入院の確率、入院日数の確率、手術の確率。プラスαで入院医療費の確率と死亡確率。”ほしょう”の違い・・・保証:間違いなく大丈夫であると請け負うこと。保障:責任を持って一定の地位や状態を守ること、支え防ぐこと。補償:損失などを埋め合わせること、財産上の損失を金銭で補填すること。健康ボーナス・・・例30歳で加入し月々4000円の支払いで10年間で48万円。それに対しボーナス20万円。残り28万円は安心料。人口統計で1000人当たり112回の入院。腫瘍での入院が年間222万回。男性は50代後半で入院確率が10%を超える。男性で言えば医療保険に入るならば50歳前後までに入っておいたほうがよい結論。医療保険削減により長期入院が困難になる・・・三代疾病保険は消えていくべき保険商品。入院の半分は10日以内で済む。82%は38日以内。平均寿命よりも少し長生きする確率高い。長生きしている人ほど余命も長くなる傾向にある。長生きしたかったらとくに冬場の寒さに注意し、血栓ができにくい食生活をこころがける。若年層の死因は自殺と不慮の事故が上位を占める。40代以降はがんをはじめとする生活習慣病に気をつけること。医療保険加入には自分の年齢を確認・・・50歳未満なら終身型は避ける。日本の医療制度は猛烈な勢いで変化している。10年後に同じ制度が維持されているとは考えにくい。保障内容が陳腐化されている危険あり。50歳を超えているならば終身型が無難。50歳以上になると男女ともに大病になる可能性が高くなる。入院給付金は1日1万、手術給付金は40万円でよし。保険はすべて確率に基づいたギャンブル。

全4件中 1 - 4件を表示

永田宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・D...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

販売員も知らない医療保険の確率 (光文社ペーパーバックスBusiness)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

販売員も知らない医療保険の確率 (光文社ペーパーバックスBusiness)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

販売員も知らない医療保険の確率 (光文社ペーパーバックスBusiness)を本棚に「積読」で登録しているひと

販売員も知らない医療保険の確率 (光文社ペーパーバックスBusiness)はこんな本です

ツイートする