結局「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)

  • 329人登録
  • 3.33評価
    • (15)
    • (25)
    • (62)
    • (9)
    • (4)
  • 42レビュー
著者 : 荒濱一 高橋学
  • 光文社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334934163

結局「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2014/04/09【古】 108円

  • 2007年くらいの本。図書館で借りた。再生紙を使っているのか表紙がチープ。

    何種類かのやり方をインタビューに基づく内容で語られている。やや古い情報でだいたいどれも知ってる手法。ただ、やるかやらないかの差と、気づくか気づかないかの差は大きくある。情報商材系と違って駐車場マッチングなどは好例。

  • 6年前の本なので内容が古かった。書かれているしくみのことより、インターネットの利用が不可欠な時代であるということ。また、常にビジネスに繋がるアイデア考えているか、そのアイデアを実行できるか。このことは、今現在にでも通じる普遍的なものでないかと思う。「いつやるの?今でしょう!」この言葉がピッタリでは。

  • ありがちなインタビューを纏めた本

    だが、インタビューしている人物や内容は良質。

    参考になる情報が満載であった。
    内容が少し古いのは否めない。

  • 埋もれていた蔵書から引っ張りだして拝読。
    やるかやらないかだね。
    結局は。

  • 近藤勉 空港周辺駐車場サイト

    奥山祐介 ニッチなマッチングサイト

    石井貴士 何もしないで月50万円 「プチリタイヤ」を実現

    森英樹 メルマガで築いた年収2400万円の仕組み

    富田貴典 ドロップシッピングにおる仕組みを世界に展開

    室賀博之 情報商材×
    田淵裕哉 特許翻訳仲介ビジネス
    藤山勇司 マンション
    甲田英司 投資
    五十嵐隆雄 公衆電話のカードリーダーをどう洗うか

  • 自動的な収入の流れを生み出すヒントが満載。実際にドロップシッピングを初めてみました。つくる過程がすっごくおもしろくて頭を使う!

  • 「仕組み」という言葉がどのような使われ方をしているのか興味があって読んでみた。今まで考えたことの無かったような価値観に触れることはできたが、やはり貧乏性の私としては「自分のやりたいことをやるために経済的自由を手に入れる」という考え方が、ちょっとぴんとこなかった。経済的自由を手に入れたいのは確かだが、「仕事の中に喜びを見出す」的な考え方を持ってしまうのは、現在の会社の価値観が染み付いているからなのかもしれない。

  • 自分も必至に働かなくても自動的に収入が入るシステムを作れないだろうか。
    まあ、そのためにはいろいろなスキルと努力が必要だろうだけれども。
    いずれ、週末起業的な、インターネットビジネスに取り組んでみたい。

  • 考え方の参考にはなるけど、ちょっと内容が薄いかと。

全42件中 1 - 10件を表示

荒濱一の作品

結局「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

結局「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

結局「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

結局「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)はこんな本です

ツイートする