やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)

  • 187人登録
  • 3.19評価
    • (6)
    • (13)
    • (31)
    • (4)
    • (5)
  • 15レビュー
著者 : 荒濱一 高橋学
  • 光文社 (2008年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334934439

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フィリップ・マグ...
神田 昌典
ジェームス W....
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 結局仕組みを、の続編。人や事業単位でまとめるのではなく、◯◯力、という単位でまとめてある。図書館で借りた。個人的には、サラリーマンでありながら飲食店、居酒屋経営、が面白い。

  • 仕組み化を行えば、労せず稼げるよ、って本。インターネットビジネスの基本から、投資まで。

    仕組み化に至るまではもっと泥臭いと思います。何でも本気でやらないとダメだよね、やっぱり。

  • 複製 古澤暢央 SEOアフィリエイト

    他力 高橋公一 飲食店オーナー倶楽部
    「おのれよりも賢明なものを身辺に集むる法を心得しものここに眠る」Dカーネギー

    多面思考 田淵隆重 情報商材

    午藤登紀雄 サラリーマン大家
    自分だけで何もかもやろうとせず餅は餅屋にまかせ人のレバレッジをかけることが大事

    分身 石田健 翻訳サイトACN 家庭教師紹介サイト1stTeacher

    標準 田中正博 年商1億円の保険代理店
    DM 送っていいかを確認。OK→開封率があがる

    法則 斉藤正章 株トレード×

    即行 菅野一勢 情報起業×

    論理 金森重樹 マンション一棟売り

    チェック
    他力
    自分の作業量をゼロにすることを目標にしているか?
    作業の手離れを積極的に進めているか?
    自分でやるべきことと他人に任せられることを紙に書きだしたか。
    継続
    継続して料金を徴収できる仕組みを検討しているか?
    標準
    ビジネスで発生する作業をツリー形式で徹底的に細分化してみたか?
    全体を標準のパッケージとし異業種で複製してみたか?

    初心に返り新たな仕組みを作ることを考えているか
    より多くの仕組みの所有者となることを日々考えているか

  • 前作よりまとめ方が上手くてそこそこ読めた。
    これを参考にがんばりはじめちゃう人が情報教材とかの餌食になっちゃうんだろうか…。

  • [ 内容 ]
    まだまだあった!
    自動的な収入を実現する「仕組み」。
    今回は「仕組み」の達人たちの“頭の中”を徹底取材。

    [ 目次 ]
    1 なぜ今「仕組み」思考なのか?
    2 「仕組み」所有者たちの思考に迫る(複製―成功の肝は「人に聞けないこと」「SEO」「好意の返報性」。あとはできた「仕組み」を「複製」するだけですよ;他力―私の成功の秘訣はたった1つ、「他力」をうまく利用したことです;多面―「仕組み」を作るまでは「多面」で考え、徹夜で働く。でも、作ったあとはのんびり。それが好きなんです;継続―利回よりも「継続」性を重視。でないといつまでも自由にはなれません;分身―自分の「分身」に無限反復的な労働をさせる。これがネットビジネスの真髄です;標準―「標準」化してしまえば、カン・コツ・経験・センスなど関係ありません;法則―裁量抜きで淡々と「法則」に従う。それだけで、資産が増えていくんです;即行―とにかくスピード。「即行」ですよ。行動が異常に速い人が勝ち残れる世界なんです;情報商材を買ってみた!見えてくる虚と実;論理―僕の「仕組み」はいちいち「論理」的でしょ。理を尽くせば、億の物件もどんどん売れます)
    3 「仕組み」思考を普遍化・体系化する

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ほとんど記憶に残らない。

  • 以下引用
    P112投資はほったらかしに出来ることが大切
    P255即効と論理
    他力、継続を標準化
    複製、多面を分身にし法則化
    P282ほかの人に任せる、少額でも継続して稼ぐ

  • どうやったら、効率的に、いかに楽してお金儲けが出来るかを、実例をあげながら書かれた本。

    ここに登場する成功者は、やはり真剣に考え、試行錯誤し、行動し、最終的に成功に至った。

    簡単にマネできそうで、なかなか出来ないものだろう。

    自分も、仕組みを構築するためのベースとなる考え方は知識としては習得できたが、

    実際にそれをどうやって実行してゆくかが問題かと思う。

    考えて実行するクセをつけて行きたい。

  • アフリエイトなど仕組みを作って 収入を得る方法。

全15件中 1 - 10件を表示

やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)はこんな本です

やっぱり「仕組み」を作った人が勝っている (光文社ペーパーバックスBusiness)の文庫

ツイートする