死者として残されて―エヴェレスト零下51度からの生還 (海外ヒューマン・アドベンチャー・シリーズ)

  • 24人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Beck Weathers  山本 光伸 
  • 光文社 (2001年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334961183

死者として残されて―エヴェレスト零下51度からの生還 (海外ヒューマン・アドベンチャー・シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エベレスト遭難事故で生き残った著者の半生。遭難事故については他の人の著作の方が読み応えあり。
    本書は遭難の原因や過酷さのドキュメントではなく、著者がなぜ登山に惹かれていったか、そして家族との関係を取り戻す物語です。なかなか興味深いものではありますが、私個人の生活とはかけ離れているかな(個人としての社会的成功、家族との関係性、健康状態)。

    山へのチャレンジも人生における大きな一部であるけど、そのリスクのコントロールはしないといけませんね。

  • 1996年のエレベスト大量遭難で、一度は死んだものとしてブリザードの中に放置されたたものの、奇跡的に意識を取り戻して自力でキャンプまで戻り、見事に生還を果たしたベック・ウェザーズの著書。

    遭難事故の記述は前半部分のみ。
    大半は彼の半生記。

    まだ遭難事故が起きるずっと前から、医者として成功し家族にも恵まれ、幸せそうな人生を送っているように見える彼だったが、実は重いうつ状態に悩まされて自殺さえ考える毎日だった。
    そんな中で登山に出会い、取り憑かれたように山にのめり込んでいく。
    家族はほったらかしで仕事とトレーニングと山登りに没頭するベック。
    家族を顧みない夫に不満と怒りを溜め込んでいく妻のピーチ。
    次第に家族との絆は切れつつあった。
    妻・ピーチの我慢が限界になろうかというとき、あの遭難事故が起きる。

    山にのめり込んでしまった男とその家族の人間ドラマが赤裸々に綴られた一冊。

  • 1996年商業公募隊のガイドツアーでエベレスト登頂に挑みながらも、
    持病である目の悪化で途中断念して遭難したべック・ウェザーズの実話。

    40歳を前にした普通(精神的には鬱であったが)の医者が、
    いかにしてエベレスト登頂を目指すようになったのか。

    商業公募隊の存在がそれを実現可能にするのであるが、
    エベレストはともかくも、昨今のバックカントリーブームに身を置く身として、
    実に共感できる道筋となっている。

    遭難からの奇跡的な生還に後に、無くしかけた家族の絆を得たことが、
    著者のベック・ウェザーズにとって、何にも変え難く、
    『(遭難してまでも)エベレストに行って良かった』と言わしめる源なのである。

    尚、遭難にいたるまでの経緯には、
    ジョンクラカワー著『空へ』との矛盾はない。

  • 二部構成。遭難後が意外と面白かった。

  • 1996年のエベレスト大量遭難事件のとき、難波康子さんと一緒に
    死んだものとしてサウスコルに見捨てられたベックウェザーズという人が
    奇跡的に意識を回復して自力で救助を求めてきて、助かりました。

    その経緯を書いた本なのですが、それ以外に、メインを占めるのは、
    彼の人生について彼が振り返り、重度の鬱病から山へ逃避したこと、
    家族とのこと、そして家族の危機、エベレストで死にかけたときに悟ったこと、
    そこからはじまる彼の人生の再生、というようなストーリーとなっています。
    山の本というよりも、人生の本という感じで、なかなか優れた内容で感動しました。
    人間、なかなか自分をここまでは正直にさらけ出せないものですが、
    ベックは本当にあのサウスコルの晩に人生を自力で変えたのでしょう。

全5件中 1 - 5件を表示

ベック・ウェザーズの作品

死者として残されて―エヴェレスト零下51度からの生還 (海外ヒューマン・アドベンチャー・シリーズ)のMP3 CD

死者として残されて―エヴェレスト零下51度からの生還 (海外ヒューマン・アドベンチャー・シリーズ)のペーパーバック

死者として残されて―エヴェレスト零下51度からの生還 (海外ヒューマン・アドベンチャー・シリーズ)のマスマーケット

ツイートする