何もしない贅沢―自分だけの時間を持つシンプルな方法

  • 27人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : V´eronique Vienne  Erica Lennard  岸本 葉子 
  • 光文社 (2002年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (97ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334961220

何もしない贅沢―自分だけの時間を持つシンプルな方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 邦題だけだと誤解生むかもだけど、忙しすぎると感じてる人にはいい処方箋が多く書かれてると感じた。

    本の「終わりに」に書かれているの一文が印象的だった。

    ”子どもにとって「何もしていない」という状態は、活動をしていないのではありません。お決まりの名のついた遊びをしてないだけのこと。大人になったあなただって、自分のすることにレッテルを貼るのをやめれば、心からの平安を取り戻せるはず”

    この、前の記述がないとわかりにくいかも知れませんが、素敵な描写をしてるんです。

    「訳者あとがき」で象徴的なこと書いてくれてました。

    ”「せっかく生を受けたのなら、過ぎゆく時を意味あるものにしたい」と常々願っていましたが、その「意味」のとらえ方が、私の場合、狭かったのだとわかったのです。”

    そう。広げる感じがしました。

  • 素敵な写真と、ゆったりとした時間を過ごすためのヒントが満載の本で、とても癒された。時間に追われて忙しく過ごしている人が多い現代では、何にもしない時間を持つというのは本当に贅沢なことだと思う。少しだけでも、そんな贅沢な時間を過ごせば、気持ちのゆとりもでてきそう。

  • 「何もしない」を楽しむには修行がいるようだ。翻訳者も入院中にこの本を読んだそうな。(私といっしょ)夕日が沈む時、太陽が沈むのではなく地球が動いていると思って眺めるという視点がおもしろい。

全3件中 1 - 3件を表示

ヴェロニク・ヴィエンの作品

ツイートする