ブランド中毒にされる子どもたち 「一生の顧客」を作り出す企業の新戦略

  • 15人登録
  • 3.45評価
    • (1)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 古草 秀子 
  • 光文社 (2004年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334961763

ブランド中毒にされる子どもたち 「一生の顧客」を作り出す企業の新戦略の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 127ページのジンギスカンは文脈からして、チンギスハンなんだろうな。

    期待していたよりは、インパクトがなかった。

    広告と洗脳の差って難しいな。

    頭のいい人に教えてもらいたい。

    この本、訳者がそんなによくない気がする。

  • アメリカの子供の世界にどこまで企業が食い込んでるのかを輪切りにして見せてくれる本。冗談ごとじゃなくなってる感じです。明日はニッポン・・・。

  • 世界的な傾向なんだろうけど、自分の子どもたちが思春期に入ったときがちょっと怖いです。

  • 僕らの世代はブランド中毒多いかも、僕も含めて。

全4件中 1 - 4件を表示

ブランド中毒にされる子どもたち 「一生の顧客」を作り出す企業の新戦略を本棚に登録しているひと

ブランド中毒にされる子どもたち 「一生の顧客」を作り出す企業の新戦略を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブランド中毒にされる子どもたち 「一生の顧客」を作り出す企業の新戦略を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブランド中毒にされる子どもたち 「一生の顧客」を作り出す企業の新戦略を本棚に「積読」で登録しているひと

ブランド中毒にされる子どもたち 「一生の顧客」を作り出す企業の新戦略はこんな本です

ツイートする