ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日

  • 110人登録
  • 3.33評価
    • (7)
    • (14)
    • (23)
    • (3)
    • (4)
  • 16レビュー
制作 : 河野 純治 
  • 光文社 (2006年1月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (418ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334961879

ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵画誘拐についてのくだりで、「キャー!助けてーみすたぁぁぁぁ!」と「叫び」が叫ぶ様子を想像してしまった(笑)
    主人公達と犯人のスリリングなやり取りに加え、ムンクの人生や天文雑誌による「叫び」の解釈など、多角的に事件を「体感できる」のがナイス。
    「叫び」やムンクさんが好きな方はぜひご一読あれ。

  •  リレハンメル冬季オリンピックの開会が高らかに宣言された頃、ノルウェーが誇る栄光の名画『叫び』の展示スペースには盗難と手書きされた安いポスターが貼り出された。手薄な警備に感謝すると書かれた絵葉書と、窓に立て掛けられたまま犯人が残していったハシゴはまるでドタバタ喜劇で、犯行を捉えた監視カメラの映像にノルウェー国民は大喜びの歓声をあげた。

  • ムンク奪回を中心とした、ロンドン警視庁美術特捜班チャーリー・ヒルの話。警察の型から外れた、組織人としては不適格、だが囮捜査官としては超優秀。

  • これはなかなか面白い。
    囮捜査官のキャラクターもそうだけど、そもそも絵画など美術品を盗むやからとはという分析が意外性に富んでいてこれまた興味深いです。
    しばらく絵画本が続きます

  • 1994年、ノルウェーの国立美術館から盗まれたムンクの「叫び」を、囮捜査で取り戻すまでを描いたノンフィクション。
    ムンクは大好きな画家なので、このノンフィクションもとても興味深く読んだ。
    まず、登場人物が皆、実に個性豊か。
    ストーリー展開も山あり谷ありで、囮捜査官が犯人グループとの接触に使ったのと同じホテルで同じ日に、麻薬捜査官の年次総会が開かれるくだりにはひっくり返りそうになった(事実は小説より奇なり!)。
    ただ、囮捜査が佳境に入ったところで、囮捜査官の経歴を振り返る「初めての囮捜査」の章が挟み込まれるなど、話があちこちに飛ぶので、途中で「あれ?どこまで話が進んだんだっけ?」「この人、誰だったっけ?」と混乱してしまった。
    しかし、これ1冊で美術犯罪にはかなり詳しくなる。
    私も、「盗まれた名画は、どこぞの大金持ちが買い取って、夜な夜な一人でブランデーをくゆらしながら眺めている」ものだとばかり思ってました。そうじゃないのね。

  • ノンフィクション。
    いちいち言い回しに皮肉が利いている気がしたのは著者がイギリス人であるという先入観があったからでしょうか。
    美術関係のネタは普段触れることがないので、侵入方法だとか贋作がどうのだとか捜査の実態だとか興味深かった。

    ひたすら長いので暇な時にだらだらーっと時間かけて読むのがいいかも。

  • 「ムンクを追え!(エドワード・ドルニック著)」
    美術品盗難を扱ったノンフィクション。
    あの有名なムンクの「叫び」の盗難から、奪還の為に奔走する囮捜査官の実話の合間
    に美術品盗難の裏側のエピソードを挟んであり、楽しく読み終えました。

    一つのドキュメントの合間にそれに関連する歴史的なエピソードを挟むというスタイルは
    以前読んだ「フェルマーの最終定理(サイモン・シン著)」と同じ手法。

    "フェルマーの最終定理"と言う歴史的超難問の証明に成功する数学者のお話。
    私が数学好きだと言うこともあり、トータルとしては後者の方が面白かったな。
    (数学嫌いには読む気にもならない本でしょうが・・・)

  • 2007年12月15日
     2003年8月4日版NEWSWEEKに載っていた記事を読んでいたら、この本の背表紙をなんどか図書館で見かけたことを思い出した。早速借りてみて読み始めたら、刑事映画を観ているような気分に浸れて、結構面白い。真に学術的とは呼べないかもしれないが、エンターテイメント性は十分にある。特に美術に興味がない人がなぜ絵画など盗むのか、という疑問には様々な答えがあることも興味深かった。絵画は所詮「物」である、人の命が懸かってるわけではない。されど、絵画は金銭的価値以上の価値があることも確かである。本書は盗まれたムンク作《叫び》を懸命に取り返そうとするチャールズ・ヒルと英国美術捜査班の活躍を切迫感たっぷりに描いた本である。

  • 事実は小説より奇なり。

  • 「事実は小説より奇なり」というか、現実って小説より面白い!

全16件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
村上 春樹
東野 圭吾
カズオ イシグロ
池井戸 潤
三浦 しをん
湊 かなえ
高野 和明
有効な右矢印 無効な右矢印

ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日に関連する談話室の質問

ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日を本棚に「積読」で登録しているひと

ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日の作品紹介

ムンクの『叫び』が盗まれた!美術館に残されていた絵葉書には、こんなメッセージが…「手薄な警備に感謝する」レンブラントもフェルメールもピカソも盗まれた。巨額な犯罪市場と化した盗難絵画ネットワークの実像とは?わずか数人のロンドン警視庁特捜班が挑む華麗な美術の世界に秘められた闇社会の謎。知能犯と囮捜査官との息詰まる駆け引き。これはミステリーより面白い、渾身のトゥルー・ストーリーだ。

ムンクを追え! 『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁美術特捜班の100日はこんな本です

ツイートする