第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

  • 1311人登録
  • 3.50評価
    • (73)
    • (147)
    • (228)
    • (29)
    • (10)
  • 192レビュー
制作 : 沢田 博  阿部 尚美 
  • 光文社 (2006年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334961886

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初の2秒の判断が正しい例と、正しくない例と、経験を積むと最初の2秒で正しい判断が出来る例と、経験を積んでも正しい判断が出来ない例と、まあどっちも出てきて、
    タイトルの「第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい」は、
    第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい(ことも結構ある)
    くらいがよいのではという印象でした。
    まあ、頼りすぎるのも良くないよね、っていう反論封じなのかも知れません。

  • 人はちょっとの情報で本質に近いことを把握する能力がある。それが第一印象であり、理由は分からないが、感じるものがあるということ。そして、それが正解であることも多い。
    ただ、消費者調査となると、第一印象だけでは評価できないのに第一印象だけで評価しようとしたり、斬新で違和感を感じていることを拒否反応と捉えたりと、エラーが起こり得る。もっとも、違和感が最初だけの場合もあれば、それがずっと続く場合もある。
    第一印象の重要性と、その理解の仕方の難しさが述べられており、ニューコークの事例などは興味深い。私自身、このタイトルに魅かれて、第一印象で買ってしまったのだが、この第一印象は正しかった。

  • 本書では、ある出来事や人や物に対する最初の一瞬での「感じ(かっこいい、違和感がある、嫌い、好き、おいしい、まずい、など)」を「第1感」と定義づけ、これについて掘り下げる。
     第1感は、論理思考とは切り離された適応性無意識という感覚から導かれる。これによって「遅いけど正確」という論理思考では間に合わない瞬時の判断が可能になる。ソフトウエアを開発することを生業にしている私は、「このソフト、何か変だ」と直感する場面によく遭遇する。おそらくまともなエンジニアはこの手の感覚(嗅覚といってもよいかもしれない)で、設計の問題点を発見した経験をしているはずである。本書によるとこの感覚もやはり第1巻であり、多くのプロフェッショナルには備わっているものらしい。
     そもそも論理的判断になじまない判断は日常茶飯事(たとえば、テレビ番組が面白いとか面白くないとか)なので、こういう第1感が我々に存在することはさほど驚くことでない。この第1感が最初の2秒以内に発動され、その後の論理思考にまで影響を及ぼすことが驚きなのである。これにより、判断が狂わされ誤りを犯したり、逆に論理思考では到底ありえないようなスピードで正解を導き出せる。
     我々が本書から学ばなければならないことは、前者、つまり「第1感により論理思考による判断が狂うことがある」ということである。これにより、知らない間に差別や思い込みによる誤りを引き起こすかもしれない。無意識による判断なのでどうしようもないこともあるだろうが、それでもこのようなことがあるということを自己の戒めとして、しっかりと意識することが重要だろう。

  • 第1感、潜在意識のすごさを改めて知った。
    ギリシャ彫刻の偽物を一目見た時の違和感、ダブルフォルトをラケットがボールを打つ直前にわかるテニスコーチ、現場の危険を察知して際どいところで「逃げろ」と叫んだ消防士・・・
    これらはすべてその分野の専門家であり、膨大な知識と経験が潜在意識にデータベースとしてあって、論理的な理由を認知する前に直感的に「正解」が出てくるのだろう。
    コーラの試飲の例、専門家が絶賛するミュージシャンの市場評価が極めて低かった例なども興味深かった。
    人の判断の裏にある無数のデータ、環境であったり、人種や育った状況や、それを試した状況、試した量や頻度などによって、印象は変わってくる。
    また、オーディションで応募者の姿を見せずに演奏を聴いて、審査員が迷わず採用と決めた応募者が女性とわかった瞬間に、判断が揺らいだというエピソードには考えさせられた。
    第1感の驚異的な正しさを知るとともに、無意識の偏見や差別、思い込みにいつも自分の判断は狂わされている可能性も高いことを思い知った。
    何かを判断したいとき、多くの情報を集めようとしてしまうが、情報過多が判断を誤らせることも多い。

  • 豊富な事例が紹介。
    副題と反する結果もあり。
    事例を事例で説明するため読みにくい。

    第1感とは、適応性無意識。
    経験によって鍛えられる、反面、
    情報過多により、にぶることも。

    面白かった事例。
    ・夫婦の会話を輪切りにする。軽蔑で上下関係を作ろうとすると離婚の確率が高い。
    ・行動を促すプライミング実験。単語の並べ替えテストだが、実は歳をとったとき、不安な単語を並べるだけで、あしどりをおもくさせる。
    ・潜在連想テスト。意識的に差別していなくても無意識では差別している。男性と家庭という単語が結び付きにくい。ただ、テスト直前に意識をかえるものを見せると違う結果が得られることもある。

    経験により、第1感を鍛えられることもある。
    第1感を構成する経験を変えれば、結果を変えることもできる。

    いま、感じていることは操作されているものではないか?正しく判断できているか?

    きちんと考えたい。

  • 本書の言う結論は、直感的に(まさに第一感的に)妥当だと思うのだが、それを説明する根拠、理由付けが説得力を欠く。というよりも、普遍性を保てる内容なのか、が疑問。古書店行き決定。

  • 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい。

    先入観を切り離して対面して、直感で判断をすることの正当性の話。

    僕としては、自分が初対面の人に与える”第一印象”について考える為に役に立った本。
    また、自分が人・モノを紹介するということは、相手が実際に紹介した人・モノに対面した時の”第一印象”の大切な前提(先入観)を作るということだという事を再認識した。

    あらゆる判断が2秒でできれば。
    最初の2秒のみで最良の判断を促せられたら。

  •  何かを見た瞬間、「直感的」に判断した経験は誰もがあるだろう。結果的にそれが正しいとなんとも不思議な感じがする。判断の基準になったものはあったはずなのにそれがなんなのか言葉では説明できない。本書ではそんな一瞬のひらめきの謎にアプローチしている。
     著者の主張の要点は、人が瞬時に判断するときは状況を輪切りにしているということだ。状況のすべてを考えるのではなく判断に必要な最低限の情報に集中し、余計な雑音は切り捨てる。それがうまくできているとき、直感は熟慮に勝る。しかし余計な情報を排除できないと直感は誤った答えを導きかねない。例えば、無意識の人種に対する偏見、商品のブランドイメージなど。
     直感は諸刃の剣であるが、自分がどういった状況下にいるのか、どんな無意識の圧力が働いているかを考えることで上手に付き合っていくことができるのではないだろうか。

  • 人間の認知や判断のメカニズムを勉強するシリーズ。数冊読んでかなり理解できてきた気がする。「ティッピングポイント」の作者による最新本。この本でいう「第一感」は、fast & slow でいうシステム1であり、無意識の第一印象である。意思決定のほとんどはここで行われるが、正しくないことも多い。「感覚移転の問題を活用する」「コークの良さは味だけではない」「夫婦の会話を解析すると15年後に離婚するかいなかを高い確率で当てられる実験」「ひとは理由を説明できないとその理由をでっちあげる」「白色だったマーガリンを黄色にしたら売れた=感覚移転」「ひとの表情を研究しデータベースを構築、トイ・ストーリーなどの表情作成にも用いられ大ヒット」

  • 本当にそう思う。この本を読めば、それを実感できるし、その後の日々でも実感している。

全192件中 1 - 10件を表示

マルコム・グラッドウェルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ・スロ...
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
トニー・ブザン
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいに関連する談話室の質問

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいに関連するまとめ

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいを本棚に「読みたい」で登録しているひと

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいを本棚に「積読」で登録しているひと

第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しいの作品紹介

人間には理屈を超えた"何か"がある。心理学で注目を集める「適応性無意識」とは?全米連続50週ベストセラー、世界34ヵ国で翻訳。

ツイートする