ダメな女

  • 78人登録
  • 3.03評価
    • (1)
    • (3)
    • (33)
    • (0)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 村上龍
  • 光文社 (2001年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334973070

ダメな女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 村上さんの海外で見る日本人の滑稽さやダメな「男」の話が主で、「ダメな女」にはあまり触れていないような…。でっもまぁなんとなく読みました。

    ほんとにね、ブランド物を買いあさろうが痛い事しようが、自殺したり虐待するよりはましよね。

    そこだけは希望を持った。

  • 龍は厳しいようで、結局優しい。

  • ダメな女 というタイトルが気になって、読んでみた。ダメな女の定義はダメな男よりも曖昧で難しいのは分かる気がした。ここに書いてあること関係なしに、私はダメな女に近い気がした。俗に言ういい女も何かしらダメな女要素はあるんやないかなとも思う。どちらにしても自分で選択できて、それなりに生活できる人間になりたい。ダメな女 はその時のシチュエーションによって決まるんだと思った。

  • タイトルを見て思わず手にとってしまった私は自覚症状があるのでしょう…。女性誌に連載されていたエッセイ集。
    ダメな女とは?当然だけれど「ダメな女の典型的なモデルは存在しない」ので、それを定義するのはなかなか難しい様子。

  • 普段の小説からでは感じない村上氏の側面を見た気がする.よく「村上龍を総理にしたい」という話を聞くが、それはちょっと・・・とも思った本だった.

  • 希望と絶望は終わりと始まりの接点に発生する・・・
    短いエッセーで構成されているが、自分自身がどんな女でいたいのか、どんな女なのか考えた。
    ダメな女になりたくないと心から願うダメ女は、ワタシですね。

  • タイトルにはっとして。装丁が素敵だなぁと思ったら鈴木成一デザイン室。イラストは岡田美香さん。(2007.9.9)

  • 文の書き方が好き。

  • 月刊女性誌に連載したエッセイの総集編。続けて読み通すよりは、一話ずつ時間をおいて読んだ方が楽しそう。ダメな女というよりはダメな人間の話に読めた。無知、深く考えない、自分がばかだと思っていない人ほどダメなんだという作者の見解。数話に渡り同じように説くので、彼は馬鹿な人がよほど嫌いなのだと思えて笑えた。

  • ちょっと読んでみたのだがイマイチどこが「ダメ」なんだろうと考えてしまった本。途中で読むのをやめた。

全15件中 1 - 10件を表示

村上龍の作品

ダメな女を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダメな女を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダメな女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダメな女を本棚に「積読」で登録しているひと

ダメな女の作品紹介

あいつはダメな女だなあ、と言うとき、わたしたちはどういう女を想像するだろうか。二十年ほど前までは、炊事洗濯ができない主婦をそう呼ぶことが多かった。今はどうだろうか。どういう女をダメな女と呼ぶのだろう。わたしはダメな女かも知れない。そう悩むあなたへ村上龍からの贈り物。

ダメな女はこんな本です

ダメな女の文庫

ツイートする