夢はトリノをかけめぐる

  • 194人登録
  • 2.88評価
    • (2)
    • (12)
    • (50)
    • (18)
    • (4)
  • 30レビュー
著者 : 東野圭吾
  • 光文社 (2006年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334974992

夢はトリノをかけめぐるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パラパラと。著者のエッセー(取材?)は初めてでした。作家さんのエッセーを読むと、自分の興味関心への追求度は、まだまだ深くする余地があるなぁと思い知らされます。

  • 外国でのオリンピック観戦は大変そう

  • トリノオリンピックの実録エッセイ。
    次々と取材しながらの出来事は笑える。

  • オリンピックはやっぱりTV観戦に限るよね

    現地行くとしんどそうやしな〜
    28/9/17

  • 猫が人間になったという可愛いシチュエーション、でもトリノオリンピックや競技には興味が持てず途中で断念。

  • なんてマニアックなのでしょう、東野圭吾さん。
    私のような、子供のころからスケートで遊んでいた道産子は別として、冬季オリンピックにここまで入れ込んでいる方はあまりいないなと思っていたのですが、この本を読んで少し人となりに触れたように思いました(勝手ですが)。
    もう少しスピードスケートに触れていただければ大満足ですが、安藤ミキティが好きなところは共感が持てました。
    ぜひ、ピョンチャン(でしたっけ?)ねたの本も出してほしいものです。
    たまにはこんなライトな作品に目を通すのも良いと思ったのでもう少し探してみよう。
    いまは、『鳥人計画』、手に取ってますけど。

  • ん~オリンピック本…競技紹介本…現地紹介…
    どういう見かたで読んだら楽しいのかしら?
    自分にとってはどう見ても今一歩な感触でした。

  • ちょうどソチが始まる直前に読み始めた。知らない競技がたくさんあり、テレビで観戦しているときに横に置いて読みながら見ていた。ウィンタースポーツを知る一冊として読みやすかったし、ソチオリンピックもこれまでの日本人選手の背景を知って、いつも以上に楽しめた☆

  • ソチ直前に読む。ソチは取材しないのだろうか?

  • 雑誌連載の時は序盤を知らず、主人公が猫だと気付いて無かった(爆笑)我が猫からの導入で大好きな大好きな冬スポーツを気を反らさずあまねく広めたいって意気込みを感じます。序盤の五輪出場が近そうな競技を巡る話は山際淳司のカヌー選手のノンフィクションを連想したり、アルペン界の貴公子木村公宣とのやり取りやメダルは複数人で取りに行けという話には溜飲が下がる思いを…トリノはアルペン三兄弟いればこその結果でしたし!
    今読み返すと試合の中に挟まれてる欧州強豪の選手の名前にかなりの懐かしさを覚え、7年の間でスポーツ界の様相が激変してる事に驚かされたり、荒川さんの金メダルと皆川くんあわやメダル圏のおかげで記憶が上方修正されてる事にも気付きます。上村愛子ちゃんはまだまだ評価と闘ってる時期だったのね…その後エアの人からターンの人になって総合優勝、まだキャリアの中の助走期間とはびっくり。

全30件中 1 - 10件を表示

東野圭吾の作品

夢はトリノをかけめぐるに関連する談話室の質問

夢はトリノをかけめぐるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢はトリノをかけめぐるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢はトリノをかけめぐるを本棚に「積読」で登録しているひと

夢はトリノをかけめぐるの作品紹介

日本人にとって、冬季五輪とは何か?新直木賞作家が、現地取材を通して描く、楽しい冬季五輪の見方。

夢はトリノをかけめぐるはこんな本です

ツイートする