自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術

  • 86人登録
  • 3.18評価
    • (6)
    • (4)
    • (14)
    • (10)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 深澤真紀
  • 光文社 (2009年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334975678

自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ずいぶん前に読んだ本で内容を思い出せないが、大したことが書いてなかったのだけを記憶している。

  • チェック項目6箇所。「自分を長持ちさせるために自分をメンテナンスする」という考え方が、この本で紹介する「メンテナンス術」です。メンテナンスはあくまで、機能を生かすため、長持ちさせるためのものですから、メンテナンス自体が自分の人生の目標になるわけではありません、自分が生きていくために必要なメンテナンスをしていこうというのが、メンテナンス術の考え方です。「自分のことや人間関係はまずはメンテナンスすればいいのだ」と考えれば、自分をすり減らさずに、長持ちさせることができるのです。メンテナンス術で大切なことは、以下のふたつです、(1)ふだんは、自分をすり減らさず、長持ちさせるようにする。(2)いざというときや、大事な人(自分も含め)や大事なことのためにがんばる。「自分取材」で知りたいことは、次の4つです、(1)嫌いなこと、(2)やりたくないこと、(3)できないこと、(4)求められていないこと。やりたいことをうまく実現させるためには、「様子を見る」「無理をしない」ことも必要で、大事だということです、そして、最後にはそれを「あきらめる」ことも、時には必要な選択であると知っておくほうがよいのです。

  • 雨が降ったら、出かけるのをやめるか、滑らない靴をはく。

  • 特にがんばりすぎてもいない私だが、人間関係に疲れやすい。
    自分が一番大事にすべき事を、しっかり見据えや上で、
    仕事や人間関係に、自分をすり減らす事なく、取り組もうと思いました。
    読みやすく、今の自分が受け入れて、実行できそうな事が多かったです。

  •  読んでいると心が痛む。
     世間で言う「良い自分」とか「もっと良い」とかそういうのって、結局「他人にとって都合の良い」人物なんだろうな、と感じた。自分の中でそうすべきでは無く、社会に取って利のある人物。

     資本主義は、右肩上がりに経済成長をしなければならない社会。だからこそ、もっとお金を稼いで、その分使ってくれないと安定しない。(増収増益を目的としない会社なんてない)

     その中で生きているのだから、仙人のように浮き世離れすることはできないけれど、そこそこほどほど、でもよい、と肯定されるだけでほっとするなぁ。

  • メンテナンス術で、1普段は自分をすり減らさず、長持ちさせるようにする。2いざというときや、大事な人(自分も含め)や大事なことのためにがんばる

  • 書いてあることに異論はないが、「仕事で認められている」という前提がないとこの手の本の内容は使えない気がする。
    読み手の年齢にもよると思うが、まずは仕事を頑張ることが何よりも自分をすり減らさないためのメンテナンスになると思う。

  • もともとゆるーい人間関係を望むタイプなので、書いてることには共感できるところがちらほら。[そこそこほどほどに機嫌よく生きる]
    いいと思います。

  • すごくゆるい提案が面白い。力まなくていい、ダメでもいい、無理しない、といったやさしい発想。暖簾に腕押しの、暖簾になるかの具体的な対処法が珍しい。真正面から立ち向かうのではなく、ストレスに感じる感じ方から変えていき、極力エネルギーを温存させる方法の数々。前向きになりたい人には不向きかもだけど、疲れた時に読むには良書。

全22件中 1 - 10件を表示

深澤真紀の作品

自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術を本棚に「積読」で登録しているひと

自分をすり減らさないための人間関係メンテナンス術はこんな本です

ツイートする