人生の大問題を図解する!

  • 126人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (9)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 永田豊志
  • 光文社 (2011年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334976699

人生の大問題を図解する!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本の著者の永田氏が定義する人生の大問題(お金、英語、仕事、家族、思考力)について、大事なポイントを図解してある本です。

    一つの項目について1章ずつ割いていますが、章末にその内容を1枚の図でまとめた図解が付いています。この図解は、プレゼン資料をまとめるときに参考になりました。またこの本は、必要な図解をiPhoneで取り込めるようにも工夫してありました。

    以下は気になったポイントです。

    ・私たちの労働資産の価値を計算する、年収500万円として利回り:3%とすると1.6億円(=500/3%)となる、この資産は「生活費」という運転コストが必要(p46)

    ・投資家として生き抜くのであれば、ジム・ロジャースがしたように自分の足で歩いて情報を探し、自分自身の判断基準に従って投資を行うべき(p55)

    ・通貨は先が読めないので、分散されたポートフォリオが安全と言える(p59)

    ・英語をツールとするために英語ではなくグロービッシュとする、それは英語が母国語ではない人々が仕事や生活のために使いこなしている言語(p79)

    ・地球上で、英語を公用語とする人は14億人(80か国)と英語学習者は20億人いるので、世界人口69億人の半分程度は英語を話す、インターネットの7-8割は英語(p85)

    ・英語教材としてお奨めは、「Buiness English Podcast」と「TED」(p107)

    ・これからの媒体は、広告費を払う客に対して費用対効果を明確にする必要がある(p135)

    ・世界の賃金水準は、ソウルや香港、台湾が東京の50%、上海が20%、バンコクが16%、インドは10%以下(p136)

    ・仕事で価値が高いのは、1)少数しか持っていない、2)投資金額に対してメリット大きい、3)顧客から特別の信頼を得ている(p141)

    ・新たな価値を生み出す7つのイノベーション、1)ノウハウ、2)自分の商品、3)他人に依存しない、4)シンプル、5)ニッチでブルーオーシャン、6)知財権利獲得、7)小さな失敗を許容する投資(p147)

    ・個別のノウハウよりも、組織運営のノウハウ、マネジメントのほうがビジネスでは重要(p148)

    ・企業に限らす、目標をはずさない人は必ず「プランB」つまり、当初のプランがうまくいかない場合のリカバリプランを持っている(p158)

    ・プランBは保険ではない、有事の選択肢である、あらかじめ準備をしておく(p159)

    ・国民年金が創設された1960年には平均寿命が67.7歳、現在は83歳、年金が制度化されてから16年も伸びている(p175)

    ・ダイシン百貨店が特に高齢者にうけるのは、お客さんのリクエストに広く応える品揃え、つまりロングテール理論をリアル店舗で行っている稀有な例のため(p182)

    ・マイビジネスの立ち上げに必要なのは、会社設立、当座の「運転資金」、ビジネス運営のための「経験と知識」、行き当たりばったりにならない「事業計画」、そして「人脈」(p192)

    ・一生現役主義を貫く方法として、毎日の2キロ歩行、若い人と一緒がある(p196)

    ・自分なりにリセットする方法として、1)好きなことをする、2)ストレスがあるがやりがいがある(例:後輩にノウハウを教える、自分のライフワークを充実等)がある(p200)

    ・脂肪細胞が血中の脂肪分を中に取り込む際、BMALIというたんぱく質の量は昼2時が最低で、夜中2時がピーク、なので昼は結構たべても脂肪になりにくい、昼の10時から19時までは許容範囲、22時以降から急激に上昇する、午前2時には5-10倍太りやすい(p203)

    ・会議をしていてダメなのは、1)質問しない人、2)同意見ですとのみいう人(p206)

    ・数学力を磨くには、1つの数字を多面的に見れるか、ポイントは、絶対値・相対値・ほかのアイテムとの比較・時系列的変化・視点の切り替え、である(p234)

    ・財務諸表のチェックポイントは、1)流動資産>流動負債、2)営業利益、純利益>0、3)営業CF>投資+財務CFか、である(p239)

    ・フェルミ推定で大事なのは、答えの正確さよりも、限られた情報から自分なりに仮説を立てて、それにもとづいて結果を導き出すという論理的な思考力(p240)

    2012年2月26日作成

  • よくある話を図解化。

  • データの分析やエッセンスの図が豊富で、人生をどう捉えるかが分かる本。
    自分の足で立って、どこでも食べていける力をつける!これは私もすごく感じていることです。
    年金不安も、国や企業に頼っているから出てくる言葉でしょう。
    生涯元気で、自分の生活に必要なものを調達できる力(この本では「誰でも持っている一億もの労働資産」と記述)が、そこは、アイデアや今から起こせる行動しだいで無限大になりますよね。生き方について向き合う本です。

  • 一部のデータに恣意的なもの――自分の主張を支えるのに
    都合のいいデータをもってきた,みたいな――を感じるけど,
    物凄く分かりやすい。
    プレゼンの本を書いているだけのことはある。

    今,そのプレゼンの本も読んでいる途中だけど,
    それも物凄く分かりやすい。

    本書のメッセージを端的に言ってしまえば,
    「他人のプラットフォームに依存することなく,
    個のスキルを高めましょう」という,
    ありふれたメッセージになってしまうが,その見せ方が上手い。

  • この著者の本はもうちょっと読もう。

  • 英語 グロービッシュ
    子供のいない街、アメリカサンシティ、
    電気水道ガスダイシン ダイシンというスーパー

    作業を売るのではなく、しくみとノウハウを売る
    お客に合わせるのではなく、自分の商品を売る
    他人のプラットホームに依存しない
    複雑なものは売らず、シンプルにする
    ニッチでもいいからブルーオーシャンを狙う
    知財の権利を100%獲得する
    小さな失敗を繰り返すための投資を別腹で持つ

  • 挿絵がわかりやすくてよい。

  • 人生の大問題・・・ふむむと気がかりだったことが分かりやすくまとめてあり、頭の整理ができた。
    しかも人生のテーマにおいての整理なので非常にありがたい一冊。

全8件中 1 - 8件を表示

永田豊志の作品

人生の大問題を図解する!を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする