リーガル・ネゴシエーション (民事プラクティスシリーズ)

  • 19人登録
  • 3.57評価
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 加藤 新太郎 
  • 弘文堂 (2004年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335301223

リーガル・ネゴシエーション (民事プラクティスシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルどおり,法律に関わる交渉を論じたもの。
    もっとも,本書中にもあるとおり,法的交渉でそうでない交渉とは全くの別物ではない。

    交渉学は,なんとかまとまった体系で学んでみたいが…。
    発刊が2004年とやや古いので,その後の議論の動向も気になるところ。

    しかし,この民事プラクティスシリーズは2冊までしか発行しないのか?笑

  • 加藤新太郎判事と柏木先生、豊田先生、堀先生、佐藤先生が、法的交渉のありようについて、様々な立場で論じるもの。ハーバード流の原則立脚型交渉学の意義と限界などにも触れており、参考になります。

  • 常に手元に置いて交渉を必要とする案件の際に見返す必要あり。

  • 最初のクレーム対策法などは参考になったが,後半にいくにしたがっておもしろくなくなる。中盤は完全に趣味の領域でたんなる読み物。スキルアップとかもくろんで読んだらがっかりするだろう。

全5件中 1 - 5件を表示

柏木昇の作品

リーガル・ネゴシエーション (民事プラクティスシリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リーガル・ネゴシエーション (民事プラクティスシリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

リーガル・ネゴシエーション (民事プラクティスシリーズ)の作品紹介

法的交渉能力は、法律実務家の日常業務にとって必要不可欠な基本的スキルである。裁判官・弁護士・企業法務出身研究者が、理論と実務の双方から「学としての法的交渉論」の構築に挑み、法実践の場におけるネゴシエーション能力の本質にせまる。

リーガル・ネゴシエーション (民事プラクティスシリーズ)はこんな本です

ツイートする