労働法 第八版 (法律学講座双書)

  • 51人登録
  • 3.79評価
    • (5)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 菅野和夫
  • 弘文堂 (2008年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (800ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335302411

労働法 第八版 (法律学講座双書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 卒業研究の時に最も参考にした本である。

  • なんだかんだ言っても、この本なくして労働法は語れない。

    重いけれど、その分情報量も多い。

    でも、菅野説に立てば、判例とも近いし、新司法試験でも使いやすい。

  • 昭和60年の初版以来、労働法全般に渡る体系書としては、最も権威のある本として有名です。

    現在は第8版、800ページ近くあります。一応入門書?に位置づけられているので、基本的な事柄が中心で判例の説明などは物足りなさを感じるところもないではありませんが、入門書でこれだけの厚さは相当なものです。

    早朝の時間だけを利用して、時には読みながら居眠りなどしてしまいましたが、購入以来半年以上かかってやっと読み終わりました。

    でも、この本は最初のページから最後まで読み進めるべき本ではないということがよくわかりました。

    参考になるところを拾い読みするのが正しい読み方だと、つくづく思いました。

    読み進んでいるうちに、読み終わったところがどんどん記憶から消え去っていきます・・・

    達成感だけは味わえますがねぇ。

  • 【2009年10月仕事にて】

全5件中 1 - 5件を表示

菅野和夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
村上 春樹
江頭憲治郎
芦部 信喜
会社法立案担当者...
有効な右矢印 無効な右矢印

労働法 第八版 (法律学講座双書)を本棚に登録しているひと

労働法 第八版 (法律学講座双書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

労働法 第八版 (法律学講座双書)はこんな本です

ツイートする