特許法 (法律学講座双書)

  • 43人登録
  • 3.90評価
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 中山信弘
  • 弘文堂 (2010年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (492ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335304484

特許法 (法律学講座双書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 平成24年9月29日受贈(初版1刷)

  • 前回の「工業所有権法 上 特許法」から大幅に増量/改訂され、非常にわかりやすくなっている。特許法に関する論点をほぼ遍く網羅されているだけでなく、横書きになり、文章も平易で読みやすい。前回の本では説明不足でちょっとわかりにくいかなぁと思う箇所が散見されたけれども、本書に関して言えばガッチリと説明がサポートされており、説明不足と感じる箇所は特に見当たらない。判例も知らないものも含めて多数脚注等で引かれており、大変勉強になりました。知らない論点って結構あるなぁ。

    産活法のライセンスが「なぜか利用されない」と記載される等、学術寄りの視点だなと感じる箇所はありますね。

全2件中 1 - 2件を表示

中山信弘の作品

特許法 (法律学講座双書)の作品紹介

「権利者と社会のバランスを重視する」という視点から特許法の現在と未来を論じる。書名も新たに『特許法』とした基本書。

特許法 (法律学講座双書)はこんな本です

ツイートする