メディアとしての電話

  • 28人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 弘文堂 (1992年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335550522

メディアとしての電話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メディア研究における電話を再考した一冊。考えてみれば電話は不思議なメディアである。TVのように注目されるわけでもなく、自然と私たちの日常に入り込んでいる。日本における電話のメディア研究の古典とまではいかないものの、基礎となる文献であることは間違いない。

全1件中 1 - 1件を表示

吉見俊哉の作品

メディアとしての電話の作品紹介

若者の日常意識や、時代をつつむ感覚を捉えるための必須のメディアとしての電話を意欲的に論じた現代日本社会論。「電話」へ知的関心に応える初の試み。

メディアとしての電話はこんな本です

ツイートする