夢と構造―フロイトからラカンへの隠された道 (精神医学叢書)

  • 29人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 新宮一成
  • 弘文堂 (1988年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335650642
全1件中 1 - 1件を表示

新宮一成の作品

夢と構造―フロイトからラカンへの隠された道 (精神医学叢書)の作品紹介

夢は透明なフォルムであり、テクストである。今最も期待されるラカン派の精神分析学者が、フロイト、ラカン、バルト、レヴィ=ストロース、クラインらの方法をとり入れながら、夢が、主体の欲望に支えられた言語活動そのものであること、とりわけ「文字」を中心としたシニフィアンの動きであることを理論的に明らかにする。さらに夢と妄想の関係についても新視点を提供する。

夢と構造―フロイトからラカンへの隠された道 (精神医学叢書)はこんな本です

ツイートする