こころの病気を知る事典 新版

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 大塚俊男
制作 : 大塚 俊男  上林 靖子  丸山 晋  福井 進 
  • 弘文堂 (2007年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (452ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784335651311

こころの病気を知る事典 新版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ◆家庭で、オフィスで、学校で、『こころの時代』の基礎知識◆

    うつ病、統合失調症、パニック障害、ひきこもり、認知症――こんな言葉を頻繁に耳にするようになりました。こころの病気の専門用語は、いまや現代人の基礎知識となっています。

    こころの時代と言われて久しいですが、家族や同僚だけでなく、自分自身のこころだって病気になりうる時代です。そう、こころの病気を知ることは、自分や周りの人を守るために必要不可欠となっているのです。

    本書は、精神医療の第一線で活躍する総勢46名の執筆者が、最新の成果と多くの診察をもとに、それぞれのこころの病気を「どんな病気か」「どう対応するか」「どこに相談するか」など、具体的にやさしく解説したハンドブックです。

    家庭で、オフィスで、学校で、こころの病気を知るための、第一歩になる1冊です。

全1件中 1 - 1件を表示

大塚俊男の作品

こころの病気を知る事典 新版を本棚に「読みたい」で登録しているひと

こころの病気を知る事典 新版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

こころの病気を知る事典 新版を本棚に「積読」で登録しているひと

こころの病気を知る事典 新版の作品紹介

家庭で、オフィスで、学校で『こころの時代』の基礎知識。うつ病、統合失調症、パニック障害、ひきこもり、認知症…こころの病気を知ることは、今を生きるための必修科目。『こころの時代』に、1歩踏み出すためのハンドブック。

こころの病気を知る事典 新版はこんな本です

ツイートする